外国為替取引に関する取組方針

1. 前文

株式会社新生銀行(以下、「当行」)は、グローバル外為行動規範を遵守し、外国為替取引業務に取り組むに際して、お客さまとの外国為替取引における当行の役割、標準的な取扱い方法等について「外国為替取引に関する取組方針」を策定し、ここに公表いたします。
なお、本方針は、外国為替取引に適用される法律及び規制、及びお客さまとの個別の合意に優先するものではありません。

2. お客さまとの外国為替取引における当行の役割

当行は、お客さまとの外国為替取引に際して、自己勘定において、プリンシパルとして行動いたします。すなわち当行は、取引当事者として、お客さまのオーダーや関連する取引におけるマーケットリスク、信用リスク等のリスクを引き受けて行動いたします。別途の個別の合意がない限り、当行は、エージェント、受託者、金融アドバイザーその他の役割としては行動いたしません。

3. お客さまからのお取引依頼

お客さまからの取引依頼は以下の2種類があります。

  1. 取引価格の提示依頼: お客さまからの当行へ価格提示を依頼する方法
  2. オーダー: 当行の裁量による取引執行を依頼する方法。なお、オーダーにおいて、お客さまは一定の条件(「アット・ベスト」、「ストップロス」等)を付すことができます。

4.オーダーの取扱い

当行は、お客さまのオーダーに関して、特定の方法での執行や、オーダーの全部または一部の執行を保証するものではありません。別途の個別の合意がない限り、当行は、いずれのオーダーを、いつ、どのような方法で執行するか(電子及びマニュアル等)について裁量を有します。オーダーの執行は、金融情勢や当行ポジション等に依存します。当行は当行自身の判断で、いつでもオーダーをお断りすることができ、オーダーを執行しなかった理由を開示する義務を負いません。また、当行は、お客さまのオーダー及びオーダーの執行に先だって、お客さまの利益の確保や当行のポジション管理を目的としてカバー取引(「プリヘッジ」)を行うことがあります。

5. 約定価格

別途の個別の合意がない限り、当行がお客さまと約定する最終価格(「約定価格」)は、ビッド・オファー・スプレッドを含む価格に、当行の取引執行に係るコスト、当行の負うリスクおよびお客さまに提供する役務の対価等の要素(「マークアップ」)を含んだ価格となります。約定価格は、約定時点の金融情勢、当行ポジション、お客さまの信用状況、取引状況等に依存します。よって、同一または類似の取引であっても、お客さま毎に約定価格が異なる場合があります。
また、約定前に当行がお客さまに提示する価格は、提示時点におけるご参考価格であり、その価格での約定、または約定成立そのものを何ら保証するものではありません。

6. お客さまの情報の取扱い

当行は、お客さまから開示された機密情報を、行内ポリシー、規程、手続等のルールを定め、適切に保護・管理しております。但し、法令に基づく場合や監督官庁等の要請がある場合等には、機密情報を外部に開示することがあります。

7. マーケットカラー

当行は、お客さまのオーダーや執行した取引に関する情報を、合算し、匿名化、一般化した上で「マーケットカラー」として、当行内で共有、及び外部に開示することがあります。

8. 当行からの情報提供

当行から提供する、市場動向や見通しに関するレポート等は、情報の提供を唯一の目的としたものであり、特定の金融取引の投資勧誘・奨励を目的としたものではありません。
当行は公に入手可能な情報・データに基づいて情報提供を行いますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。また、金融商品取引を検討される場合には、当該商品を充分にご理解されたうえで、ご自身の判断と責任においてお取引をなさるようお願いいたします。

以上