マーケット情報

マーケット情報 市場セクションより発行しているマーケット情報をタイムリーに掲載しています。

マーケット情報は、市場セクションより発行している各種資料をご紹介するもので、発行日にアップデートします。

注:古いデータが残っている可能性がございますので、念のために「更新(再読み込み)」ボタンを押したうえで、
ご希望の情報をご覧ください。

マーケットレポート

デイリーレポート

2017年7月21日付のレポートをご紹介します。

前日の相場状況

東京時間のドル円は、寄り付きから上昇を続けた日経平均株価に連れて112円台を回復。東京時間午後も、発表された日銀の展望レポートにて2%の物価目標達成を2018年度から2019年度に先送りされたことを背景にじり高の流れは継続し、その後の黒田日銀総裁会見では目新しい材料は無かったものの、堅調さは変わらず、欧州時間に112.42(高値)をつけた。その後はNY時間にかけて112円台前半で小動きとなったが、「モラー特別捜査官、トランプ氏のビジネスに捜査範囲を拡大」との報道を受け111.48(安値)まで急落。引けにかけては112円ちょうど近辺まで値を戻した。
東京時間のユーロドルは1.15台前半で狭いレンジでの動きとなり、欧州時間に入ってからもECB政策発表までは様子見から同水準での推移が継続した。その後、ECB主要政策金利は予想通り据え置きとなり、超緩和的な政策スタンスも維持されたことから1.1479(安値)をつけたが、ドラギECB総裁の会見での発言「フォワードガイダンスの変更については秋に協議する」を受けて1.15台後半まで大きく反発。NY時間にトランプ米大統領に関する報道を背景にドル売り地合いとなり、ユーロドルは再度急伸。2015/8/24以来の高値1.1659まで上値を伸ばした。NY市場の午後は1.16台前半で横ばい推移のまま引けた。
ユーロ円はECB政策発表までは129円を挟んだ動意の少ない様子見相場だった。ECBの超緩和的な政策スタンス維持発表すると安値128.80を付けたが、ドラギECB総裁の会見を受けて反転。130.26の高値まで急伸した。

本日の見通し

昨日はECB理事会で、資産買い入れを拡大する可能性も否定せず、緩和スタンスを据え置いたが、ドラギ・ECB総裁の発言で「秋に緩和策変更の議論をする」と発言したことが引き金となり、全般的にドル売り地合となった。

さらに、トランプ陣営とロシアとの関係に対しての捜査がトランプ氏のビジネスに捜査範囲を拡大させるとの報道もドル売りの後押しとなった。そんな中で、ドル円は111.48まで下落したが、引き続き底堅い推移が続いている。本日は、ドル円に関する大きなイベントは控えていないが、昨日のドル売りの巻き戻しには注意したい。ドル売りの巻き戻しとなれば、ドル円は112円台を回復すると思うが、上値を伸ばす動きとはならなさそうだ。本日のドル円は、111.50-112.30程度のレンジを予想。
ユーロ円は、本日は利食いの動きが予想される中で130円台を維持できるかに注目したい。
豪ドル円は、引き続き堅調な推移となっている。本日はデベル・RBA副総裁の発言に注目。内容次第では引き続き上値を伸ばし、0.80を狙う動きも考えられるだろう。ただし豪ドル円は本日中に90円トライとはならなさそうだ。

主要イベント

11:40   豪 デベルRBA総裁補佐、発言

各市場の主要通貨レンジ

通貨 東京6時(OPEN) 東京市場 海外市場 NY17時(CLOSE)
ドル円 111.97 111.77-112.22 111.48-112.42 111.90
ユーロ円 128.93 128.80-129.20 128.80-130.26 130.15
ユーロドル 1.1515 1.1504-1.1532 1.1479-1.1659 1.1630

ウィークリーレポート

先週の主要通貨の相場状況の振り返り、今後1週間の見通しなどをご覧いただけます。

※毎週月曜日更新(祝休日の場合は翌営業日に更新)

金融調査部 経済レポート(随時更新)

新生銀行 金融調査部による日本経済見通し、経済レポートをお届けします。

外国為替公示相場 (2017年07月21日10時現在)

通貨 通貨記号 TTM TTS TTB
米ドル USD 112.04 113.04 111.04
ユーロ EUR 130.20 131.70 128.70
豪ドル AUD 88.97 90.97 86.97
ニュージーランドドル NZD 82.89 84.89 80.89
英ポンド GBP 145.18 149.18 141.18
加ドル CAD 89.01 90.61 87.41
スイスフラン CHF 117.68 118.58 116.78
香港ドル HKD 14.35 14.78 13.92
シンガポールドル SGD 82.01 82.84 81.18
タイバーツ(100) THB 333.95 341.95 325.95
デンマーククローネ DKK 17.51 17.81 17.21
ノルウェークローネ NOK 13.92 14.22 13.62
スウェーデンクローナ SEK 13.62 14.02 13.22
南アフリカランド ZAR 8.60 10.10 7.10
トルコリラ TRY 31.76 32.26 31.26
  • ここに掲載している相場は、法人のお客さま向けに参考としてお示しするものであり、新生銀行がこのレートで法人のお客さまとお取引することを確約するものではありません。お取引内容、相場の状況によっては異なる相場が適用になることやお取引が制限されることもございますので、お取引に際しては、必ず新生銀行担当窓口でご確認くださいますようお願い申し上げます。
  • 外貨現金のお取り扱いはしておりません。
  • 個人のお客さまにつきましてはこの相場は適用されません。

相場急変により公示停止・再公示があった場合でも、原則として再公示相場はインターネット・ウェブサイト上に掲載いたしません。上記のとおり、新生銀行担当窓口でご確認ください。

新生銀行のソリューション
外国為替リスクのヘッジ
新生銀行の商品・サービス
外国為替・デリバティブ
仕組預金
  • この資料の無断での複写、転写、転載、改竄または配布は、禁止されています。
  • この資料は、情報の提供を唯一の目的としたもので、特定の金融商品取引の投資勧誘・奨励を目的としたものではありません。
  • この資料に述べられている見通しは、執筆者の見解に基づくものであり、新生銀行の売買・ポジションを代表した公式見解ではありません。
  • この資料は公に入手可能な情報・データに基づくものですが、新生銀行がその正確性・完全性を保証するものではなく、その内容を随時変更することがあります。
  • この資料に述べられている見通しは実際の市場動向とは異なる可能性があり、今後の推移を新生銀行ならびに執筆者が約束するものではありません。
  • 金融商品取引を検討される場合には、別途当該金融商品の資料をよくお読みいただき、充分にご理解されたうえで、ご自身の判断と責任においてお取引くださいますようお願いいたします。
  • 金融商品によっては所定の手数料等をご負担いただく場合があり、また金融商品によっては証拠金や担保をご提供いただく場合があります。なお、具体的な金融商品が定まっていないため、現時点では手数料・証拠金・担保等の額または計算方法およびその比率をお示しすることはできません。
  • 金融商品によっては、金利水準、為替相場、株式相場等の金融商品市場における相場その他の指標にかかる変動により、お客さまに損失が生じることがあり、またこの損失がお客さまからご提供いただいた証拠金・担保(もしあれば)の額を上回るおそれがあります。
  • 商号等/株式会社新生銀行 登録金融機関関東財務局長(登金)第10号 加入協会/日本証券業協会一般社団法人金融先物取引業協会