投資信託には元本割れとなるリスクなどがあります。詳しくはこちらをご確認ください。

ジュニアNISA

ジュニアNISAは新生銀行で!

ジュニアNISA口座開設は店頭のみ(東京・堺東を除く)でのお取扱となります。

ジュニアNISAとは

日本にお住まいの、0歳〜19歳の方が開設できます。

  • ジュニアNISA口座開設年の1月1日時点で19歳以下の方が対象となります。
  • ジュニアNISA口座は、全ての金融機関を通じてお一人さま1口座のみ開設できます。
  • ジュニアNISA口座は、金融機関の変更ができません。

ジュニアNISA口座でご購入いただく公募株式投資信託の普通分配金や譲渡益が非課税になります。

  • 新生銀行では店頭取扱の国内籍公募株式投資信託のみが対象となります(単位型を除く)。

非課税期間は投資した年から最長5年間です。


非課税枠は毎年80万円(5年間で最大400万円)まで、投資可能期間は2016年4月から2023年12月末までです。

  • 非課税枠の残額を翌年以降に繰り越すことはできません。

18歳までは原則として払出しに制限があります。

  • ジュニアNISA口座からの払出しは、3月31日時点で18歳である年の前年の12月31日までできません。
  • 払出制限期間中に払い出す場合、災害等のやむを得ない場合を除き、過去に非課税とされた「普通分配金」や「譲渡益」に対して課税されます。また、全部解約のみとなり、ジュニアNISA口座が廃止されます。

運用管理者※が未成年者ご本人に代わって運用・管理を行います。

  • 当行の場合、法定代理人のうちお一人が運用管理者となり、お取引を指図できます。他の法定代理人はお取引の指図を行うことはできません。
    運用管理者となる方は、ジュニアNISA口座開設のお申込の段階で運用管理者ご本人の新生総合口座パワーフレックスをお持ちいただいている必要がございます。

ジュニアNISA口座イメージ 年齢による変化

ジュニアNISA口座イメージ 年齢による変化

  1. *1 3月31日時点で18歳である年の前年の12月31日
  2. *2 1月1日時点の年齢が20歳である年
  • 20歳の誕生日の前日以降、(未成年者であった)ご本人さまによる運用管理となるため、金融商品取引法に基づく適合性をご本人さまに確認させていただきます。ご本人さまの適合性が確認できるまでは、ご購入の注文をすることができません。

ジュニアNISA口座イメージ ジュニアNISA口座の仕組み

ジュニアNISA口座イメージ ジュニアNISA口座の仕組み

ジュニアNISA口座の非課税投資枠について

1

同年内であれば、1度に80万円の投資(一括投資)を行うことも、分割して合計80万円の投資(分割投資)を行うこともできます。

一括投資 分割投資 イメージ

  • 当行のジュニアNISA口座では、投信積立は行っておりません。
  • 当行のジュニアNISA口座では、分配金を再投資する「再投資コース」のみとなります。
  • 分配金の再投資も購入とみなします。
  • 再投資によって1年間の非課税投資枠を超えた部分は課税未成年者口座*(一般口座・特定口座)での受入となります。

*1 詳細は「当行のジュニアNISA口座のしくみ」をご覧ください。

2

投資の一部を解約した場合、非課税投資枠を再利用することはできません。

再利用不可 イメージ

  • 解約代金は課税未成年者口座*1(円普通預金)でのお受取となります。

*1 詳細は「当行のジュニアNISA口座のしくみ」をご覧ください。

3

1年の間に非課税枠の80万円上限まで投資しなかった場合、残っている非課税枠を翌年以降に繰り越すことはできません。

繰り越し不可 イメージ

ジュニアNISA口座から課税未成年者口座に移行した場合の注意点

  • 非課税期間終了後の時価を投資元本とみなすため、それ以降の値上がり益、収益分配金に対しては課税されますのでご注意ください。

ジュニアNISA口座から課税未成年者口座に移行した場合の注意点

  • ジュニアNISA口座での損失については、他の口座(一般口座・特定口座)との損益通算はできません。

口座開設から投資開始までの流れ

口座開設から投資開始までの流れ

  1. *1 運用管理者となる方は、「ご来店日」の段階で運用管理者ご本人の新生総合口座パワーフレックスをお持ちいただいている必要がございます(「ご来店日」に新生総合口座パワーフレックスを開設いただくことも可能です)。
  2. *2 すでにパワーフレックス口座(未成年者ご本人名義)をお持ちの方は、新たにパワーフレックス口座を開設いただく必要はございません。

