投資信託には元本割れとなるリスクなどがあります。 詳しくはこちらをご確認ください。

制作:2015年7月/更新:2015年11月

お金を「儲けたい!」ではなく「資産形成したい!」あなたに。1万円から始める資産運用!
漠然と将来に不安を感じている方や、金利が低くて満足はしていないけど、「どうしたら良いのかわからない!」と思っている方にご提案です!佐藤A子さんが新生銀行の支店に来店した際のやりとりを参考にご紹介します。

漠然と将来に不安を感じている方や、
金利が低くて満足はしていないけど、「どうしたら良いのかわからない!」と思っている方にご提案です!

佐藤A子さんが新生銀行の支店に来店した際のやりとりを参考にご紹介します。

佐藤A子さん 32歳・会社員 円の預金以外、運用はしたことない
新生銀行 A支店 資産運用コンサルタント 新生太郎
佐藤A子さん 32歳・会社員 円の預金以外、運用はしたことない

別にうんと儲けようなんて思わないの!
少しずつでも資産形成をはじめてみたいと思うのだけど。
どうしたらいいのかしら?

新生銀行 A支店 資産運用コンサルタント 新生太郎

それでしたら1万円から始められる投資信託はいかがでしょう!
運用のプロにお任せで資産運用することができます!

投資信託のメリット

1. 1万円から投資できる!

通常、資産運用をしようとするとある程度まとまった資金が必要と思われがちです。
しかし投資信託は、1万円から手軽に始めることができます。

2.分散投資ができる!

自分で決めて、色々な資産に分散投資するのは難しいものです。
投資信託なら、色々な資産に分散投資し、リスクを軽減することが比較的容易になります。

3.プロが運用する!

経済・金融などに関する知識を身につけた専門家が、投資家に代わって運用します。

佐藤A子さん 32歳・会社員 円の預金以外、運用はしたことない

毎日ニュースを見てて、値動きとか怖いんだけど
投資信託は、そういう値動きのある商品なんですか?

新生銀行 A支店 資産運用コンサルタント 新生太郎

ニュースで見られているのは株式市場の値動きでしょうか。たしかに値動きのある株式などに投資する投資信託は、基準価額が株式市場などの動向により変動します。
しかし投資信託の運用先には株だけではなく、色々な種類があります。テレビで見られている株や不動産などと比べて、たとえば値動きが比較的ゆるやかな債券という選択肢もあります!

債券と言われてもピンと来ないかもしれませんが、国債などはイメージつくかと思います。
国債は国が発行した債券のことです。

投資信託のデメリット

1.価格が変動する

投資信託は値動きのある株式、債券などの資産で運用します。運用先の資産の価格が変動すれば基準価額も変動します。

2.元本保証ではない

投資信託は、運用実績(パフォーマンス)が上がらず購入時よりも値下がりした場合、売却時に購入額を下回る可能性があります。

3.コストがかかる

投資信託は、運用のプロに任せて“投資”を行うため運用する人等に対して費用を払う必要が出てきます。ファンドによりお申込時、運用期間中、換金時にそれぞれ手数料がかかる可能性があります。

債券で運用する投資信託(ファンド)のイメージ

債券で運用する投資信託(ファンド)のイメージ

投資信託を通じて、色々な債券で運用することが可能です。
ご自身では難しい銘柄選びもプロである運用会社におまかせできます!さらに個人では購入できない債券で運用している投資信託もあります!

そもそも債券ってなに?

債券は、国、地方公共団体、企業などが、広く一般の投資家からまとまった資金を調達することを目的として発行するものです。資金調達するために発行するという点では、株式と目的は同じですが、あらかじめ利率や満期日などが決められて発行され、元利金に返済義務がある点が違います。債券を購入すると、定期的に利率分の利子を受け取ることができます。そして、満期日を迎えると、額面金額である償還金(元本)を受け取ることができます。

債券で運用する投資信託(ファンド)のイメージ
  • 債券は利子が支払われても価格は下落しませんが、債券ファンドは分配金が払われるとその分基準価額が下落します。
  • 債券は満期に元本が返金(償還)されますが、投資信託の場合は保有している債券の満期が到来しても、資金を受け取れるわけではありません。信託期限が設定されていない投資信託も多く、仮に設定されている場合でも信託期限における基準価額が確定しているものではありません。
  • 債券ファンドも投資信託であることから元本が保証されていません。
【参考】債券と他資産のリスクとリターン比較(イメージ)
各債券の運用における安全性と収益性のイメージ図
佐藤A子さん 32歳・会社員 円の預金以外、運用はしたことない

債券での運用なら比較的安全なものもあるということですね。

でも債券ファンドのなかにも色々あって、わからないんだけど、どう選べば良いの?

新生銀行 A支店 資産運用コンサルタント 新生太郎

確かに債券ファンドの中にも、種類があります。
安全性と収益性のどちらを優先するかでお選びいただけます。
まずは国内・海外のどちらをお選びいただくか、さらに海外なら為替の影響を受ける・受けないをお選びいただけます!

