新生銀行

簡単解説!そもそもREITとは?

一般的なREIT(不動産投資信託)のしくみ(米国REITの場合)

  • REIT(Real Estate Investment Trust)とは、多数の投資家の資金を集めて、オフィスビル、商業施設、住宅などのさまざまな形態の不動産を取得、管理、運用することを目的とする不動産投資信託のことです。
  • 1960年に米国で初めて導入されました。REITは、株式、社債、借り入れなどのさまざまな資金調達が可能です。

REIT(不動産投資信託)のメリット

  • REITは、収益不動産からの賃貸収入や売却益を収益とし、投資家に収益を分配します。
  • 不動産への直接投資と比較して、REITへの投資は、少ない資金から、複数の物件への投資が可能となるなどのメリットがあげられます。また、物件の選定・運営管理等を専門家に任せることが可能となります。

リートの利益配分

リートの利益配分

リートのメリット

リートのメリット

【ご注意】REIT価格の変動要因

  • REITは以下の要因に応じて価格が変動します。
  • 価格変動により、投資元本を割り込むことがあります。

リート価格への影響と要因

リートの利益配分

リートファンドへの影響と要因

リートの利益配分
  • *日本の金利が米国金利より低い場合であり、逆転した場合の影響とは異なります。
  • 上記は、要因と影響についての一般的な傾向を示したものであり、実際と異なる場合があります。
  • ※ フィデリティ投信の資料をもとに新生銀行で作成。
閉じる