特集
外貨預金には元本割れとなるリスクなどがあります。 詳しくはこちらをご確認ください。
他行に外貨預金をお持ちの方も必見!新生銀行の外貨預金ならとってもおトクに!おトクの理由は為替手数料
  • 外国為替市場の急激な変動があった場合等は、当行の提示する為替レートと実勢の為替レートが大きく異なる場合があります。

おトクな手数料、お確かめください

米国

たとえば米ドル/円
1米ドルあたり、片道

新生プラチナの場合、手数料7銭
新生ゴールドの場合、手数料10銭
新生スタンダードの場合、手数料15銭
  • お取引状況に応じて新生ステップアッププログラムのステージが決まります。
  • 為替手数料は2016年9月1日現在。
  • 外国為替市場の急激な変動があった場合や主要市場の休場日には、米ドルの場合、最大で1米ドルあたり、対円貨、片道5円往復10円の為替手数料がかかる場合があります。
新生パワーダイレクトにログイン 外貨預金取引をさっそくはじめる!
為替手数料でこんなに差が出ることご存知でした? ※「為替手数料」は、為替手数料相当額を円換算したものです。
新生プラチナ
新生ゴールド
新生スタンダード
新生ゴールドの場合(米ドルを100万円分購入し、購入した米ドルを円に交換する際の為替手数料の試算)
例01:米ドルを100万円分購入した場合(1米ドル=120円(TTM・仲値)の場合)のイメージ
新生スタンダードと比較すると、為替手数料が、新生ゴールドなら、約500円(=1,250円−750円)も差がつく!
さらに、外貨を円に戻すときも差がつきます。
例02:例01で交換した米ドルを円に交換した場合(1米ドル=120円(TTM・仲値)の場合)イメージ
新生スタンダードと比較すると、為替手数料が、新生ゴールドなら、約500円(=1,250円−750円)も差がつく!※為替相場に変動がなかった場合として試算したものであり、為替相場の変動により実際の円換算額は異なります。
新生ゴールドと新生スタンダード比較表
新生ゴールドと新生スタンダード比較表
つまり、往復なら、こんなに差がつくのです。
  • 計算式はこちら
    例01:米ドルを100万円分購入した場合(1米ドル=120円(TTM)の場合)
    新生ゴールドの場合100万円÷120.09円(TTSレート)=8,327.09米ドル、為替手数料約750円=8,327.09米ドル×0.09円(10円未満切り上げ)
    新生スタンダードの場合100万円÷120.15円(TTSレート)=8,322.93米ドル、為替手数料約1,250円=8,322.93米ドル×0.15円(10円未満切り上げ)
    例02:例01で交換した米ドルを円に交換した場合(1米ドル=120円(TTM)の場合)
    新生ゴールドの場合8,327.09米ドル×119.91円(TTBレート)=約998,500円、為替手数料約750円=8,327.09米ドル×0.09円(10円未満切り上げ)
    新生スタンダードの場合8,322.93米ドル×119.85円(TTBレート)=約997,500円、為替手数料約1,250円=8,322.93米ドル×0.15円(10円未満切り上げ)
  • 為替相場に変動がなかった場合として試算したものであり、為替相場の変動により実際の円換算額は異なります。円貨受取額は為替相場に変動が全くない場合でも、為替手数料がかかることにより、当初預け入れ時の円の元本を下回り元本割れとなる場合があります
  • 新生ステップアッププログラムによる外貨為替手数料の優遇は、円から外貨、外貨から円への交換が対象となります(ただし、パワーサポートプラスの通貨変更 や利払い、パワービルダーの積立金の引き落とし等は対象となりません。また外貨間の交換、および口座解約の手続きにあわせて外貨預金残高を円に振り替える際も対象となりません)。

ご注意ください

※円でのお預け入れ・お引き出しには為替手数料がかかります(外国為替市場の急激な変動があった場合や主要市場の休場日には、最大で1基本通貨単位あたり片道5.5円往復11円かかる場合があります)。また、円以外の通貨間での交換の場合、一方の通貨に最大片道0.02を乗じた金額が為替手数料としてかかります。

この場合、ステップアッププログラムの優遇は適用されず、ステージに関わらず一律の手数料となります(通常よりも高い手数料となります)。
お取引前には必ず取引時の為替手数料を含んだ為替レートをご確認ください。

24時間365日いつでもどこでもお取引可能!

