投資信託

投資信託には元本割れとなるリスクなどがあります。
詳しくはこちらをご確認ください。

作成:2011年10月

【特集】お手持ちの米ドルを活用できる「ジャナス・セレクション」インタビュー

投資信託は、価格の変動等により損失が生じるおそれがあります。またお申し込み・保有・解約に当たっては所定の費用がかかります。なお、個別商品にかかるリスクや各種手数料については、必ず各商品の詳細ページまたは目論見書(目論見書補完書面を含みます)にてご確認ください。
目論見書(目論見書補完書面を含みます)は、インターネットバンキング(新生パワーダイレクト)にてご確認いただけます。

欧州の債務問題の再燃や、米国の財政再建を巡る混乱、新興国経済の減速懸念などを受けて、米国をはじめとする世界の金融市場が混乱の最中にあった2011年9月。ジャナス・キャピタル・マネジメント 共同最高運用責任者(CO-CIO)が来日されましたので、この機会に米国経済の行方や今後のマーケットの行方を直接伺いました。

ギブソン・スミス氏(Gibson Smith)

ジャナス・キャピタル・マネジメント 共同最高運用責任者(CO-CIO)ポートフォリオ・マネージャー

2001年、債券アナリストとしてジャナス・キャピタル・マネジメントに入社。2006年1月から、共同最高運用責任者としてジャナス債券部門の運用プロセスを統括。運用経験20年。モットーは「開かれた心で、常にHappyでいること・やるからには楽しもう!」

米国景気が再び悪化するのでは?

新生銀行のお客さまをはじめ、市場参加者の多くが米国景気が再び悪化するのではないか?との不安を感じています。

ギブソン・スミス氏

欧州の債務問題や米国の債務削減、財政再建を巡る混乱から、米国経済に対する投資家の信頼は低下しました。また、米国経済の約70%は個人消費に支えられていますが、失業率の改善は今後も遅れる見込みであり、個人消費の回復は鈍く、米国経済の成長速度は、今後より緩やかなものにとどまるかもしれません。

しかし、米国経済が市場で不安視されているような二番底に陥る可能性は少なく、緩やかな回復基調が徐々に鮮明になると考えています。

米国景気回復の牽引役は?

米国景気が二番底を回避できるとの見通しですが、その根拠や牽引役は?

先ほど、個人消費の回復は鈍いと申しましたが、2008年のリーマン・ショック後、米国企業は素早く従業員のリストラや経費削減を実施しました。その結果、確かに中間所得層は消費を抑制しています。しかし、同時に企業はスリム化し、過去50年で最も高い業績につながっています。企業業績が好調であるため、企業経営者など富裕者の消費は比較的旺盛です。

また好業績、スリム化を背景に、企業の内部留保も過去最高の水準まで積みあがっており、社債マーケットの追い風となっています。このような企業の財務・収益率の改善が、今後の米国経済の回復に寄与するでしょう。

米国企業は、なぜ雇用や賃金を増やそうとしないのですか?

企業の収益率が改善したのと引き換えに、失業率は高止まりしています。米国企業は、過去最高の水準まで積みあがっている内部留保を、なぜ雇用や賃金増に振り向けないのですか?

たしかに、企業は依然慎重な姿勢を続けています。米国では2012年に大統領選挙を控えており、政治面の不安定さも影響しているかもしれません。

しかし企業の経営トップや財務担当者への独自調査からは、雇用や設備投資の計画にも回復の兆しが見られます。
というのも、企業はこのところの業績改善の一方で、リストラを行ったことによる人手不足から、生産性が徐々に低下し始めているのです。そのため今後は、利益率の低下を防ぎ、成長を維持するために、雇用や投資の再開を迫られる可能性があります。その結果、失業率は少しずつ改善に向かうのではないかと考えられます。

米国の失業率の推移

米国の失業率の推移
  • ※Bloombergのデータをもとに新生銀行が作成

米国の「日本化」を懸念する声もありますが?

しかし米国の「日本化」を懸念する声もあります。企業が雇用や投資を海外で行い、米国での雇用は増えない、低成長・低金利が継続する可能性はありませんか?

その不安は小さいと考えています。なぜなら日本と米国では経済の質が違うのです。

どちらが高い質の経済か、という議論ではなく、日本は輸出志向型であり、米国は国内の経済活動が主だからです。日本・米国ともに、長引く低金利環境は似ているもの、その背景は大きく異なると言えます。

米国の金利は大幅に低下(債券価格が上昇)していますが、今後の債券運用は?

