新生銀行

新生銀行FX(スマートフォン)リニューアルのお知らせ

2019年7月1日に、新バージョンの新生銀行FX(スマートフォン)2.0.0が公開されました!

自分好みのレイアウト設定が可能となる
「マイページ」機能

新しいチャートメニュー
「リストチャート」機能

【重要】新生銀行FX(スマートフォン)アプリアップデートに伴う
設定情報の引継ぎについて

新生銀行FX(スマートフォン)をバージョン2.0.0にアップデートする際、現在お使いのバージョンによっては端末に保存されている情報(各種チャート設定情報等)が正しく引き継がれない場合がありますのであらかじめご了承ください。

  • 現在のバージョンの確認方法 新生銀行FX(スマートフォン)を起動し、メニュー内「各種情報」の「バージョン情報」からご確認いただけます。
  • バージョン2.0.0については一部サポートが終了する機種もございます。詳しくはアップデートに伴う重要なお知らせをご覧ください。

新生銀行FX(スマートフォン)2.0.0で追加された機能

(1)為替レートの更新間隔に0.5秒が追加されました

これまで最短1秒だった為替レートの更新間隔がさらに短く、0.5秒間隔で更新できるようになります。これまでよりもよりスピーディに更新されます。

  • レート更新間隔の設定は、「メニュー>アプリ設定>レート更新間隔」より変更が可能です。
  • 更新間隔「0.5秒」は新生銀行FXに再ログイン後に利用可能です。

(2)新しい注文タブが追加されました

注文画面に注文タブが追加されました。これにより、ストリーミング注文やリーブオーダーも素早く発注できるようになりました。

(3)「マイページ」機能が追加されました

レートやチャート、ニュースだけではなく取引パネルまで。自分好みのレイアウトで新生銀行FXをもっと自由に。

最大5画面まで設定が可能です。

1つの通貨ペアに集中したい

ある通貨ペアに集中して、素早く発注したいお客さま向けレイアウト例

複数の通貨ペアを比べたい

チャートのみを配置して複数の通貨ペアの値動きを確認し、比較したいお客さま向けレイアウト例

スワップポイントやニュースを確認したい

スワップポイント、ニュースを中心に確認したいお客さま向けレイアウト例

「マイページ」のご利用方法

<新生銀行FX(スマートフォン)を初めて利用する場合>

画面下部のタブメニュー内「マイページ」からご利用いただけます。

<新生銀行FX(スマートフォン)をバージョンアップして利用する場合>

「メニュー>アプリ設定>タブメニュー並べ替え」より、タブメニューに「マイページ」を追加してご利用ください。

(4)テクニカル指標の「複数表示」「プレビュー表示」が可能に

テクニカル指標をトレンド系、オシレーター系をそれぞれ2つずつ、最大4つまで複数表示が可能となり、設定変更をチャートにリアルタイム反映するプレビュー表示が可能となりました。

<テクニカル指標設定方法>

ASスピード画面または一画面チャートの左上の歯車マークから表示設定が可能です。

<選択可能なテクニカル指標>

  • トレンド系
    単純移動平均線 指数移動平均線 ピークボトム ボリンジャーバンド 一目均衡表 パラボリック
  • オシレーター系
    MACD RSI ストキャスティクス スローストキャスティクス DMI RCI

テクニカル指標の
「複数表示」

リアルタイム反映の
「プレビュー表示」

(5)「リストチャート」が追加されました

これまでのチャートに加え、その日の4本値とチャートを並べて確認できる「リストチャート」を追加いたしました。

まずはインストールでFX体験!

新生銀行FX(スマートフォン)は新生銀行FXの口座をお持ちでないお客さまもご利用いただけます。

ただし、一部の機能はご利用いただくにあたり新生銀行FXの口座開設が必要となります。利用手数料は無料です。

アプリのダウンロードはこちらから

Androidをご利用のお客さま

Android版

iPhoneをご利用のお客さま

iPhone版

2019年7月
新生銀行

 
閉じる

登録金融機関・加入協会