投資信託

投資信託には元本割れとなるリスクなどがあります。 詳しくはこちらをご確認ください。

制作:2015年4月

好評のファンド「日本株アルファ・カルテット」の米国株版登場!<米国株アルファ・カルテット>新規取扱開始!

ファンドの魅力

1. 回復から成長ステージへ移りつつある米国経済に注目、米国の株式に投資します。
2. 「高金利通貨戦略」を行うことで、為替取引によるプレミアム収益(金利差相当分の収益)の確保を目指します。 高金利戦略とは、米ドル売り/取引対象通貨買いの為替取引を実質的に行います。
3. 「株式カバードコール戦略」および「通貨カバードコール戦略」を行うことで、オプションプレミアムの確保を目指します。 カバードコール戦略とは、オプションの権利行使価格を上回る対象資産(株式など)の値上がり益を放棄するかわりに、オプションプレミアムの確保を目指す投資戦略です。
4. 毎月の決算日に、原則として収益の分配を目指します。 ※分配金は増減したり支払われない場合があります

当ファンドは運用の仕組みが複雑なため、十分な投資経験をお持ちのお客さまにおすすめするファンドです。お申し込みにあたっては、必ず目論見書(目論見書補完書面を含みます)をご確認の上、お申し込み時・運用期間中・換金時の費用、運用の仕組み、リスクについて十分ご確認の上でお申し込み下さい。

ファンドの戦略と収益源

  • 米国の株式へ投資するとともに、「高金利通貨戦略」、「株式カバードコール戦略」および「通貨カバードコール戦略」を組み合わせることで、配当収益、為替取引によるプレミアム、オプションプレミアムの確保を目指します。
  • 高金利通貨戦略の取引対象通貨は、当初ブラジルレアルとします(取引対象通貨は将来変更になる場合があります)。
イメージ図
▲
1 米国の株式
+
2 高金利通貨戦略
+
3 株式カバードコール戦略
+
4 通貨カバードコール戦略
  • 1 上記は年率換算された性格の異なる4つの収益の合計です。米国の株式、高金利通貨戦略および各カバードコール戦略にはそれぞれ異なるリスクがあります。また、配当利回り(※2)、為替取引によるプレミアム(金利差相当分の収益)およびオプションプレミアムの水準は市場環境等により大きく変動する場合があります。
    上記の収益率が保証されているものではありません。
  • 2 配当利回りは、2014年12月15日現在の当ファンドと同様の戦略・運用を行う参考ポートフォリオの配当利回り。
  • 当ファンドは、市場環境によっては基準価額が大きく変動または著しく下落する可能性があります。
    当ファンドは主に米国の株式への投資に加えて、為替取引およびオプション取引を活用して運用を行うよう設計された投資信託です。市場環境が良好な局面では、期待する収益機会を追求できますが、一方で、市場環境が悪化する局面では、基準価額が大きく変動または著しく下落する可能性があるため注意が必要です。
  • 配当利回り、為替取引によるプレミアム(金利差相当分の収益)およびオプションプレミアムは市場環境等により大きく変動する場合があります。将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
  • 米国の株式の運用においては、株式以外にREITやETF等に投資する場合があります。
  • 高金利通貨戦略では、米ドル売り/取引対象通貨買いの為替取引を実質的に行います。
  • 株式カバードコール戦略では、米国の株価指数(原則としてS&P500指数とします)のコールオプションの売りを行います。S&P500指数は当ファンドのベンチマークではありません。通貨カバードコール戦略では、円に対する取引対象通貨のコールオプションの売りを行います。
  • 為替取引によるプレミアム(金利差相当分の収益)は、直物為替レートと為替予約レート(ブラジルレアルはNDFのレートを使用)との価格差(月間平均値)から簡便法により算出。各オプションプレミアム(株式部分のオプションプレミアムは、オプションプレミアム(戦略構築時におけるプレミアム)の実質的に保有する組入株式等の時価評価額合計に対する比率、為替部分のオプションプレミアムは、オプションプレミアム(戦略構築時におけるプレミアム)の実質的に保有する取引対象通貨建て資産に対する比率)は基準日現在のシミュレーション(注)にもとづき年率換算した数値。
  • 配当利回り、為替取引によるプレミアム(金利差相当分の収益)およびオプションプレミアムの水準は、ファンド運用開始時の実際の水準ではありません。手数料、税金等は考慮していません。
  • 各カバードコール戦略の比率は、運用環境等により50%から大きくかい離する場合があります。また、今後この比率を見直すこともあります。
  • 上記は、当ファンドの収益の要因を示したイメージであり、当ファンドの将来の運用成果を示唆あるいは保証するものではありません。
  • (注)各カバードコール戦略のシミュレーションの前提:権利行使価格がカバードコール戦略構築時の対象資産の価格と同水準のコールオプションを売却、満期1ヵ月、カバー率50%。
  • (出所)コロンビア・マネジメント・インベストメント・アドバイザーズ、クレディ・スイス、大和住銀投信投資顧問等のデータより新生銀行作成。
  • 資金動向、市況動向等によっては、上記のような運用ができない場合があります。
最新の運用状況はこちら
ファンドのリスク・手数料/費用等はこちら

