電子決済等代行業者との連携及び協働に係る方針

2020年6月15日改訂

1. 基本方針

株式会社新生銀行(以下、「当行」)は、様々な電子決済等代行業者(パートナー)との積極的な連携・協働を通じて、顧客情報の保護を図りながら、当該企業が行う新たなサービスの提供に協力するとともに、進化する技術革新や多様化するお客さまのニーズに対応し、当行のお客さまの利便性・体験価値向上や当行及びグループ会社の機能を活用したファイナンス機能の拡充、革新的金融サービスの創造・提供を目指してまいります。

2. オープンAPIの体制整備

当行は、個人のお客さま向けの口座について、2019年9月に電子決済等代行業者との資金移動・口座情報照会に係るAPI連携を可能とする体制整備を完了しております。法人のお客さま向けの口座については、検討を進めておりますが、対応時期は現時点で未定です。体制整備が完了しましたら、速やかに当行ウェブサイトにてご案内いたします。また、体制整備が完了するまではスクレイピング等のAPI連携を用いない接続方式による電子決済等代行業者との連携を検討いたします。

3. オープンAPIに係るシステムに関する事項

当行が提供するAPI 連携に係るシステムは、その設計、運用及び保守を第三者に委託し、「オープンAPI のあり方に関する検討会」(事務局:一般社団法人全国銀行協会)による「オープンAPI のあり方に関する検討会報告書 −オープン・イノベーションの活性化に向けて−」 (2017年7月13日公表)記載のAPI仕様標準、セキュリティ原則に則り整備・運営してまいります。

4.連携・協働に係る連絡先

当行との連携及び協働についての連絡先は、次のとおりです。

【個人のお客さまの口座に関する連絡先】

グループ個人企画部(Retail-APIContact@shinseibank.com)

【法人のお客さまの口座に関する連絡先】

グループ法人企画部(Corporate-APIContact@shinseibank.com)

以上