特集:社外取締役、社長のガバナンス対談

新生銀行のコーポレート・ガバナンスについて、野村證券株式会社の銀行セクターアナリストである、高宮健氏をモデレーターに、社外取締役であるアーネスト M. 比嘉氏と、当行代表取締役社長の工藤英之および当行相談役(前代表取締役社長)の当麻茂樹とのグループ対談を実施しました。(平成27年4月対談実施)

特集:社外取締役、社長のガバナンス対談

左から

当麻 茂樹
新生銀行 相談役
工藤 英之
新生銀行 代表取締役社長
高宮 健(モデレーター)
野村證券株式会社 銀行セクターアナリスト
アーネスト M. 比嘉
新生銀行 社外取締役

当麻:限られた時間の中で、当行の置かれている状況を踏まえたうえで、社内外の複数候補者を取締役会で検討し、結果として取締役会の全会一致で最適な候補者を選出しました。私としては、取締役会でスムーズな議論ができ、ベストな候補者に後継させることができたと考えています。

比嘉:取締役の間でもかなり議論を重ねました。最初は意見がばらついていたのですが、議論を重ねていくうちに、取締役全員の中にコンセンサスが芽生え、工藤さんに決定しました。私はこのような後継の議論には初めて参加しましたが、社内外の候補者の検討にかなりの議論を尽くしました。誰かひとりの意見に導かれたわけではなく、全員が各自の意見を言い合い形成されたコンセンサスなので、説明責任や透明性は確保できたと思います。

高宮:工藤さんは経営の重責を担う立場から、このように頼もしくもあり厳しい取締役会の存在に対して、期待したい機能は何でしょうか。

工藤:当行の取締役会は、社外取締役を中心とした議論が実際に行われているという意味では、大変進んだガバナンスが機能していると思います。また、社外取締役はいずれの方も日本の民間銀行出身ではないので、異なる切り口や視座から色々なご意見をお持ちで、なるほどと思うことがたくさんあります。例えば、比嘉取締役の場合は、個人のお客さまと直接接するビジネスを展開された経験から、レピュテーショナルリスク(企業の評判に関わるリスク全般)に対する高い感度をお持ちです。取締役会は業務執行のモニタリング機能もありますが、当行取締役会はそれだけの存在ではなく、もっと建設的な企業価値向上のためのアドバイスを含めた色々な議論があります。経営に対する新しい視点を持ち込むことは非常に意味があるので、今後もそういった役割を期待しています。

比嘉:新生銀行はすでに色々な部分で良い方向に向かっています。これからはさらに成長施策を練っていくことが大事だと思います。

当麻:これまでの色々な取り組みの中には形になってきたものもあるし、そうでないものもあります。それをもう一度見直したうえで、取捨選択をしながら前へ進んでいってもらいたいと思います。平成27年度が第二次中期経営計画の最終年度で、平成28年度からは第三次中期経営計画が始まりますので、こういうものが当行の柱になります、看板になりますというものを育てていってもらいたいです。工藤は私よりも15歳も若いですから、エネルギッシュに取り組んでもらいたいと思います。取締役会については、これからも遠慮なくご指摘いただくことを期待します。

高宮:投資家と新生銀行について議論する時、バランスシートは大分良くなった、収益も大分安定してきた。ただ、競争が激しい日本の金融業界の中で、継続的な収益ドライバーをどうやって作っていくのかが話題になります。新経営陣として新生銀行をどのような方向に持っていきたいかお聞かせください。

工藤:やろうと思っていることは、今の我々の持っている経営資源、強み・弱み、置かれた状況をきちんと理解したうえで、世の中のニーズがどこにあって成長の可能性がどこにあって、我々なりの世界を作り上げられるいくつかの重点分野を見定めよう、ということです。先ほど、当麻から色々試行錯誤で取り組んできたという話がありましたが、その中にはモノになりそうなものや難しいものもあることがわかったので、それを今少し絞り込んで資源配分をしていこうと思っています。そうすることで、マーケットから見た当行の輪郭がはっきりしてくるものと思います。取締役会のあり方については、実際には業務執行側にとって非常に厳しい議論も頂戴しますが、それはそれでいいことだと思っています。むしろそういった議論の中からこそ何か面白いものが見えてきますので、特に社外取締役の皆さんには思う存分気づいたことを言っていただきたいと思います。それは必ずしも定期的な取締役会の場だけでなくてもよいので、どんどんコミュニケーションを取らせていただき、新しい切り口を経営に取り込んでいきたいと考えています。

集合写真

関連コンテンツ