【ご参考】ファンドの運用シミュレーション

  • グラフ、数値等は、当ファンドの運用手法等に関する一般的なご説明をするため示したものであり、当ファンドの将来の運用成績を示唆または保証するものではありません。
  • 下記は当ファンドの戦略を説明するため、原資産を当ファンドの株式部分と同様の戦略・運用を行うコロンビア社の実績とし、一定の条件のもと「高金利通貨戦略」と「株式カバードコール戦略」および「通貨カバードコール戦略」を用いたシミュレーションの結果を表示したものです。

当ファンドの運用戦略とS&P500指数の推移(円ベース)

(2006年10月末〜2014年11月末)

【前提】○原資産:当ファンドの株式部分と同様の戦略・運用を行うコロンビア社の実績○高金利通貨戦略:米ドル売り/取引対象通貨(ブラジルレアル)買いの為替取引○各カバードコール戦略:権利行使価格がカバードコール戦略構築時の対象資産の価格と同水準のコールオプションを売却、満期1ヵ月、カバー率50%
当ファンドの運用戦略とS&P500指数の推移(円ベース)
  • S&P500指数は配当込み、S&P500指数は当ファンドのベンチマークではありません。
  • 手数料、税金等は考慮していません。
  • (出所)コロンビア・マネジメント・インベストメント・アドバイザーズ、クレディ・スイス、大和住銀投信投資顧問等のデータより新生銀行作成。
  • 当ファンドは、市場環境によっては基準価額が大きく変動または著しく下落する可能性があります。
    当ファンドは主に米国の株式への投資に加えて、為替取引およびオプション取引を活用して運用を行うよう設計された投資信託です。市場環境が良好な局面では、期待する収益機会を追求できますが、一方で、市場環境が悪化する局面では、基準価額が大きく変動または著しく下落する可能性があるため注意が必要です。
  • 資金動向、市況動向等によっては、上記のような運用ができない場合があります。

【ご参考】運用戦略のイメージ

各カバードコール戦略のカバー率を50%とすることで、株式の値上がり益および為替差益は50%程度(50%から大きくかい離する可能性もあります)放棄することになりますが、そのかわりオプションプレミアムを享受します。株式の値下がり損や為替差損はそのまま反映されます。

