実際の金融犯罪例と対処法

しっかり知って、しっかり守る 実際の金融犯罪例と対処法

金融犯罪例
  • 1.フィッシング犯罪
  • 2.スパイウェア犯罪
  • 3.キーロガー犯罪
  • 4.暗証番号ののぞき見
  • 5.ATMでのなりすまし詐欺
  • 6.スキミング犯罪
  • 7.振り込め詐欺
  • 8.架空請求詐欺
  • 9.融資保証詐欺

ATMでのなりすまし詐欺とは?

行員や警備を装い、ATMで出金するお客さまをだますのがATMでのなりすまし詐欺です。相手は、特に高齢者を狙って「操作を手伝う」ふりをしながら、暗証番号を聞き出そうとします。信頼につけ込んだ手口に、お気をつけください。

被害にあわないためにはどうしたらよいの?

ATMを利用するときは回りを注意する
ATMを利用するときには、付近に怪しい人物がいないか、注意してください。
「なりすまし」を警戒する
警備員をはじめ銀行員、警察官、銀行協会職員などが、キャッシュカードの暗証番号をお尋ねすることはありません。暗証番号を、他人に教えることは絶対にしないでください。

実際の被害ケース

「警備員に暗証番号を尋ねられ・・・」

Aさんは近所のATMに出金に行きました。すると、警備員らしき制服を着た男が立っているのに気づきました。特に不審にも思わず、カードを差し込もうとすると「よかったらお手伝いいたしましょうか」とその男が声をかけてくれました。ATMの操作に不慣れなAさんは手伝ってもらいます。Aさんから預かったカードをATMに差し込む男が「暗証番号を教えていただけますか?」と聞かれ、思わず素直に答えてしまいました。そしてAさんは帰宅しますが、その男が後ろを付いて来ていることには気づきません。数日後、家を知られたAさん宅に空き巣が入り、カードも盗まれ、全額を引き出されてしまいました。

この被害の特徴を確認しましょう

  • ATMの前で操作方法が分からず戸惑っている人が狙われる
  • 警備員を装っている