BACK NUMBER

修繕積立基金とは?住宅ローンに含めることは可能なの?

新築マンションを購入する場合、住宅の費用以外に修繕積立基金の支払いを求められる場合があります。この支払いは、戸建て購入時にはありません。それでは、修繕積立基金とはどのようなことに使う資金で、この資金は住宅ローンで借り入れることはできるのでしょうか。今回は、修繕積立基金について詳しく解説していきます。

修繕積立基金とは何に使うお金?

修繕積立基金とは、新築マンション購入時のみに請求される費用です。戸建て住宅や中古マンションの購入時には請求されません。物件の引き渡し時に支払うことが一般的です。集められた修繕積立基金は、通常10年~15年ごとに行われるマンション全体の大規模修繕に利用されます。

マンションでは、毎月管理費や修繕積立金を集めることも多いのですが、それだけでは大規模修繕には足りません。そのため、まとまった金額を新築時に集めておいて蓄えておくのです。

修繕積立基金の金額は低いほどいいの?

修繕積立基金は、数十万円になることもあります。マンション購入費用に加えて、この金額を支払うのが負担だと感じる人もいるでしょう。しかし、このお金を支払わないと、のちほどさらに大変なことになるかもしれないのです。大規模修繕では、外壁タイルの補修、給排水管の修繕・取り換え、外壁防水工事、エレベーターの修繕などが行われます。

多くの修繕が重なったら、それだけ多くの金額がかかることも考えられるでしょう。その際、修繕積立基金があれば、そちらから工事費用を支払うことができます(不足分は毎月の修繕積立金から支払うこともあります)。反対に、修繕積立基金がまったく蓄えられていなかった場合はどうなるでしょうか。

毎月支払う修繕積立金だけでは足りず、不足分は各世帯に一括請求される可能性も生じます。いきなり大きな金額を請求されるのはかなりの負担になるかもしれません。事前に大きな負担を防ぐため、修繕積立基金をマンション引き渡し時に集めているのです。

修繕積立基金は、マンション購入費用のどこに含まれる?

新築マンション購入の見積もりを取った場合、修繕積立基金はどの部分を見れば分かるのでしょうか。多くは、「諸費用」、もしくは「諸経費」の項目に含まれています。マンション購入契約をする際は、どの程度の金額を支払わないといけないのかを確認しておきましょう。

修繕積立基金は住宅ローンで借り入れることは可能?

購入するマンションによって異なりますが、修繕積立基金は数十万円する場合もあります。住宅ローンを借り入れる際に、「修繕積立基金もあわせて借りることができるのか」も気になるかもしれません。こちらは、マンション購入費用と一緒に借り入れることが可能な住宅ローンが多い傾向です。念のために、パンフレットや金融機関のサイトでも確認しておくと安心でしょう。

田尻様
【執筆者】
田尻宏子(たじりひろこ)
・2級FP技能士
・証券外務員第一種

株式、債券、金利、為替、REIT等、マーケットの変動がその価格等に影響を及ぼす金融商品を購入する際は、必ず個別金融商品の商品説明書等をご覧・ご確認いただき、マーケットの動向以外に、各金融商品にかかる元本割れなどの固有のリスクや各種手数料についても十分ご確認いただいた上でご判断ください。

本稿は、執筆者が制作したもので、新生銀行が特定の金融商品の売買を勧誘・推奨するものではありません。

  • ・本資料は情報提供を目的としたものであり、新生銀行の投資方針や相場観等を示唆するものではありません。
  • ・金融商品取引を検討される場合には、別途当該金融商品の資料を良くお読みいただき、充分にご理解されたうえで、お客さまご自身の責任と判断でなさるようお願いいたします。
  • ・上記資料は執筆者が各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性を新生銀行が保証するものではありません。
  • ・また本稿の内容は2020年2月3日時点の情報に基づきます。

当行では具体的な税額の計算、および、税務申告書類作成にかかる相談業務はおこなっておりません。個別の取り扱いについては、税理士等の専門家、または所轄の税務署にご確認ください。

  • 店舗一覧
  • 来店のご予約はこちら
  • 店舗一覧
  • 来店のご予約はこちら