リスク管理

概要

当行は、リスク管理を経営上の最重要課題のひとつとして位置づけ、各種委員会の整備・機能強化、銀行内の他の組織から独立したリスク管理に関わるセクションによる牽制機能の確保等、リスク管理態勢強化のための諸施策を講じてまいりました。2016年度より、これまでのリスク管理部門は、当行の部門制の廃止とともに、ⅰ)与信案件にかかる審査および案件承認、モニタリングを行う審査担当部署と、ⅱ)各種リスク管理に関する制度設計、業務運営のモニタリングのほか、信用リスクや市場リスク等の計測・分析などを行うリスク統轄担当部署とに分け、牽制体制の強化を図りました。
審査担当は各種商品やセクターのリスク管理方針、個別企業との取組方針を十分議論し、適切かつ迅速に判断を行い、リスク統轄担当はポートフォリオのリスク管理手法やフレームワークのブラッシュアップ、リスクカルチャーの一層の深化に向け、さらなるリスク管理態勢の強化に継続的に取り組んでまいります。

詳細

関連コンテンツ