  • 為替の影響は受けたくない!日本国内のみ
  • 為替の影響は抑えながら、海外の高めのリターンを狙いたい
  • 円安に期待!さらに海外の高めの金利を取りたい
  • 為替の運用も含めプロにおまかせ!

為替の影響は受けたくない!日本国内のみ

ダイワ日本国債ファンド(毎月分配型)

日本の国債に投資します。

ファンド詳細へ

MHAM物価連動国債ファンド(愛称:未来予想)

日本の物価連動国債に投資します。

ファンド詳細へ

為替の影響は抑えながら、海外の高めのリターンを狙いたい

高利回り社債オープン・為替ヘッジ(毎月分配型)

米国ドル建ての高利回り事業債(ハイ・イールド・ボンド)に投資します。
為替ヘッジを行い、為替リスクの低減を図ります。

ファンド詳細へ

 

円安に期待!さらに海外の高めの金利を取りたい

短期豪ドル債オープン(毎月分配型)

高格付けの豪ドル建ての公社債および短期金融商品に投資します。

ファンド詳細へ

グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)

世界主要先進国の国債や政府機関債等に投資します。

ファンド詳細へ

為替の運用も含めプロにおまかせ!

BAMワールド・ボンド&カレンシー・ファンド(毎月決算型)(愛称:ウィンドミル)

世界の公社債(投資適格)に投資します。
各通貨の見通しに応じて通貨配分の変更を機動的に行い、為替変動リスクを管理します。

ファンド詳細へ

 
新生銀行 A支店 資産運用コンサルタント 新生太郎

新生銀行ではお客さまのお考えにあった商品をお選びいただけるように、その度合を5段階に分類しています。
「運用の安全性を重視」される方は、リスク許容度2〜5の商品をお選びいただけます。

本ページでは「運用の安全性を重視」されるリスク許容度2〜5のお客さまにおすすめの商品をご紹介します!

本ページではリスク許容度「2〜5」のお客様におすすめの商品をご紹介しております。

「リスク許容度」 詳細はこちら

  • 上記の「お客さまのリスク許容度」は、お客さまに金融商品をお勧めするにあたってお客さまの知識、経験、資産の状況、金融商品の運用目的などに基づいて導き出す新生銀行独自の分類です。
  • 「お客さまのリスク許容度」により、商品の勧誘や契約をお断りする場合があります。
  • 本ページのリスク許容度の記載は2015年6月現在のものであり、各投資信託のリスク許容度の見直しをする可能性があり、上記のファンドのリスク許容度も将来的に変更される可能性があります。

定期分配型投資信託、通貨選択型投資信託に投資する際には、こちらを必ずご確認ください。

投資信託の収益分配金に関する説明・通貨選択型投資信託に投資する際の収益/損失に関するご説明〔PDF〕

<リスクや手数料等のご注意>

当行取り扱いの金融商品には、金利・株価・為替等の変動を要因とした価格変動により、また中途解約により、元本割れとなる可能性がある商品(市場動向等によっては大きく元本割れする可能性がある商品)や、発行体の信用リスクがある商品、商品ごとに所定の手数料・費用等がかかる商品があります(手数料・費用等の種類ごとの金額もしくは上限額等およびこれらの合計額等は、お申込商品や申込金額、その運用状況、保有期間等に応じて異なるため表示することができません)。詳細は下部の注意事項詳細は下部の注意事項をご確認のうえ、お申し込みにあたっては店頭やインターネットに用意している注意喚起文書や契約締結前交付書面、目論見書等を必ずご確認いただき各商品のリスクや手数料・費用等につき十分ご理解のうえご自身の判断と責任でお申し込みください。

お取引はこちら(ログイン)
新生銀行マネーレッスン
  • 本資料は信頼できると思われる情報に基づいて新生銀行が作成しておりますが、情報の正確性、完全性が保証されているものではありません。
  • 本資料は情報提供を目的としたものです。
  • 投資判断に際しては、必ず目論見書(目論見書補完書面を含みます)をご確認ください。
  • 本資料のいかなる内容も資料作成時点のものであり、予告なく変更する場合があります。
  • 本資料のいかなる内容も、将来の投資利益を示唆あるいは保証するものではありません。

投信口座開設資料請求

新生銀行総合口座をお持ちのかた

投資信託口座開設

投信口座をお持ちのかた

NISA口座開設

NISA口座乗換え

ファンドを選ぶ・探す

すぐにお取引

口座をお持ちの方

ログイン

インターネットでのお取引手順

口座をお持ちでない方

口座開設

まずは相談する

お店で相談する

来店予約

お近くの店舗を探す

受付時間:平日9時〜17時

  • 受付時間は店舗により異なります

お電話での相談

0120-456-007

受付時間:平日 8時〜20時

土日・祝日 10時〜18時

  • 土日・祝日は各種照会サービスのみ。お取引は承っておりません。
音声ガイダンスのご案内
資産運用のノウハウを紹介する新サイト「新生銀行 マネーレッスン」開設しました