セキュリティ

類推容易な暗証番号の設定はやめましょう!!

簡単に類推できる暗証番号は設定しないように心がけましょう。

キャッシュカードが盗難にあっても、暗証番号が分からなければ、預金の不正な引き出しはできません。キャッシュカードと一緒に運転免許証や健康保険証などが盗難にあうケースもありますので、生年月日や住所などに関連した情報は設定せずに、類推されにくい番号を設定してください。他人事だと考えずに万一に備えましょう。また、暗証番号はこまめに変更するようにしましょう。

ご注意ください!

以下は類推されやすい代表的な暗証番号の例です。
他人が類推できないような番号を設定してください。

  • ご自身やご家族の生年月日に関連した番号
  • 電話番号に関連した番号
  • 住所に関連した番号
  • 自動車などのナンバーに関連した番号
  • 4桁の同一番号(例:1111)、4桁の連続番号(例:1234)
  • その他簡単な番号(例:1212、6969、2000)

暗証番号はこまめに変更してください。
長期間同じ暗証番号を使用すると、不正な引き出し被害にあう危険も高まります。

被害にあわれた場合や不審に思われたときには、ご連絡ください。
新生パワーコール:0120−456−007
(音声ガイダンスメニューにて*・1とお進みください)
受付時間:24時間365日

不正利用の被害に遭われた方はこちら

すぐにお取引

口座をお持ちの方

ログイン

口座をお持ちでない方

口座開設

まずは相談する

お店で相談する

来店予約

お近くの店舗を探す

受付時間:平日9時〜17時

  • 受付時間は店舗により異なります

お電話での相談

0120-456-007

受付時間:24時間365日

音声ガイダンスのご案内