外国為替証拠金取引(FX)は、少額の証拠金で、その差し入れた証拠金を上回る金額の取引を行うことができ、大きな利益が期待できる反面、通貨の価格変動によっては大きな損失が発生する可能性があります。また、その損失額は、差し入れた証拠金を上回り、不足金の差し入れが必要となる場合があります。お取引に際しては新生銀行FX契約締結前交付書面・新生銀行FX取引ルールを必ずご確認いただき、その内容をご理解のうえご自身の判断と責任において行ってください。詳しくはこちらをご確認ください。

2016年1月からの個人番号(マイナンバー)制度の開始に伴い、FX口座の開設手続きには個人番号のお届出が必要です。必要書類は下記リンクをご覧ください。

レート更新モード設定

パソコンのスペックなど、ご利用の環境に応じてレート更新頻度を設定し、パソコンの負荷をコントロールする機能です。

レート更新の設定

ご利用のパソコン環境に応じて「ハイスペックモード」「ノーマルモード」「自動切替モード」の3モードから設定を選択できます。初期設定は「自動切替モード」が選択されています。

画面サンプル1
モード 内容 制限内容など
ハイスペックモード
ハイスペックモード
チャート描画のリアルタイム性やレート更新間隔を小さくし、FX取引において重要な"スピード"に拘った仕様となっています。新生銀行FX(PCアプリ)が最適なパフォーマンスを得られるようチューニングが行われています。
  • チャート画面,注文/注文訂正, レート一覧, レートパネル, 建玉照会: 8画面
  • その他の画面: 無制限
ノーマルモード
ノーマルモード
チャート画面などの描画頻度を変更し、パソコンへの負荷軽減を目的としたモードになります。
  • チャート画面, 注文/注文訂正画面: 4画面
  • レートパネル: 2画面
  • その他の画面: 1画面
自動切替モード自動切替モード ハイスペックモードでの設定を基本とし、新生銀行FX(PCアプリ)の負荷を検知すると自動的にノーマルモードへ切替を行うモードです。
初期設定は自動切替モードが選択されています。
上記の「ハイスペックモード」と「ノーマルモード」それぞれの仕様に従います。

新生銀行FX(PC)オンラインヘルプのカテゴリー