ここからはもう少し、運用の話を聞かせてください。
当行が取り扱うジャナス社のファンドの中に、主に米国の国債などで運用する「ジャナス・セレクション ジャナス・フレキシブル・インカム・ファンド クラスA(米ドル)受益証券(愛称:足下しっかり型)」があります。今後の運用方針は?

欧州の債務問題は、現状金融市場において最も高いリスク要因の一つと言えます。このような不安定なマーケットでは、備えとして安全資産といえる米国債を保有しておくことは大切だと考えています。

しかし、今後は徐々に国債への配分を減らす可能性はあります。今の国債の金利水準、債券価格を説明するのはやや難しくなってきているように感じます。
一方で国債との金利差が拡大している社債に魅力が出始めており、信用力を背景とするハイイールド・マーケットなども魅力的な利回り水準に近づいているように思えます。5〜6月はヨーロッパの経済不安から米国債の割合を増やしましたが、今後は米国債の比率を下げ、社債の割合をあげるかもしれません。

ギブソン・スミス氏

ハイイールド・マーケットの見通しは?

ハイイールド・マーケットの投資について、もう少し聞かせてください

ハイイールド・マーケットには注目できる材料が多いように感じています。

たとえば企業の債務残高が減り、今後格上げされるような企業への投資を増やしていくことも検討できるでしょう。個別の企業を見て、資本構成やキャッシュバランスが改善されている、そういった企業を発掘できれば、ハイイールド債への投資は上手く行くはずです。今のハイイールド・マーケットは、投資するには良い環境にあると思っています。短期のハイイールド債の比率を高める戦略は有効かもしれません。

米国のREIT(リート)マーケットはどう見ていますか?

当行では、ジャナス社のREITファンドを取り扱っていませんが、米国REITで運用する投資信託をお持ちのお客さまがたくさんいらっしゃいます。せっかくの機会ですので、米国のREIT(リート)マーケットをどう見ているか、教えてください。

ギブソン・スミス氏

遠慮せずに聞いてください。

米国のREIT市場について言えば、魅力的な投資機会が少しづつ広がっているように感じられます。例えば、ニューヨークなどの大都市の不動産賃料は徐々に上がり、空室率は下がっています。

低金利による借り入れコスト低下により、アウトレットなどの商業用不動産は恩恵を受けています。欧州発の悪い影響も、米国のREIT市場においては、こうした不動産市況の改善が支えとなると思っています。

最後に運用において重視していることは何ですか?

ボトムアップに基づくファンダメンタルズ分析をしっかり行うといった、プロセスを重視しています。あくまでも一般的な考え方ですが、正しいプロセスを守って運用を行えばリターンは付いてくるものだと思います。そして、常に運用は、お客さまと同じ目線に立つことが大切だと考えています。

数々の貴重なお話を、ありがとうございました。お客さまに、お伝えします。

本稿はジャナス・キャピタル・マネジメント 共同最高運用責任者 ギブソン・スミス氏の見解をもとに制作したもので、新生銀行が特定の金融商品の売買を勧誘・推奨するものではありません。本資料は情報提供を目的としたものであり、新生銀行の投資方針や相場観等を示唆するものではありません。投資される際は、お客さまご自身の責任と 判断でなさるようお願いいたします。

  • ※本資料は信頼できると思われる情報に基づいて新生銀行が作成しておりますが、情報の正確性、完全性が保証されているものではありません。
  • ※本資料は情報提供を目的としたものです。
  • ※投資判断に際しては、必ず目論見書(目論見書補完書面を含みます)をご確認ください。
  • ※本資料のいかなる内容も資料作成時点のものであり、予告なく変更する場合があります。
  • ※本資料のいかなる内容も、将来の投資利益を示唆あるいは保証するものではありません。

投信口座開設資料請求

新生銀行総合口座をお持ちのかた

投資信託口座開設

新生銀行は、運用デビューを応援します!最大2万ポイントプレゼント!

投信口座をお持ちのかた

NISA口座開設

NISA口座乗換え

NISA口座のご利用なら、「NISAプラス」でおトク!投信申込手数料が0円に!

ファンドを選ぶ・探す

すぐにお取引

口座をお持ちの方

ログイン

インターネットでのお取引手順

口座をお持ちでない方

口座開設

まずは相談する

お店で相談する

来店予約

お近くの店舗を探す

受付時間:平日9時〜17時

  • 受付時間は店舗により異なります

お電話での相談

0120-456-007

受付時間:平日 8時〜20時

土日・祝日 10時〜18時

  • 土日・祝日は各種照会サービスのみ。お取引は承っておりません。
音声ガイダンスのご案内