実際の金融犯罪例と対処法

しっかり知って、しっかり守る 実際の金融犯罪例と対処法

金融犯罪例
  • 1.フィッシング犯罪
  • 2.スパイウェア犯罪
  • 3.キーロガー犯罪
  • 4.暗証番号ののぞき見
  • 5.ATMでのなりすまし詐欺
  • 6.スキミング犯罪
  • 7.振り込め詐欺
  • 8.架空請求詐欺
  • 9.融資保証詐欺

4.暗証番号ののぞき見とは?

銀行やコンビニでATMを操作している人を、背後からのぞき見し、暗証番号を盗む手口が増えています。また最近、特に注意したいのがATMに隠しカメラが設置されているケースです。ATMを利用する際は、くれぐれも気をつけるようにしましょう。

被害にあわないためにはどうしたらよいの?

ATMを利用するときは回りを注意する
ATMを利用するときは、近くに怪しい人物がいないかどうか、注意してください。また最近ではATMの近くに小型カメラが設置された事例もあります。万一発見された場合は、係りのものまでお知らせくださいますようお願いいたします。

ATMの近くに仕掛けられた小型カメラ

ATMに付いた鏡を使って後ろを確認する
ATMには、後ろを確認するための鏡が付いています。この鏡を使って、暗証番号を打ち込む際など、ATMの利用時には、後ろに怪しい人影がないかご確認ください。(ATMに鏡が付いていない場合も十分に注意してご確認ください。)
 
キャッシュカードの盗難を防止する
キャッシュカードを他人に渡すことはもちろん、カードの入ったかばんは、離さず持っておくようにしてください。車にかばんを残して離れた際に、車上荒らしにあったケースもあります。
暗証番号の管理には万全の対策をする
キャッシュカードの暗証番号を、他人に教えることやキャッシュカードに記載することは絶対にしないでください。また暗証番号がわかるようなメモや書類などをカードとともに携帯するなどしないでください。なお暗証番号は、生年月日、自宅住所、電話番号など、本人以外にも想定できるような番号にすることは絶対に避けましょう。

実際の被害ケース

「後ろに立った不審者を警戒せず」

Aさんは、出金のためにATMに出かけました。出金操作をしている間、ふと後ろに立つ人影に気づきましたが、特に不審に思うこともなく出金を完了。そしてATMのコーナーを出ようとすると、ちょうどひとりの男性が小銭を落としてしまったようです。「すみません、そちらの方に小銭が転がってきませんでしたか?」と声をかけられ、親切に手伝ったAさんでしたが、実はその隙を狙ってキャッシュカードが盗まれていました。数日後、預金通帳を確認したAさんはビックリ。身に覚えのない数十万円の出金があったのです。

この被害の特徴を確認しましょう

  • 加害者は狙いやすい利用者を待ち伏せしている
  • 出金時に暗証番号を見られる
  • ATMから出るところを狙われてカードを盗まれる