住宅ローン

変動金利と固定金利、どちらを選べばいいの?

住宅ローンを検討する際に、最初に気になるのは「金利」です。
金利は「固定金利」「変動金利」など金利タイプごとに水準が異なりますので、まずはどの金利タイプで借り入れるかを決める必要があります。
ここでは、金利タイプ選択の参考となる3つのポイントについてご説明いたします。

金利タイプの主な特徴

住宅ローンは長く付き合うものですから、ご自身のライフプランに適した金利タイプを選択することが大切です。
まずは、住宅ローンの主な金利タイプの特性をおさらいしましょう。

金利タイプの主な特徴
金利トレンドとの関係

新生銀行の住宅ローン(変動金利タイプおよび当初固定金利タイプ)についてのご留意事項:

  • ※毎月返済額およびボーナス返済額は、適用利率が変更される度に変更します(いわゆる、「5年ルール」は、当行の住宅ローンでは採用しておりません。「5年ルール」とは、返済額を5年間一定とし、その一定の金額の範囲内で、元本、利息の定期的な見直しを行うルールです)。
  • ※返済額の変更幅に上限または下限はありません(いわゆる、「125%ルール」は、当行の住宅ローンでは採用しておりません。「125%ルール」とは、「5年ルール」により5年後に返済額を見直す際に、前回返済額の125%を上限とするルールです)。したがって、適用利率が急激に上昇した局面においては、返済額が大幅に増える可能性がありますのでご注意ください。

固定金利と変動金利、どちらが自分に合った借り方?

固定金利・変動金利のどちらがお客さまに適しているかは、お客さまのライフプランによって異なります。
金利タイプにより大きく異なるのは「金利固定期間の長さ」です。金利タイプを選ぶために、ご自分のライフプランにおいて「金利固定期間」が必要か、必要ならばどの程度必要かを考えてみてはいかがでしょうか。

「金利固定期間」は、「返済額を確定させたい期間」、つまり「返済額の変動により家計に負担を与えたくない時期」と捉えることができます。
具体的には、将来に家計の収支が厳しくなるライフイベントが予想される場合は、金利変動による返済額の増減を防ぐためにも、少なくともその時期が終わるまでは、金利を固定して返済額を確定させるほうが資金計画を立てやすく、得策といえます。
たとえば、近い将来に妻が退職し、出産する可能性がある場合には、収入減に加えて支出増となりますので、ある程度の期間(妻が再就職するまでの期間等)は金利を固定させたほうが家計にとって安心でしょう。
このように、「金利固定期間」の要不要を検討することが、ライフプランに適した金利タイプを選択するための重要なヒントになります。

また、そもそも返済額の変動に抵抗のある方には、固定金利タイプをおすすめします。一方で、返済額の変動に抵抗が無く、収入・貯蓄に余裕がある方は、ある程度の金利上昇にも適用できると考えられるため、変動金利タイプも選択肢として検討されることをおすすめします。

繰上返済のご活用で、もっと上手にご返済いただけます。

新生銀行では、繰上返済が1円から、何度でも手数料無料となっておりますので、ライフプランに合わせて自由に返済を進めていただけます。毎月の返済額を確定させることによって金利変動による家計への影響をなくした上で、想定以上の収入があった際にはこまめに繰上返済する、といった返済プランを立てることができます。

繰上返済前のお借入元本と利息の推移イメージ
繰上返済後、返済期間が短縮されます。

今人気の変動金利。みんなが選んでいる理由は?

以前は、住宅ローンのお借り入れで多い金利タイプは「長期固定金利タイプ」や「当初固定金利タイプ(10年)」など、長期間の金利固定期間を設定するものでしたが、最近は「変動金利タイプ(半年型)」が注目されています。

変動金利を選択される理由としては、

  • 過去の金利と比べて、現在の金利水準は低いと思っている
  • 今後、しばらくは急激な金利上昇はないと予想している
  • 借入の早い段階からどんどん繰上返済して早期完済を目指している

といった要素を挙げる方が多いようです。

ただし、変動金利は、定期的な利率の見直しにより、適用利率が上昇することもあれば、低下することもあります。適用利率が上昇すると、総返済額が増加し、毎月返済額およびボーナス返済額も増加しますので注意が必要です。 住宅ローンをストレスなく返済していくために、各金利タイプの特徴を理解した上で、今後の人生のさまざまな変化(ライフプラン)に合わせた金利タイプを選択しましょう。