BACK NUMBER

<こちらも注目>

資産運用の第一歩はどう踏み出した?スタッフの経験談や失敗談などをご紹介。

はじめての運用編 / 金融知識・勉強編』も、是非ご覧ください。

【スタッフ発信情報】のTOPへ

スタッフ発信情報 スタッフ発信情報

(梅田店)資産運用は初めてというお客さまに「投信積立」 (梅田店)資産運用は初めてというお客さまに「投信積立」

スタッフ

profile

梅田店
鈴木 直樹 (スズキ ナオキ)

※所属店舗、部署は、取材・制作日時点のものです。

当行にお預けいただいている円定期預金が満期になるということで、その満期資金の運用相談でご来店いただきました。

お話を伺うと、満期の資金は住宅購入の頭金に使うかもしれないので、今は運用に回すことはできないが、資産運用には興味があり始めてみたい。しかし、現状ではまとまった資金がないので何かいい提案はないかとのご相談もいただきました。

資産運用は初めてということでしたので、お客さまのご意向やリスク許容度などをしっかり確認し、特別に資金を用意する必要もなく、月1万円から始められて、一定の条件を満たせば投資信託の申込手数料が0円になる当行独自のサービス「NISAプラス」もご利用いただける投信積立をご紹介しました。

ここに注目!

積立であれば、ドルコスト平均法により、平均購入単価を平準化できるので、初心者の方にはおすすめの投資手段の一つです。当行の積立投信は、気に入った銘柄をお客さまが決めた日に毎月一定額、自動引落しで購入できるので便利です。
もちろん、たとえ投資金額が少額であっても投資にはリスクがあります。このお客さまにも直近1年の間に、チャイナショックやイギリスのEU離脱等でマーケットが非常に動いた旨をご説明しました。今後も相場は大きく動く可能性があるので、はじめはまず少額から始めてみることをご提案したところ、お客さまからも「まとまった資金を一度に運用するわけではないので安心感があります。万が一のことがあっても無理のない範囲で運用していれば問題なさそうです。」とリスクなどもご理解の上、お申し込みいただきました。最初は1万円から初めて、状況を見て金額や銘柄も増やしてくことにされるとおっしゃっておられました。

もっと知っていただけるように

積立は少額から始められて、「ドルコスト平均法」の効果で平均購入単価を抑えられますが、リスクに対して万能ではありません。
定期的に現状をチェックして、必要ならば売却したり、銘柄などを見直すといった判断も欠かせません。店頭では、計画的に資産運用を行っていけるようお客さまに合ったアドバイスを行っておりますので、気になる点、質問などございましたらいつでもご来店ください。

(取材・制作:2016年8月22日)

■紹介した商品やサービス

ご紹介したサービスを、もっと知っていただき、活用して頂きたいと思っています。
新生銀行を使いこなしてください!

担当者:梅田店 鈴木 直樹 (スズキ ナオキ)

関西の美味しいものを探して大阪府内だけでなく近隣の府県まで車でよく出かけます。
最近は行列に並ぶのも苦にならなくなってきました。
雑誌などで取り上げられるお店から知られざる穴場まで、私の基準のおススメでよろしければ、いつでもご紹介します!

店舗紹介:梅田店

阪急グランドビルの2階・19階にあります。隣には阪急百貨店があるのですぐにお分かりいただけると思います。お買い物に来られたついでや、お仕事帰りにご来店いただけるお客さまも多くいらっしゃいますので梅田にお越しの際はぜひお立ち寄りください。
平日は9時~17時まで、ご予約をいただければ平日は18時半まで、土曜日もご相談を承ります。
ぜひお気軽にご相談、ご来店ください。