マーケット情報

マーケット情報 市場セクションより発行しているマーケット情報をタイムリーに掲載しています。

マーケット情報は、市場セクションより発行している各種資料をご紹介するもので、発行日にアップデートします。

注:古いデータが残っている可能性がございますので、念のために「更新(再読み込み)」ボタンを押したうえで、
ご希望の情報をご覧ください。

マーケットレポート

デイリーレポート

2018年4月20日付のレポートをご紹介します。

前日の相場状況

ドル円は一日を通し107円台前半で小動きの展開で終始した。早朝行われた日米首脳会談後の記者会見では、トランプ大統領から通商問題や為替水準に関する強硬発言は出ず、ドル円は朝方につけた107.19(安値)から東京仲値需要をこなしながら107.52(高値)まで上昇。その後、日経平均株価の上げ幅縮小に伴い、欧州入り後には107円台前半まで小幅に値を下げた。NY時間には米4月フィラデルフィア連銀景況が市場予想を上回り(実績23.2 / 予想21.0)また米10年債利回りが2.93%台まで上昇する中、ロンドンフィキシングにかけて主要通貨に対してドル買いが優勢となりドル円は107円台半ばまで上昇。NYダウ平均の軟調推移とともに一時107.23をつけるも動意ない展開が続き107.35-40レベルで引けた。
東京時間のユーロドルは1.23台後半の小幅レンジで推移。欧州時間序盤に1.2400(高値)まで小幅上昇するも、その後1.23台後半へ戻した。NY時間には、ロンドンフィキシングにかけてドル買いに傾斜し1.2329(安値)まで下落。その後1.23台半ばで揉み合って引けた。
英ポンドは、カーニー英中央銀行総裁の「来月の利上げは既定路線ではない」との発言を受け、対円では152円台後半から151円台前半まで1円以上の下落となった。
ユーロ/スイスフラン(EURCHF)は直近高値を更新し、2015年1月以来となる1.20台まで一時上昇した。

本日の見通し

昨日は米10年債利回りが1ヵ月ぶりに2.9%台を突破した事で、全般的にドル高の流れとなった。

また、カーニー・英中央銀行総裁が利上げのタイミングを明確化しなかった事に嫌気し、ポンドドルは1.42台半ばから1.40後半まで約150pips超の下落に。そんな中、ドル円は30銭程度でレンジの推移となり、目立った方向感が出ない相場となった。
本日のドル円は107.20-108.00と小幅な円安推移を予想。日米首脳会談では、米国がTPP復帰に関してはあくまでも慎重な姿勢を崩さず、2国間協定が望ましいとの立場を示し、日本はその逆の立場をとった。この状況は首脳会談前と何ら変化がなく、今会談は日米両首脳の友好が深まっただけとなったのではないだろうか。そのため貿易に関する懸念は継続し、積極的にドル円、株を買う相場ではないだろう。しかし、米債利回りも上昇している事からドル円が大きく売られるとも考えづらく、昨日の市場の流れから本日は小幅レンジの中で108円トライを予想。週末にはG20財務省・中央銀行総裁会議、G7外相会合が控えている為、こちらも注目したいところ。
また、昨年末からドルの3ヵ月LIBORが急上昇を続けている。昨年4月は1.15%台だったのに対し、足元2.36%台まで上昇しており、米国内でのドル需要が相当高まっているものと感じている。こちらもどこまで上昇を続けるか注意していきたい。

主要イベント

IMF・世銀の春季総会(ワシントン、〜22日)   
G20財務相・中央銀行総裁会議(ワシントン)   
08:30   日 3月 全国消費者物価指数(前年比)
21:30   加 2月 小売売上高(前月比)
21:30   加 3月 消費者物価指数(前年比)
22:40   米 エバンス・シカゴ連銀総裁、発言
23:00   欧 4月 速報値 消費者信頼感
  
<4/21の予定>   
国際通貨金融委員会(IMFC)(ワシントン)   
  
<4/22の予定>   
G7外相会合(トロント、〜24日)   

各市場の主要通貨レンジ

通貨 東京6時(OPEN) 東京市場 海外市場 NY17時(CLOSE)
ドル円 107.23 107.19-107.52 107.23-107.50 107.37
ユーロ円 132.69 132.68-133.09 132.36-133.09 132.55
ユーロドル 1.2374 1.2365-1.2385 1.2329-1.2400 1.2345

