セキュリティ

キャッシュカードのスキミングにご注意ください!!

スキミングとは

キャッシュカードやクレジットカードの磁気記録情報を「スキミングカードリーダー(スキマー)」と呼ばれるスキミング装置を用いて不正に読み取って偽造カードを作成する犯罪です。作成した偽造カードで現金を引き出す場合、何らかの方法で暗証番号を取得しています。
カードは盗まれずにカードの磁気情報だけが読み取られるので、被害者はお金が引き出されたことに気づかないケースもあります。

具体的な手口としては主に以下の2つがあります。

ATMのカード挿入口にスキミング装置を取り付ける

カード挿入口に付けたスキミング装置により、磁気記録情報を取得し、かつ、ATM付近に小型カメラ等を設置することで、入力した暗証番号を盗撮する手口です。

暗証番号式のロッカーなどからキャッシュカードの磁気記録情報を盗む

背後から暗証番号を確認され、被害者の気づかないところでロッカーを開けキャッシュカードを取り出し、スキミング装置により情報を取得し、カードを偽造する手口です。
この手口の場合、ロッカーなどの暗証番号をキャッシュカードの暗証番号と一緒にしていると、現金を引き出されてしまう恐れが高まります。

ATMのカード挿入口に取り付けられたスキマー

ATMのカード挿入口に取り付けられたスキマー

ATMブース上部に取り付けられたカメラ

ATMブース上部に取り付けられたカメラ

ご注意ください!

・ATMのスキミングカードリーダー(スキマー)に注意する。

スキマーは非常に巧妙に作られているので、十分注意し、少しでも不審と思われた場合はATMの利用を止め、ATMに備え付けの電話でご連絡ください。

・スキミング犯罪が多発している海外では特に注意する。

海外でインターナショナルキャッシュサービスをご利用の場合は、帰国後、暗証番号の変更や利用限度額をゼロに設定することをおすすめします。

・カードは手元から離さない

キャッシュカードやクレジットカードを他人に渡すことはもちろん、カードの入ったかばんは、手放さないように常に携行しましょう。

・暗証番号の管理は万全の対策をする

ロッカー、貴重品ボックスなど、銀行の取引以外で暗証番号を設定する場合は、キャッシュカードの暗証番号を使わないようにしてください。また暗証番号がわかるようなメモや書類などをカードとともに保管・携行しないでください。なお暗証番号は、生年月日、自宅住所、電話番号など、本人以外が類推できるような番号は避けましょう。

・ATMの利用限度額を必要最低限に設定するようにしましょう。

当行では、ATMのご利用について、1日当たりのお引出し限度額を設定(0円〜200万円)いただくことができます。不正な現金の引き出しに備えて、必要最小限の限度額を設定することをおすすめします。

被害にあわれた場合や不審に思われたときには、ご連絡ください。
新生パワーコール:0120−456−007
(音声ガイダンスメニューにて*・1とお進みください)
受付時間:24時間365日

不正利用の被害に遭われた方はこちら

すぐにお取引

口座をお持ちの方

ログイン

口座をお持ちでない方

口座開設

まずは相談する

お店で相談する

来店予約

お近くの店舗を探す

受付時間:平日9時〜17時

  • 受付時間は店舗により異なります

お電話での相談

0120-456-007

受付時間:24時間365日

音声ガイダンスのご案内