新生銀行グループIR・SRポリシー

目的

Investor Relations(以下「IR」といいます。)およびShareholder Relations(以下「SR」といいます。)を、中長期的な企業価値の持続的な向上を達成するための重要な経営ツールの一つとして活用し、投資家・アナリスト・株主などの市場参加者(以下「市場参加者」といいます。)との建設的な対話を積極的に促進していくことを目的として、新生銀行グループIR・SRポリシーを次のとおり定めることを取締役会で決議しています。

ディスクロージャーポリシー

各種法令、諸規則などに則った情報開示に加え、市場参加者との建設的な対話に必要と判断される情報を積極的に開示するように努めます。
市場参加者との建設的な対話を行う上で必要と思われる情報については、当行ホームページなどの各種ツールを活用し、国内外の市場参加者が個人と法人の分け隔てなく、広く同時にアクセスできるように最大限の努力を行います。 以下に記載する未公表の重要情報を特定の市場参加者に伝達した場合には、東京証券取引所が提供する「適時開示情報伝達システム(TDnet)」や、当行ホームページなどを通じて速やかに公表するよう、最大限の努力を行います。

社外取締役および経営陣へのフィードバック

市場参加者との対話内容は、取締役会および経営陣に定期的に報告するとともに、重要と思われる情報については臨時報告も適時・適切に行い、経営判断を行う上での重要な情報の一つとして活用できる社内体制の維持・向上に努めます。

対話者

IRおよびSRに係る全ての活動の責任者は代表取締役社長とし、代表取締役社長が指名したIR・SR業務を主管する役職員、および市場参加者の関心事項を踏まえて代表取締役社長が随時指名する役職員が、市場参加者との建設的な対話を実施します。

重要情報に対する考え方

企業価値向上に向けた取り組みや戦略などの、中長期的な視点に立った建設的な対話は積極的に推進しますが、次に掲げる重要情報については、市場参加者との個別の対話では言及しないこととします。

  • インサイダー情報
  • 未公表の決算期における、四半期決算発表時に自主開示も含め一般に公表している情報の進捗状況に関する定量情報および定性情報
  • 次年度の業績見通しに関する定量情報および定性情報

ただし、次に掲げる情報については、市場参加者との建設的な対話に活用します。

  • 公表済みの決算期について、一般的に公表されていないが単独では投資判断に影響を与えることが 容易に推察されず建設的な対話に必要と判断される情報
  • 未公表の決算期に関する情報であっても、当行ホームページなどで公表した情報
  • 業績予想の前提が変化したと仮定した場合の、業績予想の変動をもたらす機会とリスクを議論するための考え方

沈黙期間

情報開示の公平性を確保し、確定的な決算情報が決算発表前に漏えいすることを防止するため、決算発表日の3週間前から決算発表が実施されるまでの期間は沈黙期間とし、沈黙期間中は市場参加者との対話を原則実施しないこととします。 ただし、沈黙期間中に新生銀行グループが公表した情報に関するお問い合わせには対応します。

以上