当行のジュニアNISA口座のしくみ

  • ジュニアNISA口座専用口座(未成年者ご本人名義)とは別に、パワーフレックス口座(未成年者ご本人名義)をお持ちいただく必要がございます。
  • ジュニアNISA口座専用口座(未成年者ご本人名義)については、法定代理人のうちお一人が運用管理者となり、運用・管理いただきます。他の法定代理人は運用・管理を行うことはできません。
  • 運用管理者となる方は、ジュニアNISA口座開設のお申し込みの段階で運用管理者ご本人の新生総合口座パワーフレックスをお持ちいただいている必要がございます。

当行のジュニアNISA口座のしくみ

  • 投資信託口座の開設はできません。
  • ご本人の1月1日時点の年齢が20歳である年に口座の解約をお願いいたします。
  • ジュニアNISA専用パワーフレックス口座では投資信託取引以外のお取引はできません。
  • 投資信託のお取引は店頭のみとなります(お電話・インターネット(新生パワーダイレクト)での投資信託取引等はできません)。
  • ご本人の1月1日時点の年齢が20歳である年から、ジュニアNISA口座は自動的にNISA口座になります。同時に、ジュニアNISA口座専用口座は新生総合口座パワーフレックスとしてご利用いただけます。

ジュニアNISA口座の開設に必要な書類

  • ジュニアNISA口座は店頭(東京・堺東を除く)でのみの開設となります(郵送等での開設は受け付けておりません)。
  • 原則として、法定代理人お二人でご来店ください。

運用管理者となる方は、ジュニアNISA口座開設のお申し込みの時点で運用管理者ご自身の新生総合口座パワーフレックスをお持ちいただいている必要がございます。

法定代理人全員の自署、ご捺印が必要な書類 ※書類は店頭(東京・堺東を除く)にご用意しております。

  • 法定代理人による取引の届出書
  • 未成年者口座に係る運用管理者届出書 兼 運用管理者変更届出書 兼 資金の帰属に関する確認書

□ 運用管理者のキャッシュカード(すでに口座をお持ちの場合)、お届出印またはお届出ご署名

□ 未成年者用のキャッシュカード(すでに口座をお持ちの場合)、お届出印

□ 運用管理者の本人確認書類(以下(1)から(7)のいずれかの原本)

□(1)個人番号カード □(2)運転免許証 □(3)パスポート □(4)在留カード
□(5)特別永住者証明書 □(6)住民基本台帳カード
□(7)上記(1)から(6)の書類をお持ちでない方は、次の書類の中から2点以上の書類

□ 健康保険被保険者証
□ 国民年金手帳( 住所、氏名、生年月日、書類の発行者・有効期限もしくは発行日が記載されているページをご提示ください)
□ 住民票の写し、住民票記載事項証明書( 個人番号(マイナンバー)の記載は不要です)
□印鑑登録証明書

□ 未成年者の個人番号(マイナンバー)および本人確認書類

1. 「個人番号カード(写真付き)」をご利用される方

□ 個人番号カード

2. 「通知カード」をご利用される方

□「通知カード」

以下の[A]または[B]いずれかの原本をご持参ください。

[A] 以下の写真付き確認書類(いずれか1点

□ 運転免許証 □ パスポート □ 在留カード □ 特別永住者証明書

[B] 以下の確認書類(いずれか2点

□ 健康保険被保険者証 □ 国民年金手帳 □ 住民票の写し、または、住民票記載事項証明書(コピー不可、原本が必要です
□ 印鑑登録証明書(コピー不可、原本が必要です

3. 個人番号(マイナンバー)の記載のある「住民票の写し」または「住民票記載事項証明書」(コピー不可、いずれも原本が必要です)をご利用される方

□「 住民票の写し」または「住民票記載事項証明書」(氏名・生年月日・男女の別・住所および個人番号(マイナンバー)が記載されたものに限ります)

以下の写真付き確認書類(いずれか1点)をご持参ください。

□ 運転免許証 □ パスポート □ 在留カード □ 特別永住者証明書

□ 法定代理人と未成年者の続柄を確認できる書類

1. 法定代理人がお二人の場合

以下のいずれか1点をご持参ください。
□住民票の写し

  • 未成年者と法定代理人お二人(父・母)の記載があり、法定代理人との続柄(「子」など)が記載されていること。
  • ご本人さま記載ページだけではなく、発行日、発行者印のあるページまですべてご持参ください。複数ページで発行されたものは、切り離さずそのまますべてご持参ください。
  • 未成年者と法定代理人お二人(父・母)の三人全員が同一の世帯でない場合は、戸籍謄本もご持参ください。

