新生銀行

金融商品仲介サービス(楽天証券)の一部見直しについて

2013年5月7日(火)より、新生銀行が楽天証券を委託金融商品取引業者として提供しておりました金融商品仲介サービスの内容を変更いたしました。

主な変更は以下の通りになります。

  • 今後は、楽天証券が提供する幅広いサービスをご利用いただけます。また、楽天証券が提供する取引手数料にてお取引いただけます。
  • 従来、新生パワーダイレクト(インターネットバンキング)の「株式(仲介)・債券(仲介)」メニューから行っていただいていた取引注文のお申し込み、残高照会、新生銀行の普通預金への振替等は、楽天証券サイトから直接行っていただきます。なお、新生パワーダイレクトの「証券口座への振替」のサービスは終了いたしました。
    変更内容〔PDF〕

なお、新生ステップアッププログラムのステージ判定に用いられる残高につきましては、従来通り適用対象とさせていただきます。MRFおよび国内の金融商品取引所に上場する現物株式(日本株式)等の月末残高が、判定基準の残高に含まれます。

以前より本サービスをご利用いただいていたお客さまには、4月上旬に楽天証券より「お知らせキット」をお送りしております。今後、楽天証券でお取引いただく際に必要となるID等の記載がございますので、お手元にご用意いただき、お手続きをお願いいたします。

本件に関するお問い合わせ先

  • 今回の変更に関する問い合わせ先

新生パワーコール0120-456-858(*8)〔8:00〜25:00/365日〕

  • 5月7日(火)以降のお問い合わせ先

楽天証券カスタマーサービスセンター0120-885-68703-6739-3322
〔8:00〜18:00/平日(祝祭日を除く)〕

楽天証券のサービスについても上記ダイヤルにおかけください。

2013年5月 新生銀行

ページトップへ戻る
閉じる