働き方 リ・デザイン

最適化

ワークスタイルに“fit”する「ワークプレイス」を作る

勤務時間や場所を問わない働き方、様々なライフスタイルに対応できるような環境整備に取り組んでいます。

オフィス

リモートワークの推進に伴い、従前のような「働く=オフィスに出勤する」という概念はなくなり、オフィスのほか自宅やサテライトオフィスなど、状況に合わせて働く場所を選択できる環境を整えています。オフィスを「イノベーション創出するためのコミュニケーションの場」と再定義し、 “Activity Based Working” (ABW*)の考え方を取り入れ、より効率的に働けるオフィスづくりを進めています。*ABW:座席を固定せず、集中したい時には集中して作業ができる個人ブース、アイデア出しなどのチーム作業の時には新しい発想や意見交換ができるようなスペースを利用するなど、仕事の目的や状況に合わせて場所を選ぶ働き方。

コミュニケーション環境

ラップトップPCとスマートフォンの貸与により、テレビ会議システム、チャットツール、ファイル共有ツール、ナレッジ共有ツールなど、さまざまなICTツールの導入・活用で、「いつでも・どこでも」働ける環境をサポートしています。さらに、社内外を問わず、リアルでもバーチャルでも変わらない、スピーディでシームレスなコミュニケーションを図り、効率的で円滑な業務運営を行えるよう、環境整備を進めています。また、グループ共通の情報ポータルサイトにて、グループ全体や各社に関わる情報発信を行い、グループ一体で情報共有できるようにしています。

ペーパーレス

金融業界ではまだまだ「紙」に依存した業務が多数存在しますが、新生銀行グループでは徹底的なペーパーレス化にチャレンジしています。単なる紙の削減に留まらず、業務効率化の視点も入れてワークフローシステムの導入やさまざまなデジタルツールの導入・活用も含めた業務フロー・プロセスの合理化にも取り組んでいます。ペーパーレス化の実現により、リモートワークの対象領域の拡大や事務効率のさらなる向上を図るとともに、書類保管スペース等の削減によって生まれるオフィススペースの有効活用などにも取り組んでいます。

働き方改革への取り組み トップへ戻る