船舶ファイナンス

船主ファイナンスとは、パナマ籍などの仕組船子会社と各種担保(船舶抵当権、傭船料債権譲渡など)を活用し、その船舶から生み出されるキャッシュフロー(傭船料)を主な返済原資とするファイナンス手法(コーポレートローン)です。新生銀行は、お客さまの船舶ご購入のニーズにオーダーメイドでサポートを提供します。

ストラクチャー例

ご融資対象

主に国内外の有力オペレーターが傭船する外航船(新造船・中古船)です。船種については、ばら積み船、コンテナ船、自動車専用船、油槽船・LPG船など、お客さまの多種多様なニーズのご相談に応じております。

ご融資金額

当該案件の採算性や当該船舶の市場価格などを考慮し、船舶の取得価額範囲内で個別にご相談に応じております。

ご融資期間

建造期間を含め、原則、傭船契約期間内で個別にご相談に応じております。

なお、当行は上記船主ファイナンスのみならず、船舶のオペレ−ティングリースなどのリミテッドリコースタイプのファイナンスやLNG船プロジェクトに対するファイナンスのメニューもご用意しております。