投資信託

投資信託には元本割れとなるリスクなどがあります。
詳しくはこちらをご確認ください。

作成:2012年1月/インタビュー実施日:2011年12月1日

【特集】再点検!ブラジル(為替・株式)

2011年の後半に、ブラジルは成長率を下方修正。通貨レアルや株式市場も大幅な調整を強いられました。
はたしてブラジルは2012年に再び輝きを取り戻すことができるか?ブラジルに投資する投資信託などの資産は、まだ持っていて大丈夫なのか?はたまた買いのチャンスなのか?
みなさまが感じている不安や疑問を専門家に聞きました。

専門家コメント

「レアルはやや売られ過ぎの水準に」(為替) レッグ・メイソン・アセット・マネジメント 企画本部 兼 投信営業部 桑畑卓 氏

「企業収益は好調を持続」(株式) HSBC投信 投信営業部 小日向いづき 氏

「エマージング債券は堅調推移」(為替) 大和住銀投信投資顧問 投信サービス部 石川真由美 氏

HSBC投信 小日向いづき 氏 への質問と回答一覧

本稿はレッグ・メイソン・アセット・マネジメント株式会社、HSBC投信株式会社、大和住銀投信投資顧問株式会社のコメントを参考に制作したもので、新生銀行が特定の金融商品の売買を勧誘・推奨するものではありません。本資料は情報提供を目的としたものであり、新生銀行の投資方針や相場観等を示唆するものではありません。投資される際は、お客さまご自身の責任と判断でなさるようお願いいたします。

投資信託は、価格の変動等により損失が生じるおそれがあります。またお申し込み・保有・解約に当たっては所定の費用がかかります。なお、個別商品にかかるリスクや各種手数料については、必ず各商品の詳細ページまたは目論見書(目論見書補完書面を含みます)にてご確認ください。
目論見書(目論見書補完書面を含みます)は、インターネットバンキング(新生パワーダイレクト)にてご確認いただけます。

質問1:2011年後半から基準価格の値下がりが目立ちますが、この下落要因は何ですか?

ブラジル株式と通貨レアルの下落が影響しています。

HSBC ブラジル オープンの基準価額は、2011年8月末から2011年10月4日にかけて約19%程度の下落となりましたが、その間にブラジルの代表的な株価指数であるボベスパは約10%あまり下落。さらにレアルも対円相場で約16%、対米ドル相場で約19%もの下落を強いられる場面もあり、基準価額の下落につながりました。しかし2011年10月以降は、ブラジルの金融政策が緩和サイクルに入ったことやインフレ率がピークを打ったとの見通しから、株式市場は反発に転じており、当ファンドの基準価額も回復に向かっています。

質問一覧へ戻る

質問2:このところのブラジル株安の背景は何でしょうか?

大きく分類すると3つの要因が考えられます。(1)欧州の債務問題、(2)世界経済の一段の減速懸念、(3)世界経済の減速によるブラジルへの波及およびインフレ懸念です。

株価は「経済の体温計」とも言われております。本来、企業の売上や利益等(ファンダメンタルズ)で株価は決まるものですが、投資家心理も大きく影響します。今の株式市場全般の特徴として上記3つの不透明要因により、ボラティリティ(株価の変動率)が上昇し、リスク回避(リスクオフ)の動きが強まっている事が挙げられます。

質問一覧へ戻る

質問3:ブラジルの経済状況には問題ないのでしょうか?また、今後のブラジル経済の見通しはどのようなものでしょうか?

ブラジルの良好な経済ファンダメンタルズに変化はありません。

2012年世界の実質GDP成長率は+1.9%、米国は+1.5%、ユーロ地域は−1.0%と予想する中、ブラジルの実質GDP成長率は、+3.7%と持続可能な成長ペースに落ち着くと当社では予想しています。
その理由ですが、GDPに占める輸出割合は約10%と低く、経済成長の牽引役はGDPの60%強を占める個人消費です。外需に左右されにくい経済構造と言えます。

質問一覧へ戻る

質問4:ブラジルの株式市場好転のきっかけは、どこにあるのでしょうか?

まずは、投資家がリスク回避(リスクオフ)から、リスクテイク(リスクオン)になる必要があります。
下落要因として申し上げました点が解消されれば、好転するのではないかと考えます。

具体的には(1)欧州の債務危機が解決に向けて大きく前進する、(2)世界経済が成長軌道に戻る、(3)ブラジル国内において、インフレ率がピークアウトし、景気がソフトランディングしていく、という様な状況になれば、ブラジルの良好な経済ファンダメンタルズを反映し、ブラジル株式は現状の割安な水準から、かなり高い水準への上昇が期待されます。

質問一覧へ戻る

質問5:下落したときは押し目買いをした方がよいのでしょうか?

