新生銀行

【必ずご確認ください】新生銀行を装った詐欺メール・詐欺サイトについてのご注意

新生銀行を名乗り暗証番号などお客さまの重要な情報を盗み取ろうとしているとみられる詐欺メール(フィッシングメール)および詐欺サイト(フィッシングサイト)が出回っているという報告がありました。

新生銀行では、パスワードや暗証番号など、お客さまの重要な情報を電子メールやお電話・書面などで直接お伺いすることは一切ありませんのでご注意ください。

<報告を受けた詐欺メール・詐欺サイトについて>

  • 詐欺メールの件名例
  • 「Access to your online account has been suspended」
  • 詐欺メール・詐欺サイトの内容
  • お客さまの口座の口座番号、暗証番号、新生パワーダイレクト(インターネットバンキング)パスワード、セキュリティ・カード裏面に記載された英数字などの入力を求める内容

パスワードや暗証番号をたずねる電話やメールには十分ご注意ください。万が一、不審なメールやお電話等をお受けになられた場合はお答えにならず、新生パワーコールまでご連絡いただきますようお願いいたします。

当行では従来から様々なセキュリティ対策を講じておりますが、お客さまにおかれましてもインターネットバンキングをより安全にご利用いただくために、セキュリティ対策を改めましてお願い申し上げます。
具体的なセキュリティ対策の内容につきましては、以下の関連リンクからご確認いただけますので宜しくお願いいたします。

関連リンク

2013年5月 新生銀行

ページトップへ戻る
閉じる