特集
特集 保険 「のこす」「そなえる」「わける」 3つの機能をあわせ持つ生命保険 相続対策としての 終身保険
大切なご資金を大切なご家族に安心して引き継ぎたい。そんな想いを実現するために、相続対策として「終身保険」を活用するという方法があります。死亡保障が一生涯続く「終身保険」は、相続対策に有効です。

1. 終身保険とは?

「のこす」「そなえる」「わける」。これら3つの機能をあわせ持つ生命保険、それが終身保険です。

のこす

終身保険は保険期間が一生涯続く生命保険です。終身保険には満期がないため、保険期間中に保険の対象となる被保険者が死亡した場合、あらかじめ指定した死亡保険金受取人に対し、確実に保険金をのこすことができます。契約形態によっては、相続において「500万円×法定相続人の数」が相続財産(死亡保険金)に対して非課税金額になりますので、税制上のメリットを得ることができます。

のこす イメージ

そなえる

相続が発生すると、預金などの金融資産は相続人の方々の合意が得られるまでは払戻し等ができないので、すぐに使えない場合があります。これに対し死亡保険金の場合は、保険金請求があると、概ね1週間程度で保険金が保険金受取人に送金されますので、万一の際の葬儀費用や、期限の定めがある相続税などの支払いにそなえることができます。また、死亡保険金の請求手続きに、遺産分割協議は不要です。

わける

相続財産の分割は、原則として相続人全員による遺産分割協議の合意をもって決定します。一方、保険の場合、あらかじめ保険金受取人を指定しておくことにより遺産分割協議の対象外となるため、渡したい人へ確実にお渡しいただくことができます。

2. 終身保険の種類:「一時払」と「平準払」

終身保険には、保険料を一括で支払う「一時払終身保険」と、分割で(毎月あるいは毎年)保険料を支払っていく「平準払終身保険」があります。

一時払終身保険

保険料を、契約時に一括で支払います。

<一般的な一時払終身保険のイメージ図>

一般的な一時払終身保険のイメージ図

大切なご資金をご家族にのこす準備をしながら、着実に資産をふやせる商品です。ライフプランにあわせて「のこす」だけでなく「つかう」商品を選択することも可能です。所定の期間経過後、解約返戻金額が一時払保険料相当額を上回ることがあります(所定の期間は商品や保険料払込期間などによって異なります)。

新生銀行が取り扱う「一時払終身保険」はこちら

平準払終身保険

保険料を分割で、毎月(または半年ごと、あるいは毎年)支払っていくタイプの保険です。

<一般的な平準払終身保険のイメージ図>

一般的な平準払終身保険のイメージ図

万一の場合、ご家族が必要となる金額を設定し、これに合わせて月々の(または半年ごと、あるいは毎年)保険料を支払っていきますので、計画的なライフプランニングができます。

  • 商品によっては資金計画に合わせ保険料を(全期)前納払いをすることもできます。

所定の期間経過後、解約返戻金額が既払込保険料相当額を上回ることがあります(所定の期間は商品や保険料払込期間などによって異なります)。

新生銀行が取り扱う「平準払終身保険」はこちら

すぐにお取引

口座をお持ちの方

ログイン

口座をお持ちでない方

口座開設

まずは相談する

お店で相談する

来店予約

お近くの店舗を探す

受付時間:平日9時〜17時

  • 受付時間は店舗により異なります
お電話での相談 0120-456-007
受付時間:24時間365日
音声ガイダンスのご案内