□ 健康保険被保険者証

  • 未成年者と法定代理人お二人(父・母)の記載があり、法定代理人との続柄(「子」など)が記載されていること。続柄は「家族」では受付できません。
  • 訂正箇所には健康保険組合等の発行者印の押印が必要です。住所訂正が行われても発行者により押印されない場合やシールによる訂正をされている場合は受付できません。

□戸籍謄本(全部事項証明書)と附票

  • 未成年者と法定代理人との続柄(「子」など)が記載されていること。
  • 複数ページで発行されたものは、切り離さずそのまますべてご持参ください。
  • 必ず附票もご持参ください。

2. 法定代理人がお一人の場合

□ 戸籍謄本(全部事項証明書)と附票

  • 成年者と法定代理人との続柄(「子」など)が記載されていること。
  • 複数ページで発行されたものは、切り離さずそのまますべてご持参ください。
  • 必ず附票もご持参ください。

□ 運用管理者ではない法定代理人のお届出印またはお届出ご署名、およびキャッシュカード

  • 新生総合口座パワーフレックスをお持ちでない場合は以下の2点が必要となります。

□ 運転免許証等(氏名・現住所・生年月日の確認できる顔写真付の本人確認書類) □ 認印

  • 運用管理者ではない法定代理人がご来店できない場合は以下の2点が必要となります。

□ 印鑑登録証明書(コピー不可、原本が必要です) □ 実印(印鑑登録証明書に登録してある印)

  • 住民票の写しに、未成年者と法定代理人お二人の氏名・続柄の記載がある場合、それぞれの確認書類として兼用いただけます。
  • 上記は、いずれも有効期限内または発行後6ヵ月以内のものに限ります。

「ジュニアNISA」に関するお問い合わせは 新生パワーコール 0120-456-007

ジュニアNISA口座について

  • ジュニアNISA口座は、全ての金融機関を通じてお一人さま1口座のみ開設できます。
    なお、ジュニアNISA口座の開設には、個人番号(マイナンバー)のお届出が必要です。
  • ジュニアNISA口座は、金融機関の変更ができません(ジュニアNISA口座廃止後の再開設は可能です)。
  • 新生銀行では店頭取扱の国内籍公募株式投資信託のみが対象となります(単位型を除く)。
  • ジュニアNISA口座は日本にお住まいの、口座を開設する年の1月1日現在で0歳から19歳の方が対象です。
  • ジュニアNISA口座では、毎年新たに非課税枠(年間80万円)が設定され、一度売却するとその非課税枠の再利用はできません。
  • ジュニアNISA口座の非課税枠の未使用分は翌年に繰り越すことはできません。
  • ジュニアNISA口座での損失は税務上ないものとみなされるため、損益通算・繰越控除はできません。
  • 投資信託の分配金のうち元本払戻金(特別分配金)については元々非課税のため、ジュニアNISA制度上のメリットは享受できません。
  • ジュニアNISA口座では、口座名義人のご資金のみお取り扱いが可能です。
  • ジュニアNISA口座の運用は、運用管理者が未成年者の代理として運用の指図を行います。
  • 未成年者ご本人の年齢が3月31日時点で18歳である年の前年の12月31日まで(払出制限期間)は原則払出しはできません。払出制限期間中に払出しを行う場合は、過去に非課税が適用された譲渡益・普通分配金に対して課税されます。ただし、災害等のやむをえない事由により払出しを行う場合は課税されませんので、災害等の事由に該当する場合は税務署で発行される確認書類をお持ちください。
  • 未成年者ご本人の1月1日時点の年齢が20歳である年から、ジュニアNISA口座は自動的にNISA口座になります。また、ジュニアNISA専用口座は新生総合口座パワーフレックスとしてご利用いただけます。

投信口座開設資料請求

新生銀行総合口座をお持ちのかた

投資信託口座開設

新生銀行は、運用デビューを応援します!最大2万ポイントプレゼント!

投信口座をお持ちのかた

NISA口座開設

NISA口座乗換え

NISA口座のご利用なら、「NISAプラス」でおトク!投信申込手数料が0円に!

ファンドを選ぶ・探す

すぐにお取引

口座をお持ちの方

ログイン

インターネットでのお取引手順

口座をお持ちでない方

口座開設

まずは相談する

お店で相談する

来店予約

お近くの店舗を探す

受付時間:平日9時〜17時

  • 受付時間は店舗により異なります

お電話での相談

0120-456-007

受付時間:平日 8時〜20時

土日・祝日 10時〜18時

  • 土日・祝日は各種照会サービスのみ。お取引は承っておりません。
音声ガイダンスのご案内