マーケット情報

マーケット情報 市場セクションより発行しているマーケット情報をタイムリーに掲載しています。

マーケット情報は、市場セクションより発行している各種資料をご紹介するもので、発行日にアップデートします。

注:古いデータが残っている可能性がございますので、念のために「更新(再読み込み)」ボタンを押したうえで、
ご希望の情報をご覧ください。

マーケットレポート

デイリーレポート

2017年10月18日付のレポートをご紹介します。

前日の相場状況

東京時間のドル円は、前日比プラス圏で寄り付いた日経平均株価が一時伸び悩んだことから112円割れ手前まで緩み112.04(安値)をつけ、その後NY時間まで112円台前半で動意無い展開が続いた。NY時間に入り、予想を上回る米9月輸入物価指数(+0.7%/予想+0.6%)を受け、米長期金利の上昇とともに112.48(高値)まで上伸。しかしその後は同金利の上げ幅縮小に連れて112.20近辺まで緩んで引けた。
東京時間のユーロドルは、欧州地域の政治不透明感を嫌気したユーロ売りが継続する中、朝方につけた1.1800を高値に下落。欧州時間は下げ止まったものの、予想比弱かった独10月ZEW景況観期待指数(17.6/予想20.0)に上値を抑えられ、1.17台後半で推移。NY時間には強い米輸入物価指数を受け1.1736(安値)まで下値を拡げたが、その後は1.17台後半まで値を戻して引けた。
北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の第4回会合は、2017年末の期限を延長し協議妥結を来年に持ち越すことで合意し、カナダドル、メキシコペソと対ドルに対し上伸した。

本日の見通し

ついに昨日はドル円、ユーロ円共に50銭にも満たないレンジとなった。

ユーロドルも64ポイントと動いてないも同然。
目先のネタは次期FRB議長人事(11/3までに発表?)、カタルーニャ州独立宣言(10/19が期限)、ECB理事会(10/26)、北朝鮮動向。カタルーニャ独立宣言の撤回以外は、本日の相場に大きく影響を与えるようなものではない。「北朝鮮が本日の中国共産党大会に合せてミサイル発射か」というスポーツ新聞のような憶測もあるが、実際に発射されるまでは影響なし。敢えて言えば、113円に乗せたところで高値警戒感と併せて、北朝鮮への警戒感が売りの理由にされてしまうかもしれない程度。
残念ながら本日もレンジ相場。注目の材料は月並みながら米9月住宅着工件数と米地区連銀経済報告(ベージュブック)、FRB高官発言。最近の経済指標は弱い数字が出ても「ハリケーンの影響」が免罪符となっており、反応は鈍い。寧ろ、ベージュブックとFRB高官発言の方が影響力があるだろう。しかしそれも12月利上げはほぼ既定路線化していること、FRB関連は次期議長のネタに注目が集まっていることから、目先のレンジ(111.50-113.50)をブレイクする材料としては期待出来ない。
ユーロは、来週に控えるECB理事会で量的緩和縮小決定が期待されていることからドラギECB総裁の発言が材料になりそう。

主要イベント

中国共産党第19回全国大会 開幕   
08:30   豪 9月 ウエストパック 景気先行指数(前月比)
10:30   日 櫻井日銀審議委員、発言
17:10   欧 ドラギECB総裁、発言
17:30   英 9月 失業率(社会保障受給)
17:30   英 9月 失業保険申請件数推移
17:30   英 8月 ILO失業率(3カ月)
20:00   米 MBA住宅ローン申請指数
20:45   欧 プラートECB専務理事、発言
21:00   米 ダドリー(NY)・カプラン(ダラス)連銀総裁、発言
21:30   米 9月 住宅着工件数
23:15   欧 クーレECB理事、発言

