投資信託

投資信託には元本割れとなるリスクなどがあります。
詳しくはこちらをご確認ください。

作成:2012年7月

【特集】大切な資金を、元本保証のない投資信託で運用?

大切な満期の資金を、元本保証のない投資信託で運用する?
「これなら大切な資金を預けてみてもいいかな?」と思っていただけるような投資信託をご紹介。

選ぶなら

運用資産の種類で選ぶ、安全性と成績

投資信託でも、一般的に投資先の安全性を重視すれば、収益性は低くなり、高い収益性を求めると安全性は低下する傾向にあります。

たとえば、みなさまもご存知のわが国が発行・保証する「日本国債」は安全性が非常に高いので得られる金利も少なくなり、国ではなく企業が発行する債券の場合は、得られる金利は国債より高くなりますが、投資先の信頼度などの安全性は少し下がり、収益性は国債よりも高くなる傾向があります。

各債券の運用における安全性と収益性のイメージ図

各債券の運用における安全性と収益性のイメージ図

上記は一般的な事例を示したものであり、実際には債券を発行した企業や債券の残存期間などの条件、そのほか市場環境等によって上記の通りにならない場合もあります。将来の投資元本の安全性や運用収益をお約束するものではありません。

このように、今回は運用資産の種類に応じて、安全性と収益性を考えながらお選びいただける、4つの投資信託をご紹介します。
また、ご紹介にあたっては、各運用会社の担当者が皆さまにわかりやすく解説いたします。

運用会社の担当者が教えます!ファンドの運用実態と注目のポイント

私達がご説明します!

安全性重視!
信頼性や安全性が非常に高い日本国債だけで運用
ダイワ日本国債ファンド
(毎月分配型)
大和証券投資信託委託株式会社
さすがに国債でなくても・・・
日本の企業が発行する高格付けの円建て社債で運用
東京海上・円建て投資適格債券ファンド(毎月決算型)【愛称:円債くん】
東京海上アセットマネジメント投信株式会社
海外の債券にも目を向ける(為替変動リスクは回避
海外の企業が発行する高格付の社債で運用
コーポレート・ボンド・インカム
(為替ヘッジ型)【愛称:泰平航路】
三井住友アセットマネジメント株式会社
債券でも収益性を期待!(為替変動リスクは回避
海外の企業が発行する低格付の社債で運用
高利回り社債オープン・為替ヘッジ
(毎月分配型)
野村アセットマネジメント株式会社

質問1:どのような資産に投資しているのですか?

主に円建ての社債に投資を行っています。

当ファンドは、マザーファンドを通じて、主に円建ての社債に投資を行っています。また、流動性確保の観点から、国債や地方債にも投資を行なっています。

また、流動性確保の観点から、国債や地方債にも投資を行なっています。2012年5月末時点の投資比率は、社債が56.7%、政府保証債・特殊債が17.5%、国債が3.7%、地方債が20.5%となっています。

2012年5月末時点のファンドの投資比率(債券 種別構成)

2012年5月末時点のファンドの投資比率(債券 種別構成)

質問一覧へ戻る

質問2:どうしてよいパフォーマンスをあげているのですか?

当ファンドは、設定来+3.53%と堅調に推移しました。よいパフォーマンスの理由は2つあります。

(1)銘柄選定ですが、個別銘柄の信用分析に特に注力し、デフォルトリスクを極力排除するように心がけています。また組み入れ銘柄もスプレッド動向の安定している債券を選好しています。

昨年の東日本大震災後、一時的に国内社債市場の流動性が低下したことで、国内社債価格は下落しました。こうした信用分析では排除できないリスクに備えて、業種分散に加え、一発行体あたりの投資比率等にも留意した運用を行なっています。

債券価格は、主に金利とスプレッド(国債との金利差、つまり発行体の信用力)の動向の影響を受けます。残存年限の長い債券が相対的に金利変動の影響が高くなることから、当ファンドでは、残存年限の長い債券の銘柄選択に当たっては、発行体の異なる同年限の社債と比べて、スプレッド動向の安定している債券を選好して組入れを行っています。

(2)マーケット要因が債券価格にとってはプラスに働きました。

日本銀行による資産買取りや低金利政策継続といった金融緩和政策に加え、欧州債務問題等を背景に投資家のリスク回避姿勢が強まったこと等で、債券市場への資金が流れ込んだこと等による金利の低下(債券価格にとってはプラス)が挙げられます。