ウィークリーレポート

先週の主要通貨の相場状況の振り返り、今後1週間の見通しなどをご覧いただけます。

※毎週月曜日更新(祝休日の場合は翌営業日に更新)

金融調査室 経済レポート(随時更新)

新生銀行 金融調査室による日本経済見通し、経済レポートをお届けします。

外国為替公示相場 (2018年04月20日10時現在)

通貨 通貨記号 TTM TTS TTB
米ドル USD 107.50 108.50 106.50
ユーロ EUR 132.74 134.24 131.24
豪ドル AUD 83.02 85.02 81.02
ニュージーランドドル NZD 77.98 79.98 75.98
英ポンド GBP 151.41 155.41 147.41
加ドル CAD 84.89 86.49 83.29
スイスフラン CHF 110.69 111.59 109.79
香港ドル HKD 13.70 14.13 13.27
シンガポールドル SGD 81.90 82.73 81.07
タイバーツ(100) THB 344.55 352.55 336.55
デンマーククローネ DKK 17.82 18.12 17.52
ノルウェークローネ NOK 13.79 14.09 13.49
南アフリカランド ZAR 8.99 10.49 7.49
トルコリラ TRY 26.57 27.07 26.07

【重要なお知らせ】スウェーデンクローナのお取扱い停止に関するご連絡

このたび当行では、スウェーデンクローナ建ての外国送金・為替・預金につきまして、誠に勝手ながら2017年11月20日(月)をもちまして、お取扱いを停止させていただくことと致しました。本欄のスウェーデンクローナ公示相場の掲示も終了させていただきます。

お客さまにおかれましてはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

  • ここに掲載している相場は、法人のお客さま向けに参考としてお示しするものであり、新生銀行がこのレートで法人のお客さまとお取引することを確約するものではありません。お取引内容、相場の状況によっては異なる相場が適用になることやお取引が制限されることもございますので、お取引に際しては、必ず新生銀行担当窓口でご確認くださいますようお願い申し上げます。
  • 外貨現金のお取り扱いはしておりません。
  • 個人のお客さまにつきましてはこの相場は適用されません。

相場急変により公示停止・再公示があった場合でも、原則として再公示相場はインターネット・ウェブサイト上に掲載いたしません。上記のとおり、新生銀行担当窓口でご確認ください。

新生銀行のソリューション
外国為替リスクのヘッジ
新生銀行の商品・サービス
外国為替・デリバティブ
仕組預金
  • この資料の無断での複写、転写、転載、改竄または配布は、禁止されています。
  • この資料は、情報の提供を唯一の目的としたもので、特定の金融商品取引の投資勧誘・奨励を目的としたものではありません。
  • この資料に述べられている見通しは、執筆者の見解に基づくものであり、新生銀行の売買・ポジションを代表した公式見解ではありません。
  • この資料は公に入手可能な情報・データに基づくものですが、新生銀行がその正確性・完全性を保証するものではなく、その内容を随時変更することがあります。
  • この資料に述べられている見通しは実際の市場動向とは異なる可能性があり、今後の推移を新生銀行ならびに執筆者が約束するものではありません。
  • 金融商品取引を検討される場合には、別途当該金融商品の資料をよくお読みいただき、充分にご理解されたうえで、ご自身の判断と責任においてお取引くださいますようお願いいたします。
  • 金融商品によっては所定の手数料等をご負担いただく場合があり、また金融商品によっては証拠金や担保をご提供いただく場合があります。なお、具体的な金融商品が定まっていないため、現時点では手数料・証拠金・担保等の額または計算方法およびその比率をお示しすることはできません。
  • 金融商品によっては、金利水準、為替相場、株式相場等の金融商品市場における相場その他の指標にかかる変動により、お客さまに損失が生じることがあり、またこの損失がお客さまからご提供いただいた証拠金・担保(もしあれば)の額を上回るおそれがあります。
  • 商号等/株式会社新生銀行 登録金融機関関東財務局長(登金)第10号 加入協会/日本証券業協会一般社団法人金融先物取引業協会