新生銀行

NISA口座開設後かつ税務署承認前のNISA口座でのお取引について

● 税務署によるNISA口座開設承認には3週間程度かかります。税務署による承認後、インターネットバンキングでNISA口座によるお取引が可能になります。
税務署によるNISA口座開設承認前の場合、店頭でのみNISA口座による投資信託のお申し込みが可能です。

<NISA口座開設後、税務署による口座開設承認前のNISA口座でのお取引>

購入 解約 スイッチング 投信積立 投信積立 投信積立
(購入・解約) 契約新規申込 契約変更 契約終了
店頭 ×(受付不可)
コンタクトセンター × ○※ ×(受付不可) × × ○※
インターネットバンキング × ○※ ○※ × × ○※
  • 店頭でお申込みされた投資信託の解約やスイッチング、投積立契約の変更・終了が可能です。

税務署によるNISA口座開設承認の確認方法

▼メール通知による確認方法

@NISA口座開設をお申し込みいただき、税務署による承認後NISA口座によるお取引が可能になりましたら、ご登録いただいている通知Eメールアドレス宛に通知をお送りいたします。通知Eメールの登録・変更方法はこちら>

@NISA口座開設をお申し込みいただき、税務署による承認後NISA口座によるお取引が可能になりましたら、ご登録いただいている通知Eメールアドレス宛に通知をお送りいたします。通知Eメールの登録・変更方法はこちら>

▼インターネットバンキングによる確認方法

@新生銀行パワーダイレクトへログインいただき、投資信託のタブへ進んでください。その後、「お取引・照会」へ進んでいただき、「お客さまの投資目的、投資経験や財産の状況」を確認後、新生パワーダイレクト・投資信託のトップページまで進んでください。

A「お取引」のタブを押し、ファンド銘柄を選択後、投資信託購入の注文入力画面まで進んでください。
NISA口座開設の税務署によるNISA口座開設承認前の場合(NISA口座のお取引ができない状態のお客さまの画面)、お取引画面の口座種別で「NISA口座」を選択できません(「NISA口座」は表示されません)。

B税務署によるNISA口座開設承認済みの場合(NISA口座のお取引が可能な状態のお客さまの画面)、お取引画面の口座種別に「NISA口座」の選択肢が表示されます。

2021年4月
新生銀行

閉じる

登録金融機関・加入協会