投資判断は投資家ご自身の判断にお任せしますが、質問3でお答えしたように、ブラジルの良好な経済ファンダメンタルズに変化はないといえます。

また大手格付会社S&Pは、持続的成長見通しの達成が可能と判断し、2011年11月17日(木)ブラジルの自国通貨建長期格付を「A−」に引き上げました。

インフレ指標は落ち着いており、当社では2011年9月にピークを打ったものと見ています(2011年11月25日現在)。また、世界経済減速の国内への影響を最小限に押さえる為、いち早く金融緩和(政策金利の引下げ)をしました。現在の政策金利は11.0%(2011年12月13日現在)ですが2011年末には11%、2012年末には9%に引き下げると予想しています。

このような「良好なファンダメンタルズ」、「格上げ」、「金融緩和」は、株式及びレアル相場にとってポジティブな要因と考えられます。

ただし、外的要因により、ボラティリティ(株価の変動率)が高い状況にありますので、投資する際は複数回に分ける事が必要となるでしょう。

質問一覧へ戻る

質問6:保有者はどうしたらよいのでしょうか?(現在ファンドをお持ちのお客さまへのコメント)

投資判断は投資家ご自身の判断にお任せしますが、HSBC ブラジル オープンは、設定以来すでに5年を経過し、様々な局面を体験して参りました。リーマンショックにおいては、設定来高値(2007年11月1日)19,026円から設定来安値(2008年10月28日)4,143円へと急激に基準価額が下落しましたが、その後、基準価額は2009年8月に1万円を回復し、2010年1月には13,376円まで上昇しており、設定来安値から見て約1年3ヵ月の間に約3倍の上昇を見せました。今回の下落局面においても、リーマンショックの際と同様、ブラジル経済が悪化したことよりも、世界経済の環境が悪化した要因が大きいように見受けられます。欧州における債務危機など先行きさらなる危機の深刻化も考えられますが、これらが解決されれば、リーマンショック後のような相場回復もあり得るのではないかと考えます。

質問一覧へ戻る

質問7:そのほか、是非、ファンドを保有しているお客さまにお伝えしたいこと

欧州の債務問題、世界経済の一段の減速懸念といった不安要因により、どの様に投資すれば良いかお悩みの方が非常に多いと存じます。しかし、不透明な状況だからこそ、現在の保有資産を売却するのか、保有し続けるのか、買増しするのかといったポートフォリオの見直しをする事が重要です。
投資において重要なのは、時代の流れを掴む事です。世界経済の重心が、イギリス→米国→日本と変化した様に、今後世界経済に占める割合が高まる国を、見極めて投資することが重要と考えています。現在先進国ではなく、将来先進国の仲間入りする様な国を選択されるのが賢明だと思います。具体的には、クレジットカードが約3億枚近く発行されている中国などは、これから爆発的に消費が拡大する可能性があると予想しています。


関連情報

  • ※本資料は信頼できると思われる情報に基づいて新生銀行が作成しておりますが、情報の正確性、完全性が保証されているものではありません。
  • ※本資料は情報提供を目的としたものです。
  • ※投資判断に際しては、必ず目論見書(目論見書補完書面を含みます)をご確認ください。
  • ※本資料のいかなる内容も資料作成時点のものであり、予告なく変更する場合があります。
  • ※本資料のいかなる内容も、将来の投資利益を示唆あるいは保証するものではありません。

投信口座開設資料請求

新生銀行総合口座をお持ちのかた

投資信託口座開設

新生銀行は、運用デビューを応援します!最大2万ポイントプレゼント!

投信口座をお持ちのかた

NISA口座開設

NISA口座乗換え

NISA口座のご利用なら、「NISAプラス」でおトク!投信申込手数料が0円に!

ファンドを選ぶ・探す

すぐにお取引

口座をお持ちの方

ログイン

インターネットでのお取引手順

口座をお持ちでない方

口座開設

まずは相談する

お店で相談する

来店予約

お近くの店舗を探す

受付時間:平日9時〜17時

  • 受付時間は店舗により異なります

お電話での相談

0120-456-007

受付時間:平日 8時〜20時

土日・祝日 10時〜18時

  • 土日・祝日は各種照会サービスのみ。お取引は承っておりません。
音声ガイダンスのご案内