スプレッド動向に関しても、日本銀行の緩和的な金融政策や貸出の低迷などを背景に、潤沢な資金を抱える国内金融機関の債券の買い意欲は強いため、国内社債市場の良好な需給環境に変化はなく、引き続きスプレッドは安定的に推移することが見込まれます。

質問一覧へ戻る

質問3:分配原資について教えてください

毎月の分配金は、主に投資している債券のクーポン(インカムゲイン)を原資とし、安定的な分配金を維持できるような運用を行なっています。

毎月の分配金は、主に投資している債券のクーポン(インカムゲイン)を原資としていますが、債券価格の値上がり益(キャピタルゲイン)も一部分配原資とする場合があります。

債券は一般的に年限の長い債券ほどクーポンは高くなる傾向にあります。当ファンドは、残存年限が10年超の超長期債にも投資を行っていることから、超長期債の相対的に高いクーポン収入を得ることが出来ます。

また、残存年限の短い債券に投資する際には、残存年限の長い債券に比べて、国債に対する上乗せ金利(スプレッド)が厚めの銘柄を選択することで、今後の利回りの上昇を図り、安定的な分配金を維持できるような運用を行なっています。

東京海上・円建て投資適格債券ファンド(毎月決算型)(愛称:円債くん)詳細はこちら

質問一覧へ戻る


本稿は東京海上アセットマネジメント投信株式会社のコメントを参考に制作したもので、新生銀行が特定の金融商品の売買を勧誘・推奨するものではありません。本資料は情報提供を目的としたものであり、新生銀行の投資方針や相場観等を示唆するものではありません。投資される際は、お客さまご自身の責任と判断でなさるようお願いいたします。

投資信託は、価格の変動等により損失が生じるおそれがあります。またお申し込み・保有・解約に当たっては所定の費用がかかります。なお、個別商品にかかるリスクや各種手数料については、必ず各商品の詳細ページまたは目論見書(目論見書補完書面を含みます)にてご確認ください。
目論見書(目論見書補完書面を含みます)は、インターネットバンキング(新生パワーダイレクト)にてご確認いただけます。

この特集で取り上げている そのほかのファンドの情報も確認する

手数料や直近のパフォーマンス、運用報告レポートなどはこちら

ダイワ日本国債ファンド(毎月分配型)

コーポレート・ボンド・インカム(為替ヘッジ型)(愛称:泰平航路)

高利回り社債オープン・為替ヘッジ(毎月分配型)

「分配金について」

  • 分配額はあくまでも過去の実績であり、今後の継続的な分配金の支払いや運用成果を約束するものではありません。将来、分配額が変更されたり、決算が行われても分配が行われない場合もあります。
  • 基準価額が大きく値下がりした場合は、投資元金の損失が1年間の分配金受け取り合計額を上回る場合があります(分配金込み騰落率はマイナスとなります)。
  • 分配金は受益者毎の個別元本により、課税扱いとなる普通分配金と非課税扱いとなる元本払戻金(特別分配金)に区分されます。元本払戻金(特別分配金)は投資元本の一部払い戻しに相当し、収益ではないことにご注意ください。
  • こちらも必ずご確認ください。
    投資信託の収益分配金に関する説明・通貨選択型投資信託に投資する際の収益/損失に関するご説明〔PDF〕

投信口座開設資料請求

新生銀行総合口座をお持ちのかた

投資信託口座開設

新生銀行は、運用デビューを応援します!最大2万ポイントプレゼント!

投信口座をお持ちのかた

NISA口座開設

NISA口座乗換え

NISA口座のご利用なら、「NISAプラス」でおトク!投信申込手数料が0円に!

ファンドを選ぶ・探す

すぐにお取引

口座をお持ちの方

ログイン

インターネットでのお取引手順

口座をお持ちでない方

口座開設

まずは相談する

お店で相談する

来店予約

お近くの店舗を探す

受付時間:平日9時〜17時

  • 受付時間は店舗により異なります

お電話での相談

0120-456-007

受付時間:平日 8時〜20時

土日・祝日 10時〜18時

  • 土日・祝日は各種照会サービスのみ。お取引は承っておりません。
音声ガイダンスのご案内