新生銀行ソーシャルメディアポリシー

株式会社新生銀行(以下、「当行」といいます)は、当行のソーシャルメディア公式アカウントの運営ならびに役職員のソーシャルメディアへの参加に関して、以下の「ソーシャルメディアポリシー」を定め、これを遵守いたします。

ソーシャルメディアとは、インターネットやウェブ技術を使い、不特定多数のユーザーがコミュニケーションを行うことを可能とするメディアをいいます。

1. 目的

当行は、当行の役職員がステークホルダーとの間で広範かつ良好なコミュニケーションを通じてステークホルダーとの関係を強化するために、ソーシャルメディアを適切に活用してまいりたいと考えています。本ポリシーは、そのために遵守すべき指針について定めるものです。

2. ソーシャルメディア参加における自覚と責任

当行の役職員は、インターネットへ発信した情報は、不特定多数の利用者がアクセスできること、一度発信した情報は完全に削除することができないこと、および、一人一人の情報発信が少なからぬ影響を持つことがあることを十分に認識し、自らの情報発信に対する責任を持ちます。

具体的には、社会常識から逸脱した言動がないよう常に自らを律し、多様性を尊重するとともに相手の発言を傾聴する姿勢を持つこと、相手に誤解を与えないように注意すること、良識ある社会人として責任ある行動をとることを常に意識します。

当行の役職員は、ソーシャルメディアを活用するにあたり、業務上知り得た秘密を一切公開しないことはもちろん、個人による情報の発信が、当行に対する評価に繋がることを十分に認識いたします。また、適用されるすべての法令、社会的規範や、「企業倫理憲章」、「新生銀行行動規範」をはじめとする社内規程を遵守いたします。個人情報については、法令および当行が制定する「個人情報保護の基本方針」を遵守します。また、著作権、商標権、肖像権などの第三者の権利を尊重し、権利を侵害しません。

3. ソーシャルメディアでの発信情報について

当行の役職員がソーシャルメディアにおいて発信する情報は、公式アカウントでの発言を含め、必ずしも当行の公式発表、見解を表すものではありません。当行からの公式発表や見解の表明は、当行のウェブサイトおよびニュースリリースなどで行っています。

アカウントにより対話の仕方(返答可否・対応時間・手段・方法)が異なる場合がございます。運用については、当行の公式twitterアカウント公式Facebookページをご参照ください。

このポリシーは、ソーシャルメディア環境の変化などに伴い、変更される場合があります。その場合、すべての改定はこのウェブページでお知らせいたします。

制定日:2012年7月3日

関連コンテンツ