外国為替証拠金取引(FX)は、少額の証拠金で、その差し入れた証拠金を上回る金額の取引を行うことができ、大きな利益が期待できる反面、通貨の価格変動によっては大きな損失が発生する可能性があります。また、その損失額は、差し入れた証拠金を上回り、不足金の差し入れが必要となる場合があります。お取引に際しては新生銀行FX契約締結前交付書面・新生銀行FX取引ルールを必ずご確認いただき、その内容をご理解のうえご自身の判断と責任において行ってください。詳しくはこちらをご確認ください。

2016年1月からの個人番号(マイナンバー)制度の開始に伴い、FX口座の開設手続きには個人番号のお届出が必要です。必要書類は下記リンクをご覧ください。

レート一覧

レート一覧をクリックすると、通貨ペアごとのプライスが始値、高値(売値)、安値(買値)、前日比と合わせてリスト形式でご覧いただけます。

  • 初期設定では11通貨ペアが表示されます。表示する通貨ペアを追加したい場合は【設定】ボタンより設定を行ってください。

画面サンプル1

レート一覧からの注文について

レート一覧画面の通貨ペアをダブルクリックすると、その通貨ペアの注文画面(ASストリーミング、ストリーミング、リーブオーダー、IFD、OCO、IFO、通貨ペア全決済注文)が表示されます。

  • 画面上部のタブで注文を切り替えられます。

レート一覧画面の通貨ペア(下記の例は「ユーロ/円」)をダブルクリックすると、その通貨ペア「ユーロ/円」の注文画面が表示されます。発注数量、スリッページについては【発注数量/スリッページ設定】画面で事前設定が可能です。

画面サンプル2

画面レイアウトの変更と設定について

通貨ペアや各項目(買、売、スプレッド等)の表示順を変更できます。通貨ペアの表示に関しては上下にドラッグ、各項目の表示については左右にドラッグし変更してください。なお、画面上右クリック「プロパティ」から列表示の設定が可能です。列表示の設定では表示する項目を選択することができます。

画面サンプル3

項目の用語説明

項目名 説明
通貨ペア 通貨ペアの名称が表示されています。
お客さまが売ることが出来るレートが表示されています。
お客さまが買うことが出来るレートが表示されています。
スプレッド 買値と売値の差、スプレッドが表示されています。
前日比 前取引日の終値(売値)と現在値(売値)の差を表示しています。
始値 当取引日のオープンレートを表示しています。
高値(売) 当取引日の最高値(売値)を表示しています。
高値時刻(売) 高値(売値)をつけた時刻が表示されています。
安値(買) 当取引日の最安値(買値)が表示されています。
安値時刻(買) 安値(買値)をつけた時刻が表示されています。
ティック レートの値動きが折れ線状で表示されています。
必要証拠金 10,000通貨取引するのに必要な証拠金額を表示しています。
売スワップ 売建玉時のスワップ金額を表示しています。(1万通貨あたり)
買スワップ 買建玉時のスワップ金額を表示しています。(1万通貨あたり)
高値(買) 当取引日の最高値(買値)を表示しています。
高値時刻(買) 高値(買値)をつけた時刻が表示されています。
安値(売) 当取引日の最安値(売値)が表示されています。
安値時刻(売) 安値(売値)をつけた時刻が表示されています。
  • 項目名が赤字となっているものはレート一覧上右クリックから「プロパティ」を選択し、「全列表示」を選択した場合のみ表示されます。
  • レート一覧画面における必要証拠金は10,000通貨単位表示となります。

新生銀行FX(PC)オンラインヘルプのカテゴリー