住宅ローン

ローンの組み方による違い〜連帯保証と連帯債務〜

今回はローンの組み方による、住宅ローン控除や団体信用生命保険における違いについてご説明します。

ご夫婦での住宅ローンお借り入れのパターンは4つあります(b.c.d.は夫婦共働きの場合)。

  • ※ここでは、夫を主債務者としたお借り入れの場合を考えます。
  • 「夫の単独名義」:ローン契約者は夫で、夫の収入のみで借りる。夫が返済する。
  • 「妻が連帯保証人(収入合算)」:ローン契約者は夫で、夫の収入と妻の収入の合計で借りる。夫が返済する。→妻は夫が返済できなくなった時に、返済の義務を負う
  • 「妻が連帯債務者(収入合算)」:ローン契約者は夫と妻で、夫と妻の合計収入で借りる。夫が2人分まとめて返済する(注1)。→妻は夫の返済能力に関わらず、返済の義務を負う
  • 「ペアローン」:ローン名義は夫・妻それぞれの名義で借入をする。夫、妻それぞれ返済をする。

ローンの組み方によって、住宅ローン控除や団体信用生命保険の対象者が異なりますので(表1)、新たに住宅を購入される方だけでなく、これから借り換えをしようという方も注意が必要です

(表1)
ローン契約上の
夫・妻の位置づけ
住宅ローン控除対象
対象:○/対象外:×
団体信用生命保険の
保障対象
対象:○/対象外:×
債務
負担者
a. 夫の単独債務 借入人 - × ×
b. 妻が連帯保証人
   (収入合算)
借入人 連帯保証人 × ×
c. 妻が連帯債務者
   (収入合算)
借入人
(主債務者)
連帯債務者 夫、妻 ×
(注2)
d. ペアローン 借入人 借入人 夫、妻

住宅ローン控除は「債務負担者」であるかどうかで決定されます。夫のみが対象でよいならa. 「夫の単独債務」・b. 「妻が連帯保証人」の形で、夫妻どちらも対象にしたいのならc. 「妻が連帯債務者」・d. 「ペアローン」の形で契約をしないと妻は控除が受けられません。

特に借り換えの場合、借り換え前はc. 「妻が連帯債務者」の形でローンを組んでいて、夫婦共に住宅ローン控除を受けられたのですが、b. 「妻が連帯保証人」の形で借り換えると、妻がローン控除を受けられなくなるということがあります。住宅ローン控除を夫婦ともに受けようとする場合は、c. 「妻が連帯債務者」またはd. 「ペアローン」の形で契約する必要があります。

また、団体信用生命保険では、住宅ローン控除とは異なり、c. 「妻が連帯債務者」でも夫(主債務者)のみが保障対象で、妻(連帯債務者)は対象外といった契約が一般的です。(注2

見落としやすい部分ですが、どちらも大事ですね。

  • 注1新生銀行のパワースマート住宅ローンの場合にはc. 「妻が連帯債務者」のローン契約はできません。ご夫婦をともに債務者として設定するには、d. 「ペアローン」の形で夫、妻それぞれの名義でローンを契約して、返済もそれぞれご本人口座から返済いただきます。
  • 注2住宅金融支援機構の【フラット35】などでは、所定の特約料を支払うことで夫婦とも保障対象にできる場合もあります。

保証料0円はこんなにおトク!