役員の状況

可児 滋(昭和18年9月20日生)

可児 滋

社外取締役

現職

  • 当行取締役

2018年4月1日現在

メッセージ

新生銀行の取締役会では、新生銀行の持続的成長、収益力の強化と中長期的な企業価値の向上を目指して、全員がお互いに遠慮することなく活発な議論を行っています。それも、社外取締役からの質問に対して執行陣が説明を行うだけではなく、社外取締役が自らの意見を述べてそれをもとに議論するといったことも活発に行われています。このように、新生銀行の取締役会はいわゆるシャンシャンというかたちとは全く異なる中身のある議論が行われていると思います。取締役会で自由活発な議論が行われる雰囲気がつくられていることは、経営の意思決定、経営の監督、さらには経営に対するアドバイスを行う役割を担っている社外取締役にとって、大変重要なことであると思います。
今後は、議題の中でも特に重要な案件に焦点をあててじっくりと議論することができるように、種々の工夫を凝らして極力効率的な運営を指向する方針です。
私ども一同は、強い緊張感を持って経営基盤の強化による安定的な業績の向上を目指して注力する所存でございます。今後とも、新生銀行に対する皆さま方のご支援、ご鞭撻をよろしくお願い申し上げます。

略歴

昭和41年4月 日本銀行入行
平成4年5月 東京金融先物取引所(現 株式会社東京金融取引所)常任監事
平成8年5月 日本銀行文書局長
平成11年5月 東京証券取引所常務理事
平成14年4月 日本電気株式会社顧問
平成16年6月 当行取締役(現職)
平成18年4月 横浜商科大学教授
平成26年4月 横浜商科大学特任教授

関連コンテンツ