役員の状況

槇原 純(昭和33年1月15日生)

槇原 純

社外取締役

現職

  • マネックスグループ株式会社取締役
  • 当行取締役
  • フィリップモリスインターナショナル取締役

2017年7月20日現在

メッセージ

当行取締役会は、私が取締役をしている他社の取締役会と比べても大変活発です。大量の資料が事前に配布され、取締役会当日は半日を使ってさまざまな質問をしています。取締役会では、業務執行役員からの説明や提案を直ぐに承認せず、追加情報や代替案の検討を求めることも多いです。ここは、社外取締役の多様な経歴や経験が大変役に立ちます。当行筆頭株主も社外取締役の一人であるので、株主にとって何が最も理にかなうのか、常に意識しながら議論しています。業務執行役員には必ずしも楽ではないでしょうが、これによって最良の結論が出せるものと考えます。
ただ、銀行は規制業種であり、金融サービスは常にリスクにさらされているので、取締役会は自然とダウンサイドや事故防止に着目してきましたが、今後、株価を大きく上げるためには収益力の強化に注力せねばならないと考えます。

略歴

昭和56年9月 ゴールドマン・サックス証券会社入社
平成4年11月 同社パートナー
平成8年11月 同社東京支店共同支店長
平成12年7月 株式会社ネオテニー取締役会長
平成18年6月 マネックスグループ株式会社取締役(現職)
平成23年6月 当行取締役(現職)
平成26年9月 フィリップモリスインターナショナル取締役(現職)

関連コンテンツ