仕組預金
2014年8月28日(木)22時をもちまして、パワード・ワン プラスおよびパワード定期プラス(リスク低減タイプ)のお取り扱いを終了いたしました。
今まで長らくご愛顧いただきありがとうございました。
仕組預金には元本割れとなるリスクなどがあります。
詳しくはこちらをご確認ください。

元金を円で受け取れる可能性が通常のパワード定期プラスよりも高い

パワード定期プラス(リスク低減タイプ)

通貨について
  • 預け入れ-円
  • 利息(毎年)-円
  • 受け取り-円または外貨
期間について
3年 5年
  • 当行の通常の円定期預金(3年もの・5年もの)より高い金利が得られます
  • 元金は、判定日の実勢為替レートにより、当行が「円」または「外貨(豪ドル)」での受け取りを判定します。詳しくはこちら

金利と試算例

30万円以上(ネットの場合)

円・オーストラリアドルタイプ 5年もの

特約設定レート=基準レート

金利 年

(税引後 年%)

現在

※「基準レート−15円」は、2014年4月14日預入分より、パワード定期プラスの特約設定レートの条件となりました。

円お預け入れの場合の利息と満期時受取元金試算例

円・オーストラリアドルタイプ 5年もの

特約設定レート=基準レート円)

毎年 約
合計 約

満期時元金

円受取の
場合
外貨受取
の場合
ドル

<参考>円換算額
TTB円の場合 約万円
TTB円の場合 約万円

現在
  • [計算式]
    (利息) 毎年:300万円×金利(税引後) 合計:毎年の利息試算×年数
    (元金) 外貨建て:300万円÷特約設定レート 円換算額:外貨建て元金×TTBレート
  • 利息試算例は、金利に年数を乗じた単純計算であり、為替レートの変動、利息の計算日数等の要因により、実際の毎年および合計の受取利息額は異なります。
  • 満期日以降は円貨または外貨(豪ドル)普通預金店頭表示金利が適用され、上記金利は適用されません。
  • 金利や基準レートは市場動向等により毎日変動します。

商品の特徴

仕組み

「パワード定期プラス(リスク低減タイプ)」の特約設定レート(受取通貨を判定する為替レート)は、当行が同時期に提供する通常のパワード定期プラスの「特約設定レート」よりも円高水準となるように設定されています。このため、円貨ベースで元本割れが生じるリスクが、通常のパワード定期プラスよりも低減されています(通常のパワード定期プラスよりも金利は低くなります)。

「パワード定期プラス(リスク低減タイプ)」は、「特約設定レート=基準レート-20円」、通貨タイプは円・豪ドルタイプのみです。

利息

利息は毎年、「円」で受け取れます。

満期受取

満期時の元金は、判定日(満期日2営業日前)の実勢為替レートが特約設定レートと同値または円安の場合は「円」で、円高の場合は特約設定レートで「外貨(豪ドル)」に交換のうえ、いずれかの普通預金に入金します。 満期時の元金を「外貨(豪ドル)」で受け取った場合、満期時の実勢為替レートで円に交換すると、元本割れの可能性が高く、また、特約設定レートと同値であっても為替手数料をご負担いただくため元本割れとなります。「外貨」のまま保有し、その後、TTBレート(外貨(豪ドル)から円貨への換算相場)が特約設定レートより円安になった際の交換であれば、預入金額を上回ります。

中途解約

原則として、中途解約できません。当行がやむを得ないものと認めて中途解約に応じる場合、損害金をご負担いただくため元本割れする可能性が高く、市場動向によっては大きく元本割れする場合があります。

手数料

満期時の元金を「外貨」で受け取った場合、満期時の実勢為替レートで円に交換すると、元本割れの可能性が高く、また、特約設定レートと同値であっても為替手数料をご負担いただくため元本割れとなります。
TTBレート(為替手数料を含んだ外貨から円への交換レート)が特約設定レートより円安になった際の交換であれば、預入金額を上回ります。

お客さまのリスク許容度

この商品は「お客さまのリスク許容度2〜5」の方にお勧めの商品です。

関連情報

 
 
仕組預金に関するよくあるご質問

すぐにお取引

口座をお持ちの方

ログイン

口座をお持ちでない方

口座開設

まずは相談する

お店で相談する

来店予約

お近くの店舗を探す

受付時間:平日9時〜17時

  • 受付時間は店舗により異なります

お電話での相談

0120-456-007

受付時間:24時間365日

音声ガイダンスのご案内