平日の夜、土日でも。
PCでも、スマホでも。
いつでもチャンスは逃さない!
  • 新生銀行の外貨預金なら、24時間365日、いつでもどこでもお取引が可能です。
  • PCはもちろん、スマートフォンからもご利用いただけます。
    昼間仕事の休憩時間にも、取引量が増える夜22時以降でも、大事な取引のチャンスは逃しません。
新生パワーダイレクトにログイン 外貨預金取引をさっそくはじめる!

せっかくなら、為替手数料1米ドルあたり片道9銭で米ドルを買える新生ゴールドになりたいのだけれど?

例えば、外貨普通預金の月間平均残高が30万円あれば、新生ゴールドになれます!
新生ステップアッププログラム詳しくはこちら
月間平均残高

新生ゴールドになるための条件例

下記いずれか1つの条件を満たされたお客さまは「新生ゴールド」となります。

  • お預け入れ総資産の月間平均残高が200万円以上
  • 当行所定の投資商品の月間平均残高が30万円以上
  • 円普通預金・パワー預金・2週間満期預金の月間平均残高の合計が100万円以上

その他の条件例はこちら

為替手数料1米ドルあたり片道7銭で米ドルを買える新生プラチナになるための条件はこちら!

よくあるご質問

為替手数料について

新生パワーダイレクト(インターネットバンキング)、もしくはお電話であれば24時間365日、お取引可能です。市場実勢に近い為替レートでお取引いただけます。ただし、新生パワーダイレクトのシステムメンテナンス中はお取引することができません。

  • 外国為替市場の急激な変動があった場合等は、当行の提示する為替レートと実勢の為替レートが大きく異なる場合があります。
  • 市場の休場日(週末など)に売買のご注文が急増した場合や、急激な市場の変化等があった場合、通常適用される為替手数料と異なる為替手数料が適用される場合がありますので、お取引前には必ず為替レートをご確認ください。また、為替手数料は、将来変更される可能性があります。

例えば米ドル(対円貨)の場合、新生プラチナのお客さまは1米ドルあたり片道7銭、新生ゴールドのお客さまは1米ドルあたり片道9銭、新生スタンダードのお客さまは1米ドルあたり片道15銭(通常の為替手数料)となります。

  • 新生プラチナ・新生ゴールドステージの外貨為替手数料は円から外貨、外貨から円への交換が対象となります(ただし、パワーサポートプラスの通貨変更や利払い、パワービルダーの積立金の引き落とし等は対象となりません。また外貨間の交換、および口座解約の手続きにあわせて外貨預金残高を円に振り替える際も、対象となりません)。
  • 市場の休場日(週末等)に売買のご注文が急増した場合や、急激な市場の変動等があった場合、通常とは異なる外貨為替手数料が適用されることがあります。この場合、ステップアッププログラムの優遇は適用されず、ステージに関わらず一律の手数料となります(最大で1基本通貨単位あたり片道5.5円往復11円が適用されることがあります)。お取引前には必ず取引時の外貨為替手数料を含んだ為替レートをご確認ください。

下記いずれか1つの条件を満たされたお客さまは「新生プラチナ」となります。

  1. お預け入れ総資産の月間平均残高が2,000万円以上
  2. 当行所定の投資商品の月間平均残高が300万円以上
  3. パワースマート住宅ローンのご利用

詳しくはこちらをご覧ください。

新生パワーダイレクトにログイン 外貨預金取引をさっそくはじめる!

すぐにお取引

口座をお持ちの方

ログイン

口座をお持ちでない方

口座開設

まずは相談する

お店で相談する

来店予約

お近くの店舗を探す

受付時間:平日9時〜17時

  • 受付時間は店舗により異なります
お電話での相談 0120-456-007
受付時間:24時間365日
音声ガイダンスのご案内