新生銀行

新生銀行の財形貯蓄 をご利用のお客さまへのパワースマート住宅ローン優遇制度

新生銀行の住宅ローンを、よりおトクにご利用いただけます。

当初固定金利タイプなら!金利年0.2%優遇

事務取扱手数料を50,000円引き

パワースマート住宅ローン優遇制度の適用条件

新生銀行パワースマート住宅ローンをお申し込みいただく時点で、新生銀行財形貯蓄をご利用いただいているお客さま

当初固定金利タイプなら!金利年0.2%優遇

優遇金利適用条件

下記(1)または(2)に該当するお客さま

  • (1)ご契約時に「当初固定金利タイプ(1・3・5・7・10・15・20年)」をご選択いただくお客さま
  • (2)金利タイプ再選択時に「当初固定金利タイプ(1・3・5・7・10・15・20年)」をご選択いただくお客さま
        - 当行の住宅ローンをお借り入れ中に財形貯蓄のご利用を開始された場合、優遇の適用はありません。

(例:ご契約時に変動金利(半年型)を選択され、金利タイプ再選択時に当初固定金利タイプ(3年)を選択された場合、新たに選択した当初固定金利タイプの借入金利適用期間中(約3年間)は年0.2%の優遇が適用されます)

  • 当初借入金利適用期間終了後に適用される金利タイプは、お客さまからの申し出がなければ変動金利(半年型)タイプとなります。この場合、年0.2%の優遇はありません。
  • 当初借入金利適用期間終了後、当行所定の方法で当初固定金利タイプを選択することも可能です。金利タイプ再選択時の当初固定金利タイプの選択には、5,400円(消費税込み)の手数料がかかります。
  • 住宅ローンの残存期間によっては、選択できない当初固定金利タイプもあります。

優遇金利適用期間

当初固定金利タイプの借入金利適用期間中は借入元本の残高にかかわらず、年0.2%の優遇が適用となります。

  • 金利タイプ再選択時に、当初固定金利タイプをご選択いただく場合、何度でも年0.2%の優遇が適用されます。

事務取扱手数料を50,000円引き!

  • 安心パックW(ダブル)の事務取扱手数料162,000円(消費税込み)、安心パックの事務取扱手数料108,000円(消費税込み)、安心パックW(ダブル)・安心パックを申し込まない場合の事務取扱手数料54,000円(消費税込み)、前記いずれも50,000円引き(消費税込み)といたします。それ以外に登記費用、印紙税、司法書士報酬等の諸費用がかかります。
  • 新生ステップアッププログラムにおける住宅ローン事務取扱手数料の優遇や他の優遇キャンペーン・プログラム等との併用はできません。

ご注意いただきたいこと

  1. 申込書の勤務先欄の提携先企業コード記入欄に、「7777」とご記入ください。
  2. 申込書に、毎年年2回発行の「財形貯蓄残高通知書」または「財形年金貯蓄残高通知書」(いずれも直近のもの)のコピーを添付してください。
  3. おトクその1は、ご契約時に当初固定金利タイプをご選択いただくお客さま、および、金利タイプ再選択時に当初固定金利タイプをご選択いただくお客さまが対象となります。ただし、お勤め先の企業または不動産会社の提携住宅ローンの金利優遇などと併せて適用することはできません。
  4. 事務取扱手数料および住宅ローンにかかる諸費用(抵当権設定登録免許税・印紙税・司法書士報酬等)はお客さまのご負担となります。
  5. 財形優遇を受けるお客さまは景品表示法の規制により安心パックW(ダブル)をご利用いただけない場合がございます。あらかじめご了承ください。
  6. お借り入れに際しては当行所定の審査がございます。審査結果によってはご希望にそえない場合がございますので、あらかじめご了承ください。

パワースマート住宅ローン優遇制度に関する、よくあるご質問はこちら

新生銀行パワースマート住宅ローンについて

※今月の金利一覧は、一般のお客さまに適用される利率が記載されています。

パワースマート住宅ローンの詳細・ご契約等でご不明な点がございましたら、下記住宅ローン専用コールセンターまでお気軽にお問い合わせください。

すぐにお申し込み

資料・申込書のご請求

※資料・申込書はダウンロードも可能です。

お借り入れまでの流れ

まずは相談する

お店で相談する

ローン相談会

お近くの住宅ローン相談窓口を探す

受付時間は店舗により異なります。

お電話で相談する

0120-456-515

[受付時間] 9時〜19時

音声ガイダンスのご案内

* 平日・土日・祝日も受け付けております(年末年始の休業日を除く)

ページトップへ戻る
閉じる