外国為替証拠金取引(FX)は、少額の証拠金で、その差し入れた証拠金を上回る金額の取引を行うことができ、大きな利益が期待できる反面、通貨の価格変動によっては大きな損失が発生する可能性があります。また、その損失額は、差し入れた証拠金を上回り、不足金の差し入れが必要となる場合があります。お取引に際しては新生銀行FX契約締結前交付書面・新生銀行FX取引ルールを必ずご確認いただき、その内容をご理解のうえご自身の判断と責任において行ってください。詳しくはこちらをご確認ください。

2016年1月からの個人番号(マイナンバー)制度の開始に伴い、FX口座の開設手続きには個人番号のお届出が必要です。必要書類は下記リンクをご覧ください。

チャート

チャートでは、4画面同時表示、トレンド系テクニカル[4種類]、オシレーター系テクニカル[6種類]の表示が可能です。また、チャート上にトレンドラインを描画することができます。

1.4画面チャート

4画面チャートでは、異なる通貨ペア・足種のチャートを組み合わせて同時表示することができます。

4画面チャート

1画面表示

チャートをタップすると、1画面表示に切り替わります。

通貨ペア、足種変更

画面右上の編集ボタンより、4画面チャートに表示するチャートを変更できます。

注文

チャートを1画面表示にし、右上の注文ボタンから発注してください。

2.4画面表示設定

4画面表示設定

4画面表示設定

4画面チャート右上の編集ボタンをタップすると、設定画面に遷移します。4画面表示した際の通貨ペア、足種をそれぞれ変更することができます。

3.テクニカル表示

テクニカル表示

個別チャート右上の設定ボタンをタップすると、チャート設定画面に遷移します。
トレンド系のみ表示したい場合は画面構成の選択を1画面、オシレーター系も表示したい場合は2画面以上を選択してください。

  • 当該チャート設定画面では、通貨ペア・足種・Bid/Askの選択もできます。

4.トレンドラインの描画

トレンドラインの描画

チャート上で長押し(ロングタップ)して、ラインを引きたい方向にスワイプすると描画することができます。また、ライン上をタップすると「調整」と表示されますので、「●」の箇所で長さの変更や位置の変更ができます。

新生銀行FX(スマートフォン)オンラインヘルプ一覧

新生銀行FX スマートフォン向け取引ツールアプリは近日中に公開予定となります。ご不便をおかけして申し訳ございませんが、今しばらくお待ちください。

Androidをご利用のお客さま

Android版 近日公開予定

iPhoneをご利用のお客さま

iPhone版 近日公開予定