新生銀行

投資信託ページ全面リニューアルのお知らせ!国内銀行初!QUICKファンドスコアを採用!

いつも新生銀行をご利用いただきありがとうございます。

より便利にホームページをご利用いただくため、2018年11月28日(水)に、新生銀行ホームページにおいて、投資信託ページ(ファンドの検索・比較やファンドの詳細情報ページ等)を全面リニューアルいたしました。

今回のリニューアルにより、検索機能や比較機能が拡充し、お客さまのご希望にあった投資信託を探しやすくなりました。

また、投資信託の客観的な評価指標であるQUICKファンドスコアを採用いたしました。

是非、リニューアルされたページをご確認ください。

リニューアルの3つのポイント(画面はサンプルです)

1.国内銀行初!※QUICKファンドスコアを採用

長期投資にふさわしいかどうかを多角的に分析した「顧客本位」のファンド評価である「QUICKファンドスコア」を国内銀行として初めて採用しました。QUICKファンドスコアはQUICK資産運用研究所が算出することにより、客観的視点が担保されています。

  • 2018年11月1日時点。新生銀行調べ。

ニュースリリース 詳しくはこちら

国内銀行初!※QUICKファンドスコアを採用

QUICKファンドスコアについて詳しくはこちら

2.ファンド検索機能・比較機能の大幅拡充!

ファンドの検索機能においては、従来の簡易検索機能である「かんたん検索」機能に加え、投資対象、投資地域、累積リターン(期間別)、QUICKファンドスコア、キャンペーン対象、純資産総額、申込手数料、信託報酬、決算回数、直近分配金、運用会社など、より詳細な検索項目を追加しました。

ファンド検索機能・比較機能の大幅拡充!
ファンド検索機能・比較機能の大幅拡充!

ファンド同士の比較機能を追加しました。パソコンでは最大5本、スマートフォンでは2本の投資信託の比較が可能になり、ファンドがより選びやすくなりました。

ファンド同士の比較機能を追加

3.投信積立シュミレーション

投資信託の銘柄ごとに実際の過去の実績をベースにした積立シミュレーションが行えます。

  • 将来の運用成果を予想または保証するものではありません。
投信積立シュミレーション

今回のリニューアルに伴い、ページリニューアル前にご登録いただいている「マイファンド」につきましては削除されます。お手数をおかけしますが、あらためて「お気に入り登録」をお願いいたします。

2018年11月
新生銀行

 
閉じる

登録金融機関・加入協会