株式カバードコール戦略
ケース1:株価が上昇した場合/ケース2:株価が下落した場合
米国の株式の保有
+
株価指数コールオプションを売却
→
株式カバードコール戦略
通貨カバードコール戦略
ケース1:取引対象通貨(対円)が上昇した場合/ケース2:取引対象通貨(対円)が下落した場合
取引対象通貨の実質的保有
+
取引対象通貨(対円)のコールオプションを売却
→
通貨カバードコール戦略
  • 上記はカバードコール戦略に対する説明の一部であり、すべてを網羅したものではありません。また将来の投資成果や分配金水準を保証・示唆するものではありません。
  • 上記はファンドの純資産総額に対し50%の割合でカバードコール戦略を行った場合の、1つの権利行使期間における損益のイメージを示したものであり、当ファンド全体の実際の損益を示したものではありません。
  • 株式カバードコール戦略においては配当金の支払いがあったことを前提として損益を表しています。
  • 当ファンドにおいてカバードコール戦略の損益は毎営業日に時価評価され基準価額に反映されます。
  • 当ファンドでは米国の株式に投資を行いますが、当ファンドの株式カバードコール戦略におけるオプション取引の対象は投資する個別株式ではありません。そのため、株式のポートフォリオと株価指数の値動きのかい離から、当ファンドの株式カバードコール戦略で享受できる値上がり益は当ファンドの株式ポートフォリオの株価上昇の半分程度を下回る場合があります。

【ご参考】ファンドの収益イメージ

当ファンドは主に米国の株式への投資に加えて、為替取引およびオプション取引を活用して運用を行うよう設計された投資信託です。

当ファンドのイメージ図

当ファンドの収益の源泉は、以下の5つの要素が挙げられます。

これらの収益の源泉に相応してリスクが内在していることに注意が必要です。

収益の源泉
収益を得られるケース
損失やコストが発生するケース
  • 1 株価指数が権利行使価格を超えて上昇した場合、その超過分はオプションの権利行使等によって、一部相殺されます。
  • 2 取引対象通貨が権利行使価格を超えて取引対象通貨高(円安)となった場合、その超過分はオプションの権利行使等によって、一部相殺されます。
  • 当ファンドは外国投資信託証券を通じて米国の株式に投資を行いますが、株式カバードコール戦略では、実質的に主に米国の株価指数にかかるコールオプションの売却を行います。このため、ファンドの組入株式と当該株価指数が異なる値動きをした場合は、値上がり益の享受が想定通りにならない場合があります。
  • 過去の事実から見た一般的な傾向を表したものであり、上図のとおりにならない場合があります。
最新の運用状況はこちら
ファンドのリスク・手数料/費用等はこちら

<リスクや手数料等のご注意>

当行で取り扱う金融商品には、金利・株価・為替等の変動を要因とした価格変動により元本割れとなる可能性がある商品や、商品ごとに所定の手数料等がかかる商品があります。詳細は下部の注意事項詳細は下部の注意事項をご確認のうえ、お申し込みにあたっては店頭やインターネットに用意している注意喚起文書や契約締結前交付書面、目論見書等を必ずご確認いただき各商品のリスクや手数料等につき十分ご理解のうえご自身の判断と責任でお申し込みください。

お取引はこちら(ログイン)

関連情報

  • 本資料は信頼できると思われる情報に基づいて新生銀行が作成しておりますが、情報の正確性、完全性が保証されているものではありません。
  • 本資料は情報提供を目的としたものです。
  • 投資判断に際しては、必ず目論見書(目論見書補完書面を含みます)をご確認ください。
  • 本資料のいかなる内容も資料作成時点のものであり、予告なく変更する場合があります。
  • 本資料のいかなる内容も、将来の投資利益を示唆あるいは保証するものではありません。

投信口座開設資料請求

新生銀行総合口座をお持ちのかた

投資信託口座開設

新生銀行は、運用デビューを応援します!最大2万ポイントプレゼント!

投信口座をお持ちのかた

NISA口座開設

NISA口座乗換え

NISA口座のご利用なら、「NISAプラス」でおトク!投信申込手数料が0円に!

ファンドを選ぶ・探す

すぐにお取引

口座をお持ちの方

ログイン

インターネットでのお取引手順

口座をお持ちでない方

口座開設

まずは相談する

お店で相談する

来店予約

お近くの店舗を探す

受付時間:平日9時〜17時

  • 受付時間は店舗により異なります

お電話での相談

0120-456-007

受付時間:平日 8時〜20時

土日・祝日 10時〜18時

  • 土日・祝日は各種照会サービスのみ。お取引は承っておりません。
音声ガイダンスのご案内