「新生銀行FX口座」のお申し込み

ご確認ください 外国為替証拠金取引についてのご確認事項

外国為替証拠金取引についてのご確認事項

■新生銀行FX口座を開設していただくにあたり、以下の要件を満たし、取引期間中は維持していただくことが必要です。

  1. 『新生銀行FX契約締結前交付書面(店頭外国為替証拠金取引説明書)』及び、『新生銀行FX取引規定』等当行所定の規定、規則等の内容につき、お客さまにご承諾いただくことが必要です。
  2. お客さまは、外国為替証拠金取引にあたり、外国為替証拠金取引の特徴、仕組み及びリスクについて十分理解し、自己の判断と責任において自己の資金により自己のためにお取引いただくことが必要です。
  3. 当行は、お客さまとの取引から生ずるリスクの軽減を目的にカバー取引を行っています。当行がカバー取引を行うことができなくなった場合は、当行とお客さまとの取引を継続できない場合があることにつき、お客さまにご承諾いただくことが必要です。
  4. お客さまは、当行所定の利用環境においてインターネットをご利用いただくことが必要です。
  5. 当行は、お客さまに交付する外国為替証拠金取引にかかる当行所定の書面につき、書面による交付・徴求にかえて当行所定の電磁的方法により交付・徴求します。お客さまは、かかる交付・徴求方法についてご同意いただくことが必要です。
  6. 当行は、外国為替証拠金取引に関する諸連絡を原則電子メールでお送りするため、お客さまは、ご自身のみが利用できる電子メールアドレスをお持ちで、当行に当該メールアドレスを登録していただくことが必要です。また、当行は、当該諸連絡を電話及び郵送にて行う場合もありますので、お客さまの電子メールアドレス、連絡先電話番号、ご住所等を正しくお届けいただくことが必要です。なお、新たなメールアドレス宛ての配信開始までは、変更前のメールアドレスに配信される場合があります。
  7. お客さまは、満20歳以上70歳未満の個人で、行為能力を有することが必要です。
  8. お客さまは、100万円以上の余裕資金を有し、かつ、お客さまの外国為替証拠金取引の内容に応じた決済資金等につき、流動性のある資金を十分に確保していただくことが必要です。
  9. お客さまは、日本国内に居住し、日本国内において外国為替証拠金取引を行っていただくことが必要です。
  10. お客さまは、当行に新生総合口座パワーフレックスを開設し、当該口座を正常に利用可能な状態で維持していただくことが必要です。
  11. お客さまは、前各号のほか当行所定の要件を満たし、取引期間中は維持していただくことが必要です。

(1)リスクに係る注意点

  • 新生銀行FX(店頭外国為替証拠金取引)は、取引対象である通貨の価格変動により損失が生じることがあります。また取引対象である通貨の金利変動によりスワップポイントが受取から支払に転じることもあります。さらに、取引金額がその取引についてお客さまが預託すべき証拠金の額に比して大きいため、その損失の額が証拠金の額に限定されず証拠金の額を上回ることもあります。
  • 非対円通貨の組合せ(外貨建ての取引)においては、新規建玉時に当行所定のレートにより円貨から外貨に換算され、決済取引(反対売買)時に当行所定のレートにより外貨から円貨に換算されるため、取引対象である通貨の価格変動および金利変動に加えて、当該外貨と円貨との為替変動により損失が生じることがあります。
  • 当行は、新生銀行FXに関してお客さまからお預かりした証拠金(証拠金残高、未実現損益、スワップポイント)を下記(2)のとおり信託口座に再預託(区分管理)することで当該資産の保全を図っておりますが、区分管理必要額の算定基準日と信託設定の日に時間差があることなどから、信託されるまでの間は信託口座の保全対象にはなりません。万一、当行の業務または財産の状況が悪化した場合、信託保全される前のお客さま資産等の返還が困難になり、お客さまが損失を被ることがあります。
  • 当行は、お客さまの注文約定と同時に、システムによる自動発注により、お客さまとの取引から生じるリスクの減少を目的とするカバー取引を、下記(3)のカバー取引先と行います。当行は下記(3)のカバー取引先とのみカバー取引を行うところ、当行またはカバー取引先の業務または財産の状況悪化等により、カバー取引が停止することがあります。この場合、カバー取引はお客さまの約定と連動しているため、お客さまは取引を行うことができなくなり、その間の相場変動によって、預託した証拠金を上回る損失を被るおそれがあります。また、万が一お客さまとの注文が約定したにもかかわらずカバー取引が行われなかった場合には、新生銀行FXでは他のカバー取引先が存在しないため、当行がお客さまの取引により生じる損失をカバー取引と相殺できない結果、当行の損失が拡大し、当行の財務状況が悪化することにより、お客さまとの取引を継続できなくなるおそれがあります。
  • 相場状況の急変により、買気配(ビットレート)と売気配(アスクレート)のスプレッド幅が広くなったり、スリッページの発生又はロスカットや強制決済の執行等により、お客さまが意図した取引ができない又は意図しない取引が成立する可能性があります。
  • 取引システム又は当行とお客さまとを結ぶ通信回線等が正常に作動しないことにより、注文の発注、執行、確認、取消などが行えない可能性があります。
  • 取引手数料は無料です。また、新生銀行FXのためのツールの利用料は無料ですが、経済情勢等の変化により、有料とする場合があります。ツール利用料・徴収方法については「新生銀行FXツール利用規定」の「第5条新生銀行FXツール利用料」に定めるとおりとします。ただし、取引にかかる費用は、手数料だけでなく、買気配(ビットレート)と売気配(アスクレート)の差額(スプレッド幅)、スワップポイントの受取と支払の差額等を総合的に検討する必要があります。 
  • お客さまが注文執行後に当該注文に係る契約を解除すること(クーリングオフ)はできません。

(2)区分管理信託

当行は、金融商品取引法第43条の3第1項の規定に基づき、お客さまから預託を受けた証拠金は、新生信託銀行株式会社における金銭信託により、当行の自己の資金とは区分して管理しております。
ただし、当該証拠金は預金保険制度の保護対象ではありません。

(3)カバー取引先

当行は、お客さまとの取引から生じるリスクの減少を目的とするカバー取引を楽天証券株式会社(証券業)と行っています。カバー取引は、当行の判断のもとで当行が行う取引であり、カバー取引先とお客さまとの間には一切の契約はなく、お客さまがカバー取引先に対し直接請求権を持つものではなく、またカバー取引先がお客さまからのご照会やお問い合わせに応じることもありません。

上記の内容を確認・ご理解のうえ次へ進む