為替・マーケット用語集

印刷する

ヘッジファンド
  • ※外貨メール2007年2月13日掲載

新聞などの報道で、「ヘッジファンド」の売買が為替の変動要因になることをよく耳にします。一体ヘッジファンドとは何なのでしょうか?

新生銀行 ヘッジファンドとはなんでしょうか。
松田氏 一般的にヘッジファンドとは、私募により少数の投資家から莫大な資金を集めて金融派生商品(デリバティブ)を駆使して為替、株式市場で多様に運用するファンドのことを言います。
新生銀行 ヘッジファンドの特徴は何ですか?
松田氏 ヘッジファンドは、投資対象や投資手法に規制・制限がないのが特徴です。そのため、株式や債券相場が下落する場合は、積極的に空売りを行なって、利益を得ようとします。
新生銀行 為替にどのように影響を及ぼすのでしょうか。
松田氏 ヘッジファンドは相場に関わらず、利益を追求し、価格が上昇する場合はさらに上昇するような運用を、価格が下落する場合には、積極的に空売りを行うことで相場の下落に拍車をかけ、また、多額な資金がマーケットに投入されるため、相場へのインパクトは大きいのです。
松田 哲 氏
三菱信託銀行本店国際資金為替部にて、外国為替、国際資金業務のエキスパートとして活躍。 三菱信託銀行より、米国ファースト・インターステート銀行に転職。 その後、仏国パリバ銀行、クレディ・スイス銀行、オーストラリア・コモンウェルス銀行のチーフ・ディーラーを歴任。 東京外国為替市場委員会委員。 直筆による新刊「FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?」発売中。

株式、債券、金利、為替、REIT等、マーケットの変動がその価格等に影響を及ぼす金融商品を購入する際は、必ず個別金融商品の商品説明書等をご覧・ご確認いただき、マーケットの動向以外に、各金融商品にかかる元本割れなどの固有のリスクや各種手数料についても十分ご確認いただいた上でご判断ください。

閉じる

0