新生銀行

【重要】新生銀行FX(スマートフォン)アップデートに伴う重要なお知らせ

2019年7月1日に新バージョンの新生銀行FX(スマートフォン)2.0.0のリリースを予定しており、ご利用いただける新生銀行FX(スマートフォン)のバージョンが、以下の通り変更されます。

  2019年6月30日以前に
ご利用いただける
スマホアプリのバージョン
2019年7月1日以降に
ご利用いただける
スマホアプリのバージョン

iPhoneをご利用のお客さま

1.0.0〜1.4.0

1.4.0〜2.0.0

Androidをご利用のお客さま

1.0.0〜1.5.0

1.5.0〜2.0.0

本アップデートに伴い、過去バージョンiOS(1.0.0〜1.3.0)(Andoroid1.0.0〜1.4.0)はサービスを終了させていただきます。サービス終了後は、過去バージョンの新生銀行FX(スマートフォン)からのログインができなくなりますのでご注意ください。

また、以下一部サポートの終了する機種および動作推奨環境に変更がございますのでご注意ください。

2019年7月1日のアップデートでサポートが終了する機種

iPhone 4S、iPad 2、iPad 第3世代、iPad mini第1世代、iPod Touch 5

動作推奨環境の変更

iPhoneをご利用のお客さま

iOS10 以降でご利用いただけます。

Andoroidをご利用のお客さま

AndroidOS 5.0 以降でご利用いただけます。

本アップデートに伴い、AndroidOS4.4.4以前のOSではご利用いただけなくなりますのでご注意ください。

アプリアップデートに伴う設定情報の引き継ぎについて

新生銀行FX(スマートフォン)をVersion2.0.0にアップデートする際、現在お使いのバージョンによっては端末に保存されている情報(各種チャート設定情報等)が正しく引き継がれない場合がありますのであらかじめご了承ください。

  • 現在のバージョンの確認方法:
    新生銀行FX(スマートフォン)を起動し、メニュー内「各種情報」の「バージョン情報」からご確認いただけます。

ご注意事項

お客さまの設定・環境により、取引時間中にアップデートされる場合がございます。端末の自動アップデート機能がオンの場合は、以下の方法でオフにして頂くと、アップデートを回避することが可能です。

(iPhone/iPadの場合)設定 > iTunesとApp Store > “自動ダウンロード”の“アップデート”をオフ

サポートが終了した機種・OSで、旧バージョンアプリをご利用いただいている場合、アプリを一度削除すると再ダウンロードはできませんのでご注意ください。

2019年6月
新生銀行

 
閉じる

登録金融機関・加入協会