外国為替証拠金取引(FX)は、少額の証拠金で、その差し入れた証拠金を上回る金額の取引を行うことができ、大きな利益が期待できる反面、通貨の価格変動によっては大きな損失が発生する可能性があります。また、その損失額は、差し入れた証拠金を上回り、不足金の差し入れが必要となる場合があります。お取引に際しては新生銀行FX契約締結前交付書面・新生銀行FX取引ルールを必ずご確認いただき、その内容をご理解のうえご自身の判断と責任において行ってください。詳しくはこちらをご確認ください。

2016年1月からの個人番号(マイナンバー)制度の開始に伴い、FX口座の開設手続きには個人番号のお届出が必要です。必要書類は下記リンクをご覧ください。

口座情報

口座状況が表示されます。自動更新されますので、リスク管理にお役立てください。

画面説明

各項目、用語の説明は下記表をご参考ください。画面下ピンク色の番号が表の番号に対応しています。

画面サンプル1

NO. 用語 説明
1 純資産 受入証拠金+未決済建玉評価損益+入出金予定額+未受渡売買損益+未受渡スワップの合計金額。
2 受入証拠金 現在の口座残高の合計。
3 未決済建玉評価損益 現在保有中の建玉を時価評価した損益合計。
受入証拠金に反映されるのは、決済時のみとなります。ただし純資産額には即時反映されています。
4 入出金予定額 現在のサービスではこの項目は使用しません。
  • 常時0円表示となっています。
5 未受渡売買損益 決済後、まだ受け渡しが行われていない売買損益。
6 未受渡スワップ 発生後、まだ受け渡しが行われていないスワップ損益。
7 有効証拠金 純資産−証拠金計の金額。新たに取引できる余力の金額を表しています。
8 必要証拠金 現在保有中の建玉の証拠金の合計金額。
9 注文中証拠金 現在注文中(新規未約定)の必要証拠金合計金額。
10 証拠金計 必要証拠金と注文中証拠金を合計した金額。
11 証拠金維持率 純資産÷建玉必要証拠金×100
結果は「〜%」で表示されます。
  • レバレッジ25倍コースにおいて、追証判定時(毎FX営業日のニューヨーク市場クローズ時点)に証拠金維持率が100%を下回ると追証が発生し、取引時間中に50%を下回るとロスカットが執行されます。
12 レバレッジコース 設定中のレバレッジコースが表示されます。
13 レバレッジ 総建玉代金÷純資産
結果は「〜倍」で表示されます。
(総建玉代金=建玉数量×現在レート)
14 プレアラート基準額 証拠金維持率がロスカット水準の設定値+50%となる金額が表示されます。
15 アラート基準額 証拠金維持率がロスカット水準の設定値+20%となる金額が表示されます。
16 ロスカット基準額 設定中のロスカット水準に値する金額が表示されます。
純資産額がこの金額を下回った場合には、全ての建玉が決済されます。
  • なお、純資産額の計算は一定間隔での時価評価で行われる関係上、当初のロスカット基準額と乖離する可能性がありますので、ご注意ください。
17 前日最終純資産 追証判定時(毎FX営業日のニューヨーク市場クローズ時点)の純資産額。
18 追加証拠金額 追証の発生金額。
19 維持必要証拠金額 追証判定時に必要な証拠金額。
20 充当額 入金、及びポジション決済により、解消している金額。
21 追加証拠金未解消額 追証が発生した場合、解消するために必要な証拠金額。

新生銀行FX(WEBブラウザ)オンラインヘルプのカテゴリー