AIとビッグデータで高い成長性を期待 Yjam(ワイジャム)

Yjamプラスってどんな商品なの?

Yjamプラスってどんな商品なの?

どこに投資するの?

どこに投資するの?

主な特徴はなに?

主な特徴はなに?

かかるコストは?

かかるコストは?
  • 信託報酬の他に、その他の費用・手数料(有価証券等の売買にかかる売買委託手数料等、監査費用等があり、保有期間や運用の状況等に応じて異なりますので、事前に料率・上限額等を表示することができません)がかかる場合があります。
  • お客さまにご負担いただく費用等の合計額につきましては、ファンドの保有期間などに応じて異なりますので、表示することができません。詳しくは、目論見書(目論見書補完書面を含みます)をご確認ください。
Yjamプラス!ビッグデータとAIの特徴

?ビッグデータとAIは
どう利用されるの?

Yjamプラス!では従来方法にプラスして、ヤフーのマルチビッグデータを利用します。そして24時間365日止まることのない人工知能(AI)の解析・判断でさまざまなデータから規則性を見つけ出します。ビッグデータとAIを活用して、市場平均を上回る確率の高い銘柄を選定することがYjamプラス!の大きな特徴となります。

「株式を投資対象とする他の投資信託」との違い

「株式を投資対象とする他の投資信託」との違い

マルチビッグデータとAIで
効率の良いアウトプットを生み出す

マルチビッグデータとAIで効率の良いアウトプットを生み出す

?Yjamプラス!の
ビッグデータとは?

Yjamプラス!は日本最大級インターネット企業であるヤフーのデータを利用・解析します。

ヤフーのツール・情報利用者

毎日延べ8,932万人のデータ(2017年度第4四半期平均/日次ユニークブラウザー数)
(出所:ヤフー株式会社2017年第4四半期決算報告プレゼンテーション資料)

ヤフーのツール・情報利用者

Yjamプラス!はヤフーに蓄積される膨大で多彩なデータ(マルチビッグデータ)を利用することができます。

?AIはいったい
何をしてくれるの?

人工知能(AI)を用いて、人間の心理が作り出す市場の動きを24 時間365 日高性能コンピューターで解析し、合理的に投資先を決定します。

銘柄選択プロセスのイメージ

銘柄選択プロセスのイメージ

ご購入をご検討中の方はこちら

<リスクや手数料等のご注意>

当行取り扱いの金融商品には、金利・株価・為替等の変動を要因とした価格変動により、また中途解約により、元本割れとなる可能性がある商品(市場動向等によっては大きく元本割れする可能性がある商品)や、発行体の信用リスクがある商品、商品ごとに所定の手数料・費用等がかかる商品があります(手数料・費用等の種類ごとの金額もしくは上限額等およびこれらの合計額等は、お申込商品や申込金額、その運用状況、保有期間等に応じて異なるため表示することができません)。詳細は下部の注意事項詳細は下部の注意事項をご確認のうえ、お申し込みにあたっては店頭やインターネットに用意している注意喚起文書や契約締結前交付書面、目論見書等を必ずご確認いただき各商品のリスクや手数料・費用等につき十分ご理解のうえご自身の判断と責任でお申し込みください。

新生銀行をはじめてご利用される方は、口座開設のお手続きをお願いいたします。

商品の購入には投資信託一般口座も必要です。

投信口座の開設方法!

Yjamプラス!・Yjamライト!のお申し込みはこちら

Yjamプラス!のご相談・お申し込みはこちら

店舗でご相談いただきながら、最適なファンドをご案内! 運用相談の来店予約をする

「WEB予約と来店」でTポイント50ポイント!について詳しくは「Tポイントプログラム」ページで!

又は

新生パワーコール(お電話)

0120-456-0070120-456-007*6→8→1

投資信託の受付時間は平日8:00〜20:00(土日祝日は照会のみ、受付時間10:00〜18:00となります。)

投資リスク

Yjamプラス!

基準価額の主な変動要因について

当ファンドは、主として株式など値動きのある有価証券等(外貨建資産に投資する場合には為替リスクもあります)に投資しますので、基準価額は変動します。したがって、投資元本は保証されているものではなく、基準価額の下落により損失を被り、投資元本を割込むことがあります。当ファンドの運用による損益は、全て投資者のみなさまに帰属します。なお、投資信託は預貯金と異なります。当ファンドの基準価額の主な変動要因は以下の通りです。

株価変動リスク

一般に、株式の価格は経済・政治情勢や発行企業の業績等の影響を受け変動しますので、当ファンドが組入れている株式の価格が変動し、損失を被るリスクがあります。また、当ファンドは信用取引を活用し、株式の売建てを行なう場合があります。売建てた株式が値上がりした場合、基準価額が下落する要因となります。

株式先物取引による運用に伴うリスク

株式先物取引の価格は様々な要因(株価水準、政治・経済・社会情勢、金融・証券市場の動向、貿易動向等)に基づき変動します。先物市場の変動の影響を受け、基準価額が下落し、投資元本を下回ることがあります。

信用リスク

株式や公社債等の発行体が経営不安、倒産等に陥った場合、投資資金が回収できなくなるリスクがあります。また、こうした状況が生じた場合、またそれが予想される場合には、当該株式等の価格は下落し、損失を被るリスクがあります。

流動性リスク

市場規模が小さく、取引量が少ない場合などには、機動的に売買できない可能性があります。

カントリーリスク

発行国の政治、経済および社会情勢の変化により、金融・証券市場が混乱し、金融商品等の価格が大きく変動する可能性があります。また、法制度や決済制度、政府規制、税制、送金規制等の変化により、運用の基本方針に沿った運用を行なうことが困難になる可能性があります。

為替リスク

当ファンドにおいては、外貨建資産の為替変動リスクを低減するため、外国為替予約取引等を用いて為替ヘッジを行ないますが、想定したほどヘッジ効果があがらない場合があり、基準価額に影響を及ぼすことがあります。また、為替ヘッジに伴うコストが発生し、基準価額に影響を及ぼす場合があります。

  • 基準価額の変動要因は上記に限定されているものではありません。当ファンドに関するその他の留意点やリスク管理体制につきましては投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください。

Yjamライト!

