土地購入だけの場合、住宅ローンは使える?利用条件を確認

住宅購入で住宅ローンを使うパターンといえば、「土地+建物部分」、もしくは「建売」「マンション」を購入する場合というのが一般的です。では、土地だけ購入したい場合には住宅ローンは使えるのでしょうか。住宅等の購入で住宅ローンが使える条件について、改めて考えてみましょう。

住宅ローンの利用条件とは?

一般的に金融機関では、住宅ローンの利用条件を主に以下のように定めています。

  • 戸建・マンション(中古物件を含む)の購入資金
  • 戸建住宅の新築資金
  • 他の金融機関で現在借入中の住宅ローンの借り換え資金
  • リフォーム資金

土地のみの購入、住宅ローンは使える?

ご紹介した住宅ローンの利用条件の中に、土地の購入資金は入っていません。住宅ローンは、あくまで住居建築や購入のためのローンです。そのため、住宅を建築もしくは購入する目的以外の土地の購入は、住宅ローンを使えないと考えておきましょう。ただし、金融機関によって取扱条件は異なるため、申し込みを行う金融機関へ詳細を確認しておくと安心です。

土地を購入する場合に住宅ローンを使う方法は本当にないのかについても確認しておきましょう。

土地購入資金を借り入れたいのなら、金融機関に相談してみよう!

住宅の建築や購入が伴わない土地の購入の場合、住宅ローンは利用できません。しかし、今後住宅を建てるつもりで購入する土地の場合はどうでしょうか。こちらは、金融機関によって取り扱いの違いがあります。たとえば、「つなぎローン」という商品を利用することも方法の一つです。住宅を建築することを前提にローン契約を行います。

一例として 新生銀行の場合のつなぎローンを確認してみましょう。

申し込みできる人 戸建住宅の新築資金を新生銀行の住宅ローンに申し込んでおり、審査承認されている人
借入金額 500万円以上8,000万円以下
資金使途 戸建住宅建築にかかる土地購入代金に限られる(建築着工金などには利用不可)
利息の返済方法 毎月決まった日に返済用預金口座より引き落とし
元本の返済方法 融資実行日から11ヵ月後に返済用預金口座より元本分を全額引き落とし。ただし、購入対象の土地を抵当物件とする借り入れを、返済日前にする場合は借り入れ実行日に全額を繰上返済しないといけない
保証料・手数料 無料
団体信用生命保険 加入必須

資金使途が土地購入でもつなぎローンの利用はできますが、申し込めるのは同じ金融機関の住宅ローンに申し込み済み、かつ審査で承認されている人のみです。また、返済も融資実行日から11ヵ月後となっています。基本的に1年以上、何も建てずに土地をそのままにしておくという購入の仕方はできませんので気を付けましょう。

土地のみ購入でローンを使った時の注意点

住宅を建築するつもりで土地の購入にローンを使った場合、住宅ローン控除は利用できるのか気になる方もいるのではないでしょうか。結論としては土地のみの購入時は控除の対象になりません。住宅ローン控除は、住宅ローンのみに適用となるため、つなぎローンには適用されないのです。住宅ローン控除を受けたい場合は、住宅ローン契約後に申請するようにしましょう。

関連リンク:新生銀行 つなぎ融資

田尻様
【執筆者】
田尻宏子(たじりひろこ)
・2級FP技能士
・証券外務員第一種

株式、債券、金利、為替、REIT等、マーケットの変動がその価格等に影響を及ぼす金融商品を購入する際は、必ず個別金融商品の商品説明書等をご覧・ご確認いただき、マーケットの動向以外に、各金融商品にかかる元本割れなどの固有のリスクや各種手数料についても十分ご確認いただいた上でご判断ください。

本稿は、執筆者が制作したもので、新生銀行が特定の金融商品の売買を勧誘・推奨するものではありません。

  • ・本資料は情報提供を目的としたものであり、新生銀行の投資方針や相場観等を示唆するものではありません。
  • ・金融商品取引を検討される場合には、別途当該金融商品の資料を良くお読みいただき、充分にご理解されたうえで、お客さまご自身の責任と判断でなさるようお願いいたします。
  • ・上記資料は執筆者が各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性を新生銀行が保証するものではありません。
  • ・また本稿の内容は2020年2月3日時点の情報に基づきます。

当行では具体的な税額の計算、および、税務申告書類作成にかかる相談業務はおこなっておりません。個別の取り扱いについては、税理士等の専門家、または所轄の税務署にご確認ください。

  • 店舗一覧
  • 来店のご予約はこちら
  • 店舗一覧
  • 来店のご予約はこちら