プライベートエクイティ

新生銀行のプライベートエクイティ室は、100%子会社の新生企業投資(株)を主体としてベンチャー投資およびバイアウト投資を行います。

ベンチャー投資

新生企業投資(株)のベンチャー投資チームは、上場を計画中のお客様に対して議決権5%までのエクイティ投資を行います。 当チームは、次のような課題を抱えるお客さまのニーズにお応えしています。

  • 成長のために株式での資金調達 を検討されている企業
  • 既存株主の入れ替えなど株主構成の変更を検討されている企業
  • エージェントに事務が集約されており、資金決済等の事務の合理化を図ることができ、財務担当者の事務負担軽減を図ることができます。

当チームは、お客様のパートナーとして資金提供を行い企業の成長に貢献いたします。

また、当行の誇る国内外の幅広いネットワークを駆使することにより、投資のみならずお客様の成長に資する最善のソリューションをご提供します。

新生企業投資(株)では国内のミドル・レイターステージの企業のPre-IPOラウンドに対して直接投資を行っていますが、それ以外のステージ、分野についても外部のパートナーとステージまたは業種に特化した共同ファンドを設立することによって積極的にリスクマネーを提供しております。

バイアウト投資

新生企業投資(株)のバイアウト投資チームは、ファンド資金を活用して、主に事業承継ニーズのある国内の中堅中小企業に対し、ハンズオンでの経営支援を行います。

当チームは、次のような課題を抱えるお客さまのニーズにお応えしています。

  • 今、すぐに事業を任せることができる後継者が親族や社内におらず、育成するのに時間がほしい企業
  • 保有株式の売却先として、一緒に会社を発展させることができる信頼のおけるパートナーに持ってもらいたいと考える経営者
  • 株式上場前に成長資金を調達するための最後のエクイティファイナンスを行いたい企業

原則として、新生企業投資が運営に関与するファンドが株主議決権の過半数以上を保有し、ファンドからプロフェッショナル人材を派遣し、経営管理体制構築、成長戦略の策定・実行支援などを通じて、投資先の企業価値向上を図ります。