BACK NUMBER

<こちらも注目>

お客さまに喜んでいただいた商品やサービスを、エピソードとともにスタッフが紹介。

スタッフのおすすめ 新生銀行の好評・お役立ちサービス』も、是非ご覧ください。

【スタッフ発信情報】のTOPへ

スタッフ発信情報 スタッフ発信情報

(池袋店)自分で考えて調べることが大切。ひとつのことを徹底的に掘り下げて調べてみることも有効 (池袋店)自分で考えて調べることが大切。ひとつのことを徹底的に掘り下げて調べてみることも有効

スタッフ

profile

池袋店
新井 遥香 (アライ ハルカ)

高校生のときに「テストで学年1位を取り続ける!」との目標を3年間実現し続けました。座右の銘は、やはり「有言実行」です。

接客の際には相手の目を見る。少しでも表情が曇ったように見えたら、その都度お声掛けするなど、お客さまからの微かなサインや心の声を察知できるように心がけています。

※所属店舗、部署は、取材・制作日時点のものです。

入行したての頃は、知識不足を痛感し、新聞に書いてあることをしっかり理解するために、早起きして調べながら読んだこともありました。今もわからないことはその日のうちに調べて解決するようにしています。

普段は幅広く情報収集に努めていますが、時にはテーマや商品を決めて、それについて掘り下げて、徹底的に調べる時間をつくるようにしています。そうすることで、自分の理解が不足している領域に気が付くことがあります。また、その際にはできるだけ、自分で考えて調べるようにしています。こうすることで、得た知識が忘れにくくなるのはもちろんですが、新たな情報収集方法が発見できることもあります。

現在、わたしが日々行っていることを中心に、普段どのように情報収集をしているか、また金融知識を得るための取り組みなどもご紹介します。「金融の知識がないから資産運用なんて・・・」と思っている方に、少しでも参考にしていただければと思います。

私の知識・情報習得法1:新聞の読み合わせ

コンサルティングに携わるスタッフとしては当然ですが、店舗では毎朝、新聞の読み合わせを行っています。

入行当初は知識不足を痛感し、朝5時に起きて出社前に新聞を読み込み、わからないことを調べて、、と予習をしてから臨むようにしました。振り返ると、先輩などから書いてあることはこうだよ・・・と教えられるだけよりも、大変でも自分で調べる苦労をした方が、知識の習得には効果的だったと実感しています。

私の知識・情報習得法2:マーケット情報のテレビ番組

毎朝のテレビのマーケット情報番組は録画して欠かさず見ています。知識の習得に役立つのはもちろんですが、多くの情報をいかに、短時間でわかりやすく説明できるか?までを意識しています。

物事をきちんと理解できていないと、情報をテレビのように、短かく、わかりやすく話すことはできないはずです。重要と思った情報については「要所をきちんと押さえて」かつ、「短く」さらに「わかりやすく」お客さまに説明できるようになるまで、しっかり調べるように努めています。

また、休日家でテレビを見たりしたときでも、接客をイメージして問答をアタマの中で繰り返しているときがあります。そんなときでも、わからないことが出てくると、つい気になって調べてしまいます。
知識が増えることは、自分のため、そしてお客さまのため!と思うと、自然と身体とアタマが動きます。

私の知識・情報習得法3:徹底的に調べてみる

普段は幅広く情報収集に努めていますが、時にはテーマや商品を決め、それについて掘り下げて徹底的に調べる時間をつくるようにしています。そうすることで、わかっているつもりでも、実際にはまだまだ理解が不足している領域があることに気が付くことがあります。
また、その際にはできるだけ、自分で考えて調べるようにしています。こうすることで、得た知識が忘れにくくなるのはもちろんですが、新たな情報収集方法が発見できることもあります。

たとえば、最近ですと、保険業界について掘り下げ、より詳しく調べてみたりしました。

私の知識・情報習得法4:投資信託の運用会社作成のレポート

特に、「投資環境」に関する記述に目を通すようにしています。お客さまもご自身が保有されている投資信託のレポートはご覧になったことがあるかと思いますが、たとえば、REITで運用している投資信託をお持ちの場合なら、ほかのREITファンドのレポートもご覧になってみてはいかがでしょうか。着眼点などは参考になることがあります。

学びのツボ
買って学ぶことも

お客さまの中には、「実際に商品を購入してから、マーケットのことを気にするようになった」、「買ってから真剣に勉強するようになったよ!」と仰るお客さまも少なくありません。値動きのある商品だと、マーケットのことやそれらが商品にあたえる影響について、もっと知りたくなるものですよね。

そのため、こちらも、常に、商品を購入されるお客さまの立場に自分を置き換えて、必要な情報を集めたり、商品の説明方法を考えるようにしています。

これから運用について勉強される方も、たとえば実際に購入しなくても、ある商品を選んで、コレを実際に買うなら・・・と購入に当たっての疑問点や、知りたいことを具体化させてみるのもよいかもしれません。もちろん、その疑問点は店舗にて質問していただければ私達がお答えします!

自身の運用

大学生の時に損保会社で長くアルバイトをしていた経験から、就職活動の当初から金融業界に興味がありました。ただ、損保会社で取扱う商品群にくらべて、銀行は預金や投資信託、保険など、より多くの商品を取り扱えるため、銀行に魅力を感じるようになりました。

その夢が叶って、さまざまな提案ができるので、本当に銀行に入って良かったと思っています。ただ、そのかわり、商品に関する勉強も大変ですね。

今の関心事

グローバルに好材料・悪材料が混在する不透明な市場環境ですので、ピンポイントで運用先を選定するのは難しいと感じています。このようなときには、たとえばラップファンドなどのような商品の強みが発揮されるのかもしれないと思っています。

(取材・制作:2016年1月15日)

店舗情報

池袋店(フィナンシャルセンター)

店内風景当店は、東武百貨店・東京芸術劇場等があるJR池袋駅西口、ビックカメラ池袋西口店の隣。駅の出入口から近距離で、雨の日でもご来店して頂きやすい好立地にあります。
営業時間は平日9 時から17時まで、また、ご予約のお客さまは平日18時までご資産のご運用相談を承ることができます。もちろん、来店のご予約は営業時間帯でも可能ですので、ぜひお気軽にご相談、ご来店ください。

<住宅ローンの取り扱い>店舗内に設置のテレビ電話にてご相談を承ります。回線が混みあっている場合はお待ちいただく場合がございます。

所在地
〒170-8653  東京都豊島区西池袋1-17-10
最寄駅
東京メトロ、JR各線、東武東上線 西武池袋線 徒歩約2分

株式、債券、金利、為替、REIT等、マーケットの変動がその価格等に影響を及ぼす金融商品を購入する際は、必ず個別金融商品の商品説明書等をご覧・ご確認いただき、マーケットの動向以外に、各金融商品にかかる元本割れなどの固有のリスクや各種手数料についても十分ご確認いただいた上でご判断ください。

  • 店舗一覧
  • 来店のご予約はこちら
  • 店舗一覧
  • 来店のご予約はこちら