基準価額の主な変動要因について

当ファンドは、投資信託証券を通じて値動きのある有価証券等(外貨建資産に投資する場合には為替リスクもあります)に実質的に投資しますので、基準価額は変動します。したがって、投資元本は保証されているものではなく、基準価額の下落により損失を被り、投資元本を割込むことがあります。当ファンドの運用による損益は、全て投資者のみなさまに帰属します。なお、投資信託は預貯金と異なります。当ファンドの基準価額の主な変動要因は以下の通りです。

株価変動リスク

一般に、株式の価格は経済・政治情勢や発行企業の業績等の影響を受け変動しますので、当ファンドが実質的に組入れている株式の価格が変動し、損失を被るリスクがあります。

金利変動(公社債等の価格変動)リスク

公社債の価格は、一般に金利が低下した場合には上昇し、金利が上昇した場合には下落します(値動きの幅は、残存期間、発行体、公社債の種類等により異なります。)。当ファンドが実質的に組入れている公社債の価格が変動し、損失を被るリスクがあります。また、資産担保証券の価格は、元本の一部の期限前償還の影響等を受け変動することがあります。資産担保証券の担保となるローンは、一般に金利低下局面では低金利ローンへの借換えが増加することが考えられます。ローンの期限前返済の増加に伴い、資産担保証券の元本の一部の期限前償還も増加することが考えられます。

流動性リスク

市場規模が小さく、取引量が少ない場合などには、機動的に売買できない可能性があります。

信用リスク

株式や公社債等の発行体が経営不安、倒産等に陥った場合、投資資金が回収できなくなるリスクがあります。また、こうした状況が生じた場合、またそれが予想される場合には、当該株式等の価格は下落し、損失を被るリスクがあります。

カントリーリスク

発行国の政治、経済および社会情勢の変化により、金融・証券市場が混乱し、金融商品等の価格が大きく変動する可能性があります。また、法制度や決済制度、政府規制、税制、送金規制等の変化により、運用の基本方針に沿った運用を行なうことが困難になる可能性があります。

為替リスク

当ファンドにおいては、外貨建資産の為替変動リスクを低減するため、外国為替予約取引等を用いて為替ヘッジを行ないますが、想定したほどヘッジ効果があがらない場合があり、基準価額に影響を及ぼすことがあります。また、為替ヘッジに伴うコストが発生し、基準価額に影響を及ぼす場合があります。

  • 基準価額の変動要因は上記に限定されているものではありません。当ファンドに関するその他の留意点やリスク管理体制につきましては投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください。

その他のご留意点

当ファンドのお取引に関しては、金融商品取引法第37条の6の規定(いわゆるクーリング・オフ)の適用はありません。

手数料/費用等

Yjamプラス!Yjamライト!
約定金額に対する申込手数料(税込)2.16%0%
信託報酬(年率・税込)0.9936%信託報酬は変動しますので、Yjamライト!詳細ページをご確認ください。
信託財産留保額--
  • 信託報酬の他に、その他の費用・手数料(有価証券等の売買にかかる売買委託手数料等、監査費用等があり、保有期間や運用の状況等に応じて異なりますので、事前に料率・上限額等を表示することができません)がかかる場合があります。
  • お客さまにご負担いただく費用等の合計額につきましては、ファンドの保有期間などに応じて異なりますので、表示することができません。詳しくは、目論見書(目論見書補完書面を含みます)をご確認ください。

ご購入をご検討中の方はこちら

<リスクや手数料等のご注意>

当行取り扱いの金融商品には、金利・株価・為替等の変動を要因とした価格変動により、また中途解約により、元本割れとなる可能性がある商品(市場動向等によっては大きく元本割れする可能性がある商品)や、発行体の信用リスクがある商品、商品ごとに所定の手数料・費用等がかかる商品があります(手数料・費用等の種類ごとの金額もしくは上限額等およびこれらの合計額等は、お申込商品や申込金額、その運用状況、保有期間等に応じて異なるため表示することができません)。詳細は下部の注意事項詳細は下部の注意事項をご確認のうえ、お申し込みにあたっては店頭やインターネットに用意している注意喚起文書や契約締結前交付書面、目論見書等を必ずご確認いただき各商品のリスクや手数料・費用等につき十分ご理解のうえご自身の判断と責任でお申し込みください。

新生銀行をはじめてご利用される方は、口座開設のお手続きをお願いいたします。

商品の購入には投資信託一般口座も必要です。

投信口座の開設方法!

Yjamプラス!・Yjamライト!のお申し込みはこちら

Yjamプラス!のご相談・お申し込みはこちら

店舗でご相談いただきながら、最適なファンドをご案内! 運用相談の来店予約をする

「WEB予約と来店」でTポイント50ポイント!について詳しくは「Tポイントプログラム」ページで!

又は

新生パワーコール(お電話)

0120-456-0070120-456-007*6→8→1

投資信託の受付時間は平日8:00〜20:00(土日祝日は照会のみ、受付時間10:00〜18:00となります。)