資産承継・相続

親子で考える「相続 無料相談会」

親子で考える「相続 無料相談会」 「遺す方」と「引き継ぐ方」でそれぞれの準備を一緒にしませんか?

少子高齢化・医療の発達に伴い、
最近の相続では相続人・被相続人共に高齢化が進んでいることが増えています。

相続税制の改正など相続には、きちんと知っておくべきポイントがたくさんあります。

こんな相続のお悩み、ございませんか?

子供たちに迷惑がかからないかしら・・相続税ってどれくらい支払う必要があるのかしら?
相続への備えって言ったって・・、そもそも何をすればいいの?

遺す私はどんな備えをしたらいいの?

親子 イメージ

相続のことなんて、きちんと親子で話したことないなぁ・・
両親は相続のための備えをしてるんだろうか?
相続税制が改正されたって聞いたけど、私たちにも影響あるのかなぁ。

受け継ぐ私たちは何に気をつけたらいいの?

親子で悩みを一緒に聞いて、相続に関する不安を解消しましょう。新生銀行の【相続 無料相談会】ぜひ親子でご参加ください。

新生銀行ではみなさまのお悩みを解決するため、
相続専任のコンサルタントが、「相続 無料相談会」でご相談を承ります。

「相続 無料相談会」を
予約する(電話)

0120-456-559

受付時間:24時間365日

遺す私はどんな備えをしたらいいの?

両親

相続で子供に迷惑かけたらどうしようかしら・・
充分な納税資金を用意しましょう。生命保険の活用も有効です。

コンサルタント


両親

遺産分割が不安だわ・・
遺留分に配慮した遺言の活用も有効です。
申告・納税期限までに遺産分割協議が整わなければ、相続人自身が納税資金の準備をしなければならない可能性があります。
納税資金は受取人固有の財産であり、原則として、遺産分割協議が不要な生命保険で準備する方法もあります。

コンサルタント


両親

子供たちは都会で持ち家だから、実家には帰ってこないと思うのよねぇ・・
可能であれば生前の処分や相続財産を売却してお金で分ける換価分割も検討してみましょう。

コンサルタント


両親

田舎の山林や田があるけど、子供たちはほしくないだろうなぁ・・
可能であれば生前の処分や相続財産を売却してお金で分ける換価分割も検討してみましょう。

コンサルタント


両親

不動産が多いけど、納税資金は足りてるかしら?
納税資金として不動産を売却すると、売り急ぎ等で思った価格で売ることが出来ず、納税の予定が思い通りにいかない可能性があります。
納税資金は受取人固有の財産であり、原則として、遺産分割協議が不要な生命保険で準備するという方法もあります。

コンサルタント


両親

基礎控除が削減されたけど、相続税はかかるのかしら?
合計課税価格と基礎控除や各種特例の組合せ等で変わります。
【相続 無料相談会】で確認してください。

コンサルタント


両親

相続税はできるだけ軽くしたいのよねぇ・・
死亡保険金の非課税枠や生前贈与の活用、小規模宅地の特例、配偶者の税額軽減特例等々を有効に活用しましょう。
【相続 無料相談会】で確認してください。

コンサルタント


両親

元気なうちに子や孫に生前贈与してあげたら喜ぶわよね。
贈与の記録を残す為の贈与契約書の作成、生前贈与加算や特別受益の有無等々注意点があります。

コンサルタント


両親

長男の嫁には大変お世話になったので感謝の気持ちを遺したいんだけど・・
遺言や受取人固有の財産である生命保険、生前贈与の活用など遺す人の事前の準備が望ましいです。

コンサルタント


新生銀行ではみなさまのお悩みを解決するため、
相続専任のコンサルタントが、「相続 無料相談会」でご相談を承ります。

「相続 無料相談会」を
予約する(電話)

0120-456-559

受付時間:24時間365日

「相続 無料相談会」でお悩みすっきり!!

子ども

相続しても誰も住まない実家はどうすればよいの?
可能であれば生前の処分や相続財産を売却してお金で分ける換価分割も検討してみましょう。

コンサルタント


子ども

親の介護をしたり面倒をみた人の貢献は遺産分割協議で考慮してもらえるの?
遺言や受取人固有の財産である生命保険、生前贈与の活用など遺す人の事前の準備が望ましいです。

コンサルタント


子ども

相続税の申告期限までに遺産分割がまとまらない場合のデメリットって?
小規模宅地の特例や配偶者の税額軽減特例が原則として適用できない可能性があります。
また、申告・納税期限までに遺産分割協議が整わなければ、納税資金は相続人の持出しになる可能性があります。

コンサルタント


子ども

そもそも、親の財産が何処に幾らあるのか分からないなぁ。
親子で【相続 無料相談会】に参加する等、親子で事前に考えてみませんか。

コンサルタント


子ども

実家の有利な相続の仕方と売却の仕方とは何だろう?
小規模宅地の特例を活用し評価を下げたり、相続により取得した土地、建物、株式などを、一定期間内に譲渡した場合に、相続税額のうち一定金額を譲渡資産の取得費に加算することができるという取得費加算の特例があります。

コンサルタント


子ども

教育費等の負担が大きくて生前贈与してほしいけど、注意点はあるの?
贈与の記録を残すための贈与契約書の作成、生前贈与加算や、特別受益の有無等々注意点があります。

コンサルタント


専任のコンサルタントがお一人お一人の解決方法を
お客さまとともに考えていきます。
この機会にぜひご予約のうえ、ご来店ください!

「相続 無料相談会」を
予約する(電話)

0120-456-559

受付時間:24時間365日

すぐにお取引

口座をお持ちの方

ログイン

口座をお持ちでない方

口座開設

まずは相談する

「相続無料相談会」で相談する

日程はこちら

相続無料相談会の予約はこちら

お電話でのご予約

0120-456-559
受付時間:24時間365日

新生銀行では、専門のコンサルタントが相続に関するさまざまなご相談にお答えしています。

すっきり整理する相続「相続 無料相談会」開催中! 相続税を軽減することはできないか?
相続 無料相談会について
  • セミナーや資産運用相談会においては、当行取り扱いの商品の勧誘を行うことがあります。
  • 当行取扱いの金融商品は、金利・株価・為替等の変動を要因とした価格変動により元本割れとなる可能性がある商品や、商品ごとに所定の手数料・費用等がかかる商品があります(手数料・費用等の種類ごとの金額もしくは上限額等およびこれらの合計額等は、お申込商品や申込金額、その運用状況、保有期間等に応じて異なるため表示することができません)。
    お申し込みにあたっては店頭やインターネットに用意している注意喚起文書や契約締結前交付書面、目論見書等を必ずご確認いただき各商品のリスクや手数料・費用等につき十分ご理解のうえご自身の判断と責任でお申し込みください。
  • 税制に関連するセミナーや資産運用相談会を開催する場合、当行では具体的な税額の計算、および、税務申告書類作成にかかる相談業務はおこなっておりません。個別の取り扱いについては、税理士等の専門家、または所轄の税務署にご確認ください。