実際の金融犯罪例と対処法

しっかり知って、しっかり守る 実際の金融犯罪例と対処法

金融犯罪例
  • 1.フィッシング犯罪
  • 2.スパイウェア犯罪
  • 3.キーロガー犯罪
  • 4.暗証番号ののぞき見
  • 5.ATMでのなりすまし詐欺
  • 6.スキミング犯罪
  • 7.振り込め詐欺
  • 8.架空請求詐欺
  • 9.融資保証詐欺

3.キーロガー犯罪とは?

キーロガーは、コンピューター使用者が打ち込んだ文章やコマンドを記憶するソフトウェアです。最近、他人のコンピューターにこのソフトをインストールして名前、口座番号、暗証記号、メールアドレス、などの個人情報を記憶し、犯罪に利用する手口が増えています。

被害にあわないためにはどうしたらよいの?

不特定多数が使うパソコンには注意する
インターネットカフェなど、不特定多数の人が利用できるパソコンからはインターネットバンクなど、個人情報を扱うサービスをご利用しないことを強くお勧めいたします。止むを得ずお客さまご自身が所有・管理する端末以外から操作した場合は、できるだけ速やかにパスワードを変更するようお願いいたします。

実際の被害ケース

「インターネットカフェのパソコンで」

帰宅途中、インターネットカフェに立ち寄ったAさん。来月の連休に観光を楽しもうと、旅行関連サイトをチェック。いいツアーが見つかったので、そのままインターネット予約を行いました。
数日後、Aさんは同じインターネットカフェに立ち寄り、インターネットバンキングで口座照会をしようとログインすると、残高がなんとゼロになっていたのです。もちろんAさんは、全額を引きだした記憶はありません。暗証番号も誰かに教えたことはありません。Aさんは不特定多数が使うパソコンに仕掛けられたキーロガーによって、個人情報を記憶され、利用されたのです。

この被害の特徴を確認しましょう

  • 不特定多数が使うパソコンを使い個人情報を入力した