外国為替証拠金取引(FX)は、少額の証拠金で、その差し入れた証拠金を上回る金額の取引を行うことができ、大きな利益が期待できる反面、通貨の価格変動によっては大きな損失が発生する可能性があります。また、その損失額は、差し入れた証拠金を上回り、不足金の差し入れが必要となる場合があります。お取引に際しては新生銀行FX契約締結前交付書面・新生銀行FX取引ルールを必ずご確認いただき、その内容をご理解のうえご自身の判断と責任において行ってください。詳しくはこちらをご確認ください。

2016年1月からの個人番号(マイナンバー)制度の開始に伴い、FX口座の開設手続きには個人番号のお届出が必要です。必要書類は下記リンクをご覧ください。

リーブオーダー

『リーブオーダー』注文とは

希望価格を指定して注文を出すことをいい、「指値注文」と「逆指値注文」を総称した注文です。『指値』注文とは、買い注文であれば指定した価格以下、売り注文であれば指定した価格以上での約定となります。(証拠金不足等により約定しない場合もあります。)
『逆指値』注文とは、買い注文であれば指定した価格以上、売り注文であれば指定した価格以下での約定となります。 逆指値注文は一般的に、『損失限定』や『利益確定』に利用されます。

  • 「逆指値」注文は、相場の急変時等、発注レートよりも不利なレートで約定する場合(スリッページ)があります。

発注イメージ(決済)

発注イメージ(指値)

発注イメージ(逆指値)

画面・発注手順説明

画面上部の【注文】メニューから、新規の場合は「新規注文」、決済の場合は「決済注文」から【リーブオーダー】を選択してください。

画面サンプル1

新規注文の発注方法

画面サンプル2

STEP 1
画面上部の注文から「リーブオーダー」を選択します。
STEP 2
2番のプルダウンで「通貨ペア」を選択します。
STEP 3
3番の売買で「売」「買」を選択します。
STEP 4
4番の執行条件で「指値」「逆指値」を選択します。
STEP 5
5番で「発注レート(半角数字)」を入力します。
STEP 6
6番で「発注数量(半角数字)」を入力します。
STEP 7
7番の「有効期限」を本日中・今週中・期限なしから選択します。
STEP 8
上記項目を入力したら【確認】ボタンを押します。
STEP 9
下記確認画面で発注内容を確認し、問題なければ【注文を執行】ボタンを押します。次画面で発注が完了したことを確認してください。

画面サンプル3

画面サンプル4

決済注文の発注方法

画面サンプル5

STEP 1
決済したい通貨ペア明細の決済数量欄に数量を入力します。
  • 全て決済したい場合は【全数量】ボタンを押すと「建玉数量」から「注文中数量」を除いた数量が入力されますので状況に応じてご活用ください。
STEP 2
数量を入力したら画面下部の【リーブオーダー】ボタンを押します。

画面サンプル6

STEP 3
1番の執行条件で「指値」「逆指値」を選択します。
STEP 4
2番で「発注レート(半角数字)」を入力します。
STEP 5
3番の「有効期限」を本日中・今週中・期限なしから選択します。
STEP 6
上記項目を入力したら【確認】ボタンを押します。
STEP 7
下記確認画面で発注内容を確認し、問題なければ【注文を執行】ボタンを押します。次画面で発注が完了したことを確認してください。

画面サンプル7

画面サンプル8

注文に関する注意事項

スリッページ
注文を出した価格と成立した価格との差のことを指します。

相場の急落、急騰など市場状況によりこのスリッページが大きくなる場合もありますので、あらかじめご了承ください。

  • ASストリーミング注文、ストリーミング注文と異なり、スリッページの設定は不可です。スリッページに制限はありません。

新生銀行FX(WEBブラウザ)オンラインヘルプのカテゴリー