各市場の主要通貨レンジ

通貨 東京6時(OPEN) 東京市場 海外市場 NY17時(CLOSE)
ドル円 112.19 112.04-112.30 112.10-112.48 112.21
ユーロ円 132.35 131.90-132.37 131.86-132.16 132.01
ユーロドル 1.1796 1.1756-1.1800 1.1736-1.1775 1.1766

ウィークリーレポート

先週の主要通貨の相場状況の振り返り、今後1週間の見通しなどをご覧いただけます。

※毎週月曜日更新(祝休日の場合は翌営業日に更新)

金融調査部 経済レポート(随時更新)

新生銀行 金融調査部による日本経済見通し、経済レポートをお届けします。

外国為替公示相場 (2017年10月18日10時現在)

通貨 通貨記号 TTM TTS TTB
米ドル USD 112.22 113.22 111.22
ユーロ EUR 132.11 133.61 130.61
豪ドル AUD 88.03 90.03 86.03
ニュージーランドドル NZD 80.44 82.44 78.44
英ポンド GBP 148.06 152.06 144.06
加ドル CAD 89.80 91.40 88.20
スイスフラン CHF 114.77 115.67 113.87
香港ドル HKD 14.37 14.80 13.94
シンガポールドル SGD 82.84 83.67 82.01
タイバーツ(100) THB 339.34 347.34 331.34
デンマーククローネ DKK 17.75 18.05 17.45
ノルウェークローネ NOK 14.14 14.44 13.84
スウェーデンクローナ SEK 13.78 14.18 13.38
南アフリカランド ZAR 8.39 9.89 6.89
トルコリラ TRY 30.61 31.11 30.11
  • ここに掲載している相場は、法人のお客さま向けに参考としてお示しするものであり、新生銀行がこのレートで法人のお客さまとお取引することを確約するものではありません。お取引内容、相場の状況によっては異なる相場が適用になることやお取引が制限されることもございますので、お取引に際しては、必ず新生銀行担当窓口でご確認くださいますようお願い申し上げます。
  • 外貨現金のお取り扱いはしておりません。
  • 個人のお客さまにつきましてはこの相場は適用されません。

相場急変により公示停止・再公示があった場合でも、原則として再公示相場はインターネット・ウェブサイト上に掲載いたしません。上記のとおり、新生銀行担当窓口でご確認ください。

新生銀行のソリューション
外国為替リスクのヘッジ
新生銀行の商品・サービス
外国為替・デリバティブ
仕組預金
  • この資料の無断での複写、転写、転載、改竄または配布は、禁止されています。
  • この資料は、情報の提供を唯一の目的としたもので、特定の金融商品取引の投資勧誘・奨励を目的としたものではありません。
  • この資料に述べられている見通しは、執筆者の見解に基づくものであり、新生銀行の売買・ポジションを代表した公式見解ではありません。
  • この資料は公に入手可能な情報・データに基づくものですが、新生銀行がその正確性・完全性を保証するものではなく、その内容を随時変更することがあります。
  • この資料に述べられている見通しは実際の市場動向とは異なる可能性があり、今後の推移を新生銀行ならびに執筆者が約束するものではありません。
  • 金融商品取引を検討される場合には、別途当該金融商品の資料をよくお読みいただき、充分にご理解されたうえで、ご自身の判断と責任においてお取引くださいますようお願いいたします。
  • 金融商品によっては所定の手数料等をご負担いただく場合があり、また金融商品によっては証拠金や担保をご提供いただく場合があります。なお、具体的な金融商品が定まっていないため、現時点では手数料・証拠金・担保等の額または計算方法およびその比率をお示しすることはできません。
  • 金融商品によっては、金利水準、為替相場、株式相場等の金融商品市場における相場その他の指標にかかる変動により、お客さまに損失が生じることがあり、またこの損失がお客さまからご提供いただいた証拠金・担保(もしあれば)の額を上回るおそれがあります。
  • 商号等/株式会社新生銀行 登録金融機関関東財務局長(登金)第10号 加入協会/日本証券業協会一般社団法人金融先物取引業協会