BACK NUMBER

<こちらも注目>

資産運用の第一歩はどう踏み出した?スタッフの経験談や失敗談などをご紹介。

はじめての運用編 / 金融知識・勉強編』も、是非ご覧ください。

【スタッフ発信情報】のTOPへ

スタッフ発信情報 スタッフ発信情報

(リテール商品部)ロボアドバイザーの魅力 「THEO+ 新生銀行」 (リテール商品部)ロボアドバイザーの魅力 「THEO+ 新生銀行」

スタッフ

profile

リテール商品部
長澤 香奈子(ナガサワ カナコ)

2017年11月から取扱いを開始した「THEO+ 新生銀行」。
新生銀行の店頭ではポスターやチラシを設置し、お客さまにご案内しています。

これらをご覧になられたお客さまからは、ロボアドバイザーに興味を示されたり、「これから資産運用を始めるにあたって利用を検討してみたい」といったお声を頂いてます。

また新生銀行の本店では、ご来行されたお客さまをお迎えする総合受付カウンターに「THEO+ 新生銀行」のパンフレットを設置していますが、わずか数日で、受付の方から「もうパンフレットがなくなりそうです!」と連絡があったほどです。こんなに早くパンフレットがなくなった商品は珍しく、「THEO+新生銀行」への皆さまの関心の高さもうかがえます。

(※「THEO+ 新生銀行」は、株式会社お金のデザインの提供する投資一任運用サービスです)

パンフレット

ここに注目!

「THEO+ 新生銀行」は、お客さまが年齢や金融資産額などの基本的な質問に答えるだけで、ロボアドバイザーが世界の約6,000のETF(上場投資信託)の中から最適と思われる組み合わせを提案・運用してくれます。またスマートフォンでの簡単な手続きで1万円から始められ、手数料も預かり資産額の1.08%(年率・税込)とお手頃なコストで運用が可能です。

ロボアドバイザーにお任せで、しかも1万円から国際分散投資ができることから、投資経験がほぼ未経験のお客さまが、「資産運用の第一歩」としてご活用することも多いようです。(お金のデザイン社調べ・詳しいデータ等は、「こんなひとがTHEO[テオ]をはじめています!」をご覧ください)。

新生銀行の店頭でも、お客さまから、さまざまなご意見を頂いています。

福岡支店 帰山 太亮

福岡支店 帰山 太亮

お客さまから、「THEO」は新生銀行が取り扱う前から注目していた。もちろんロボアドバイザーが提案するポートフォリオでも元本割れのリスクがあることはわかっている。ただ低コストだし、自動的にいろいろとやってくれる点に興味がある。とのお声を頂きました。

二子玉川支店 加藤 千佳

二子玉川支店 加藤 千佳

店頭に設置してある、チラシを興味深くお読みになるお客さまもいらっしゃいます。また先日は、当行で開催した「THEO+ 新生銀行」のセミナーに参加された方から、「セミナーはわかりやすかった。話を聞いてみて、やってみようと思った」。とのお声も頂きました。

もっと知っていただけるように

新生銀行では、2017年11月に「THEO+新生銀行」のセミナーを開催しましたが、セミナーには、これから運用をはじめたいとお考えのお客さまのほか、充分な資産運用の経験や知識、ご資産をお持ちのお客さまも多くご参加されました。

二子玉川支店 加藤 千佳

アンケートでも、「すでにいろいろと投資・運用しているが、今回ロボアドバイザー運用も資産のポートフォリオに組み入れておきたい」、「幅広い国際分散投資と定期的な運用先の見直しをしてくれるなら、THEOを使うことで、これらの資産配分と資産のメンテナンスがお任せで可能になるのでは?期待できそうだ」と、いったお考えを伺うことができました。また、「日々仕事の事などで忙しいので運用はロボットでお任せできるなら時間効率の面で、おカネに匹敵する価値がある」とのご意見もありました。

私もセミナーに立ち会って話を聞きましたが、ポートフォリオの見直しの方法や運用理論、さらにコストを抑えるためのさまざまな手法など、数多くの学びがありました。今後もホームページの拡充や、情報発信の機会を増やして、より多くのお客さまに「THEO+新生銀行」を知っていただけるようにしたいと思います。

(取材・制作:2018年2月28日)

「THEO+[テオプラス]新生銀行」は、「株式会社お金のデザイン」の提供する投資一任運用サービスです。当行はお客さまと「株式会社お金のデザイン」との投資一任契約締結の媒介を行います。したがってお客さまの契約の相手方は「株式会社お金のデザイン」となります。「THEO+[テオプラス]新生銀行」は、預金ではなく、預金保険制度の対象ではありません。また、投資元本が保証されているものではありません。詳しくはサービス概要をご確認ください。

■紹介した商品やサービス

ご紹介したサービスを、もっと知っていただき、活用して頂きたいと思っています。
新生銀行を使いこなしてください!

担当者:リテール商品部 長澤 香奈子(ナガサワ カナコ)

新卒で入行し、店舗勤務を経てリテール商品部へ。その後、他部署への異動もありましたが、再びリテール商品部に復帰し累積すると10年以上リテールの商品サービスに携わっていることになります。学生時代に銀行に就職すると話した時には友人から、そんなにおおらかな性格なのに金融機関で働けるの?と心配されましたが、(自己評価では)元々オタク気質で凝り性なので、長年続けられているのではないかと思っています。

プライベートでは5歳と2歳の娘がいます。会社で金融の法律などを読み込んだ直後に、3人乗り自転車に乗りながらダンゴムシやバナナムシの話を娘から聞くという日々を過ごしています。

部署紹介:リテール商品部

預金商品・投資信託・仕組債・保険等、新生銀行で個人のお客さまにご提供しているあらゆる運用商品の企画管理を行っている部署です。その時のマーケット状況やお客さまのニーズにあわせ、さまざまな商品を提供できるよう日々情報収集に努めています。こう書くと華やかそうにも見えますが、お客さまの大切なご資金を管理する業務であり、細かな事務作業がほとんどです。そのため部内には「職人肌」の人が多いように思います。

<手数料等諸費用及びリスクについて>

  • 投資一任契約に関する投資一任運用報酬は預かり資産の円貨換算時価残高に対して最大1.08%(税込・年率)を乗じた金額となります。なお、キャンペーン期間を設け、投資一任運用報酬を減ずる場合があります。組入ETFの海外における売買手数料及び為替手数料ならびに取引所手数料等の諸費用につきましては当社が負担いたします。なお、組入ETFが直接間接に負担する運用報酬、売買手数料等の費用につきましては間接的にご負担いただきます。これらの費用の合計額は銘柄、組入高等によって異なりますので、事前に料率または上限額を表示することができません。
  • 投資一任契約では主に外国籍の上場投資信託(ETF)を組み入れますので、組入ETFの価格変動リスク、信用リスク等のほかに為替リスク、取扱金融機関に係るリスク等があります。組み入れたETFの基準価額の下落、為替変動等により損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。したがって、投資元本が保証されているものではありません。
  • ご契約にあたっては、契約締結前交付書面、投資一任契約書および投資一任契約細則等をよくお読みください。